米倉涼子主演ドラマ『ドクターX』第3話あらすじ&場面写真が到着! 羽鳥慎一&玉川 徹も出演決定

米倉涼子主演ドラマ『ドクターX』第3話あらすじ&場面写真が到着! 羽鳥慎一&玉川 徹も出演決定

10⽉31⽇(木)21時より放送される、米倉涼子主演のドラマ『ドクターX〜外科医・⼤⾨未知⼦〜』第3話に、『羽鳥慎一モーニングショー』のメインキャスターを務める羽鳥慎一と、レギュラーコメンテーターの玉川 徹が出演。併せて、第3話のあらすじと場面写真が到着した。

ドラマ初回放送を前に、『モーニングショー』に生出演した主演の米倉。その際、米倉は「(『ドクターX』に)出てくださいよ!」「(羽鳥が出てくれたら)視聴率も上がるんじゃないですか?」と直接出演オファー。具体的な出演シーンなども提案されると、羽鳥だけでなく、コメンテーターの玉川も「出ようか!」と出演に前向きな様子を見せていたが、今回は、そんなやりとりが実現される形となる。

撮影前に監督・スタッフと入念な打ち合わせを重ねた羽鳥と玉川。本番が始まると、羽鳥は役者顔負けの自然な芝居を見せ、現場スタッフたちを驚かせたが、実はものすごく緊張していたらしく、「ズボンのポケットにこっそりカンペを用意していました…」と恥ずかしそうに打ち明けた。

二人が演じるのは、米倉演じる大門未知子と岸部一徳演じる神原 晶が訪れたもんじゃ焼き店で隣に座った“客・H”(羽鳥)と“客・T”(玉川)。劇中ではなぜか羽鳥と玉川がおそろいのセーターを着て登場する。ノリノリでペアルックをした二人はその衣裳をとても気に入ったようで、「このセーターってもらえるんですか?」「ドラマ放送当日の朝にこれを着て『モーニングショー』に出ようかな!?」と、嬉しそうにはしゃいでいたという。

果たして二人はいったいどのシーンで登場するのか? そして米倉&岸部とどんなやりとりを繰り広げるのか――期待が高まる。

【第3話あらすじ】
失言を繰り返す現職の厚生労働大臣・梅沢三郎(角野卓造)が「東帝大学病院」に「マスコミが騒がしいので入院させてほしい」とやってくる。
しかし病院長代理のニコラス丹下(市村正親)はそれを拒絶。梅沢の秘書・竹田邦子(西原亜希)は、東京地検に逮捕され拘置所にいる蛭間重勝(西田敏行)のもとを訪れ、不起訴に持ち込む代わりに、梅沢を病院で匿えるよう取り計らってほしいと打診する。
見事不起訴になり、「東帝大学病院」の病院長に復帰した蛭間は、さっそく梅沢を特患として入院させることに成功。どこも悪くないはずの梅沢だったが、たまたま彼の口腔内を見た大門未知子(米倉涼子)は、舌縁部に腫瘍を発見する。
舌がんステージⅡと診断された梅沢。未知子は手術を含め、48時間での治療を提案する。しかし、丹下は梅沢を少しでも長く入院させるため、次世代がんゲノム・腫瘍内科部長の浜地真理(清水ミチコ)が提案する化学療法を選択。反抗した未知子は担当から外されてしまう!
「一度手術を頼んだのに、悪かった」と、神原名医紹介所にお詫びにやってきた梅沢だったが、未知子はそのとき、梅沢のある奇妙な点に気づく。ずっと疑念を抱き続けていた未知子は、ある出来事をきっかけに、その疑念を確信に変え…!?
 一方、梅沢の入院を長引かせようとするニコラス丹下には、ある思惑があった…!

番組情報

テレビ朝⽇開局60周年記念『ドクターX〜外科医・⼤⾨未知⼦〜』
毎週⽊曜午後9 :00〜午後9:54放送

オフィシャルサイト
https://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x_03/index.html