家族円満の秘訣は“合わせ味噌汁”? 映画『最初の晩餐』特別映像“思い出の味シリーズ”第1弾が解禁

家族円満の秘訣は“合わせ味噌汁”? 映画『最初の晩餐』特別映像“思い出の味シリーズ”第1弾が解禁

11月1日(金)に全国公開される、映画『最初の晩餐』の特別映像“思い出の味”シリーズ第1弾と場面写真が解禁された。

染谷将太、戸田恵梨香、窪塚洋介、斉藤由貴、永瀬正敏など、日本映画界の豪華実力派俳優らが出演する本作は、常盤司郎監督が構想7年を費やした渾身のオリジナル脚本。常盤は、サザンオールスターズのドキュメンタリー映画をはじめ、CMやMVなど、さまざまな分野で高く評価されており、今作で満を持しての長編映画デビューとなる。

この度解禁されたのは、主⼈公・麟太郎(染⾕)が通夜ぶるまいで出された味噌汁を吸いながら思い出した<味噌汁>のエピソードが描かれた特別映像。再婚した⽇登志(永瀬)と⺟・アキコ(⻫藤)の互いの連れ子同士が、アキコが作った⾚味噌の味噌汁を巡って食卓をボイコットする様子が映し出されている。一緒に暮らし始めたふたつの家族にとって、初めての揉めごととなるこのシーンは、⺟・アキコが作った<合わせ味噌汁>によって“家族になる瞬間”でもある。

また、併せて解禁された場⾯写真では、<味噌汁>エピソードにより笑顔になる5⼈家族の姿を垣間見ることができる。

お通夜のあとに、⾷事をしながら故⼈の思い出を偲ぶ“通夜ぶるまい”。地域によっても様々なカタチがあり、本作では、⽗・⽇登志(永瀬)の遺⾔で家族の思い出が詰まった料理が登場し、⼀家の過去と現代の記憶を繋いでいく。

【STORY】
思い出の手料理が、忘れていた大切な時間をよみがえらせる
父・日登志(永瀬正敏)が亡くなった。カメラマン東 麟太郎(染谷将太)は葬儀のために故郷に帰ってきた。姉の美也子(戸田恵梨香)と準備をする中、通夜の席ではひと騒動が起こっていた。母・アキコ(斉藤由貴)が通夜ぶるまいの弁当を勝手にキャンセルし、料理は自分で作ると言い出したのだ。やがて、運ばれてきたのは、目玉焼き。親戚たちがざわつく中、麟太郎は気がつく。
「これ、親父が初めて作ってくれた、料理です」
次々と出される母の手料理を食べるたび、思い出が麟太郎たちの脳裏によみがえっていく。20年前に父と母が再婚した日、連れ子の兄シュンと5人で暮らした日々のことを……。止まっていた家族の時が今、ゆっくりと動き出す。

作品情報

『最初の晩餐』
11月1日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー

出演:染谷将太 戸田恵梨香 窪塚洋介 斉藤由貴 永瀬正敏
森 七菜 楽駆 牧 純矢 外川 燎 池田成志 菅原大吉 カトウシンスケ玄理 山本浩司 小野塚勇人 奥野瑛太 諏訪太朗
監督・脚本・編集:常盤司郎
企画・プロデューサー: 杉山麻衣
プロデューサー: 森谷 雄/鈴木 剛
共同企画:中川美音子
製作:『最初の晩餐』製作委員会製作
プロダクション:アットムービー
配給:KADOKAWA
©2019『最初の晩餐』製作委員会

オフィシャルサイトsaishonobansan.com