夢を棄てた大人たちへ。映画『AMY SAID エイミー・セッド』5種類のキービジュアル&予告編が先行解禁

夢を棄てた大人たちへ。映画『AMY SAID エイミー・セッド』5種類のキービジュアル&予告編が先行解禁

俳優のマネージメント会社ディケイドが設立25周年を記念して自らが企画・製作した映画『AMY SAID エイミー・セッド』が、9月30日(土)よりテアトル新宿、10月28日(土)より渋谷・ユーロスペースにて公開されることが決定。7月8日(土)の劇場でのチラシ配布に先立ち、予告映像と5種類のキービジュアルがwebで先行解禁された。

本作は、かつて映画に情熱を注いでいた頃の純粋な気持ちを忘れかけ、日々それぞれの人生に追われ疲れた40代の男女8名が、20年前の「ある日」を邂逅する一夜を描いた大人の青春群像劇。主演の三浦誠己をはじめ、渋川清彦、村上虹郎、渡辺真起子、中村優子、山本浩司、大西信満、村上淳ら実力派俳優が集結している。

予告映像は、「みんな映画が好きだった」というキャッチコピーで始まる。20年ぶりの同窓会で、避けてきた記憶をそれぞれが打ち明ける一夜の出来事を、大橋トリオが歌うテーマ曲「AMY SAID」の甘い旋律でより感傷的に演出されている。

また、三浦誠己、村上虹郎、大橋トリオ、渡辺真起子、村上淳がメインの5つの異なるキービジュアルを同時解禁。キャッチコピーの「みんな○○が好きだった」シリーズとして、それぞれの役柄が好きだったものへのメッセージが込められており、5種類のビジュアルを楽しむことができる。 (※5種類のチラシが配布されるのは都内劇場のみ。)

 

今回の予告編&ビジュアル解禁に併せて、村上虹郎からコメントが届いている。

【村上虹郎コメント】
夢を棄てた大人たちなんてダサいに決まってる。
やっぱりダサいなあなんて思いながら眺めていると、エゴの塊たちが犇きながらも浮かび上がるものがたしかにそこにある。
心の奥底に隠していたなにか。それを劇場で見届けてほしいです。そして三浦誠己先輩の主演作をもっと観たいです。

【STORY】
映画研究会のファムファタル的存在だったエミ(柿木アミナ)が突然彼等の人生からいなくなって20年。その命日に久しぶりに集まったのは、パン屋を営む朝田(三浦誠己)、無農薬野菜をつくる飯田と直子(渋川清彦、中村優子)、売れない俳優岡本(山本浩司)、キャリアウーマンの美帆(石橋けい)、介護士の五島(松浦祐也)、IT会社を経営する木塚(テイ龍進)。「わたし本当は知ってるの、エミが死んだ理由。ずっとみんなに言いたかった」突然の直子の言葉に、それぞれの中で止まっていた時間が動き出すー。


『AMY SAID エイミー・セッド』
9月30日(土)より、テアトル新宿ほか全国公開
監督/脚本:村本大志 脚本:狗飼恭子 企画・製作:佐伯真吾
プロデュサー:関友彦、田中和磨 制作:株式会社コギトワークス
出演:三浦誠己、渋川清彦、中村優子、山本浩司、松浦祐也、テイ龍進、石橋けい、大西信満、村上虹郎、大橋トリオ、渡辺真起子、村上淳
音楽:jan and naomi
テーマ曲:「AMY SAID」(大橋トリオ)
配給:ディケイド
宣伝:フリーストーン
©2017「AMY SAID」製作委員会

オフィシャルサイト http://amy-said.com