“日本代表ロス“の熊本県警が交通安全標語でまさかの男気!「まじ有能」「座布団10枚!」【ラグビーW杯】

“日本代表ロス“の熊本県警が交通安全標語でまさかの男気!「まじ有能」「座布団10枚!」【ラグビーW杯】

日本中を熱狂の渦に巻き込んだ、ジェイミージャパンことラグビー日本代表。史上初のベスト8進出を果たしたチームが大会を去ったことで、巷には“日本代表ロス”に苦しむファンが続出している。

そんな中、ユニークかつ斬新な投稿で知られる熊本県警の公式ツイッターが、センセーショナルな記事を投稿した。まず綴ったのは、

「(ラグビーの日本戦が終わりジャパンロスになっている、にわかラグビーファンの本官です。相手をリスペクトするラグビーの精神で車も歩行者もお互いに思いやりを。みんなの優しさで交通事故を防止??今回は職場のワンチームで考えたのだ!)(本官)」

との文章。そして、公道上の電光掲示板に実際に掲出されたふたつの交通安全標語を紹介した。以下の通りだ。

「思いやりの
スクラムで
事故防止!」

「やさしさの
パスを繋ぐ
ワンチーム」

フットワークが軽いというか、時流ネタに敏感というか……。もはや見事としか言いようがない。さっそくフォロワーからは鋭いツッコミを含め、さまざまな反響が寄せられている。

「熊本県警まじ有能」
「スクラムは事故や」
「煽り運転車にはすぐジャッカルを!」
「あまりの上手さに、失礼ながら本職を疑うくらいです!座布団10枚!」
「ワンチームがいいですね!!思わずニッコリしました!!」
「スクラムで車を止めるってことか?」
「今回のまじで好きです!」

といった調子だ。ちなみに熊本では、プール戦のフランス対トンガ戦とウェールズ対ウルグアイ戦の2試合が開催された。

ラグビーワールドカップの大会公式ツイッターがリツイートしたため、一気に全国に拡散中。ユーモアセンス抜群の熊本県警ツイッターに、今後も注目だ。

文 / サッカーダイジェスト編集部
写真 / THE DIGEST写真部

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by THE DIGEST