『日村がゆく』の人気企画「高校生フォークソングGP」にあらたな逸材が登場!

『日村がゆく』の人気企画「高校生フォークソングGP」にあらたな逸材が登場!

AbemaTV「AbemaSPECIALチャンネル」にて、『日村がゆく』#114が10月2日21時から放送された

10月2日の放送回では、番組の人気企画「高校生フォークソングGP 3rdシーズン」の模様を放送。ゲストには同企画のおなじみとなったスカートの澤部 渡、YOUR SONG IS GOODのサイトウ “JxJx” ジュンに加え、お笑いコンビ・スピードワゴンの小沢一敬が登場し、高校生が披露するフォークソングを日村とともに審査した。

今回の「高校生フォークソングGP」では、“不満”をテーマに、4人の高校生たちがオリジナルソングを披露。

さっそく、トップバッターで登場したはらちは、元バンドメンバーのドラムに対する“うっぷん”を込めたオリジナル曲「ただ二つで」を披露し、圧倒的な声量で審査員を驚かせる。はらちの熱唱ぶりに日村は「超ムカついてんだね、そいつに(笑)」と爆笑しながらも、「声出てたね! 何よりそれが印象的だった」とコメント。澤部は「コード進行がほとんど一緒で、それが情熱的に感じる」と感想を語り、サイトウは「サビきましたよね、これ。Aメロ、Bメロときてサビでガツーンときたなと。バッチリだと思います」と評価した。そして、日村に「小沢どうだった?」と問われた小沢は「訴えてるか訴えてないかで見てたのね……訴えかけてたね」と“小沢節”で評価し、笑いを誘った。

続いて、3番手に登場した中山姫李は「美人を甘やかす世界がちょっと……許せない」と不満を口にし、女優が歌手デビューすることを例に上げ、「上手な人は、すごいって思えるんですけど、中途半端にやってて、下手くそな人いるじゃないですか。そういうのがすごく許せなくて」と続け、その不満を込めたオリジナル曲「朝ドラ女優さんごめんなさい」を披露。「どっかの朝ドラ女優が誰かのコネを使って〜」と始まる曲冒頭の歌詞に、日村は大爆笑するが、その後も続々と飛び出すストレートな歌詞や中山の表現力に、曲が終わる頃には「すげぇなぁ……」と脱帽した。

小沢も「めちゃくちゃいい。マジでいいよ、これ」と拍手を贈り、「中学生だったら、俺、ファンになってると思う。中学のときに聴いたら、“この歌詞めちゃくちゃいいわ”って思う」と大絶賛。澤部は「ガーッと歌ったあとに、メロディ(の間)が開くのがすごく気持ちよかったです」と評価し、サイトウは「(歌う前に)話をされてるときの声を聞いてて、“特別な声の人だな”っていうのはあったんですけど、歌ったらそれを超えてくる……気持ちいい声ですね」と、表情豊かな中山の声質を称賛した。

そして、楽曲の題材と、歌詞、歌声で審査員たちの心を惹きつけた中山が見事グランプリに輝き、「高校生フォークソングGP 3rdシーズン」第1回大会は幕を閉じた。

さらに、番組のラストには、2018年の5月に放送された「高校生フォークソングGP」で優勝し、今や「フジロックフェスティバル」への出演も果たすなど、アーティストとしての成長を遂げた崎山蒼志が、『日村がゆく』で再びその歌声を披露。

はらち、中山のほか、「自分を甘く見てきた人を見返したい」と不満をぶつけたsyuの「今を生きる全ての人たちへ」や、登真の“お金で体を売ったり買ったりする世の中”への不満を込めた「甘噛み」など、熱い想いを抱えた高校生たちが熱唱する姿は、「Abemaビデオ」にて放送後7日間、無料で視聴できる。

©AbemaTV


『日村がゆく』#114はこちら
https://abema.tv/video/episode/90-484_s0_p114

『日村がゆく』オフィシャルInstagram(@bakesta_himura)
https://www.instagram.com/bakesta_himura/

バナナマン オフィシャルサイト
http://com.horipro.co.jp/talent/bananaman/


Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC