セクゾ・佐藤勝利23歳の誕生日!初単独主演映画『ブラック校則』で俳優としての顔を確立

セクゾ・佐藤勝利23歳の誕生日!初単独主演映画『ブラック校則』で俳優としての顔を確立

本日10月30日(水)に23歳の誕生日を迎えた、Sexy Zoneの佐藤勝利が初単独主演を務める映画『ブラック校則』が11月1日(金)より全国公開。この度、佐藤の誕生日を祝して新たな場面写真が公開された。

本作は、同じような髪形、同じ制服、同じカバン、同じ靴など個性の欠片もない学生たちの中でも、一際空気のような存在である高校2年生の小野田創楽(佐藤)と、同じクラスの親友で、教室の空気を読まず、いつも予測不能な行動で周囲を驚かせる月岡中弥(髙橋海人/King & Prince)が、生徒たちを必要以上に縛り付ける“ブラック校則”に立ち向かう姿を描く恋と友情の青春の物語だ。

映画だけでなく、ドラマ、Huluも放送・配信されている本作は、約2ヶ月間で、3メディア(映画・ドラマ・Hulu)すべての撮影を敢行。実際の撮影での様子について、プロデューサー・河野英裕は「(佐藤が演じる)創楽は内向的で⾃分に⾃信がなくて、枠からはみ出すことができないキャラクター。クライマックスのシーンまでキャラクターに忠実に『じっと我慢する芝居』をしてね、と伝えていた。反対に(髙橋が演じる)中弥は、⾃由なキャラクターなので、⾃由にやってと伝えていたこともあったため、彼(髙橋)がアドリブをやってきても(佐藤は)じっと我慢する芝居をしなければならなかった。佐藤に『⼤変でしょ︖』と聞くと、やっぱり『⼤変です……』と返ってくるぐらい⼤変だったと思う」とコメント。佐藤⾃⾝が持つ実直・真⾯⽬さと、本作の主⼈公・創楽のキャラクターがぴったりであり、“座⻑”として後輩である髙橋ら共演者を引っ張りながら奮闘し、絶賛の声を得た演技はまさに、“俳優・佐藤勝利”としての顔を確⽴させたといえる。

先⽇⾏われた完成披露試写会で佐藤は、「(初単独主演の作品が)『ブラック校則』でよかったなと思う」と語り、“ブラック校則”に⽴ち向かう創楽と中弥、⼆⼈の⽣徒を中⼼に映し出されるストーリーながらも「学校のことだけじゃなく、社会の理不尽なことも描かれているので、⾼校⽣だけじゃなく⼤⼈も楽しめる作品になっている。余⽩がある映画だと思うので、じっくりと感じ取って⾊々な想像をしながら観てほしい」と、作品への強い想いを語った。Sexy Zoneとして、そして役者として、常に進歩を続ける佐藤。23歳になった彼の新たな表情やこれからの活躍にも⽬が離せない。

【STORY】
さえない⻘春を⽣きていた⾼校⽣・創楽(佐藤勝利)と親友の中弥(髙橋海⼈)。彼らが通う⾼校には理不尽に⽣徒を縛り付ける校則=“ブラック校則”がはびこっていた。ある朝、登校してきた1⼈の⼥⼦⽣徒に創楽は⼼を奪われる。彼⼥の名前は希央(モトーラ世理奈)。⽣まれ持った美しい栗⾊の髪を⿊く染めるよう強要された希央は、反発して不登校となり、退学⼨前に。そして創楽と中弥は決意する。「ブラック校則をぶっ壊す︕」。 1⼈では何もできなかった2⼈が、恋するあの⼦のため、そして500⼈の⽣徒の⻘春を取り戻すために、ブラック校則と⼤⼈たちに⽴ち向かう︕恋と友情の⾏⽅は︖果たしてブラック校則は︖

作品情報

映画『ブラック校則』
11月1日(金)全国公開

出演:佐藤勝利(Sexy Zone)髙橋海人(King & Prince) モトーラ世理奈 田中 樹(SixTONES/ジャニーズJr.) 箭内夢菜 堀田真由 葵 揚 水沢林太郎 成海璃子 片山友希 吉田靖直 戸塚純貴 星田英利 坂井真紀/光石 研 でんでん/薬師丸ひろ子
脚本:此元和津也
監督:菅原伸太郎
音楽:井筒昭雄
主題歌:Sexy Zone「麒麟の子」(ポニーキャニオン)
企画製作:日本テレビ/ジェイ・ストーム
配給:松竹
©2019日本テレビ/ジェイ・ストーム

オフィシャルサイト
http://bla-kou.jp