まぐろ(古川登志夫)vsにわとり(神谷 明)、真の“チキン”を懸けた抗争勃発! ショートムービー「シーチキンチキン」解禁

まぐろ(古川登志夫)vsにわとり(神谷 明)、真の“チキン”を懸けた抗争勃発! ショートムービー「シーチキンチキン」解禁

はごろもフーズ「シーチキン」とプリマハム「サラダチキン」のコラボ製品、「シーチキンチキン」2品の発売を記念して、プロモーションサイトがオープン。声優・古川登志夫(「ドラゴンボール」シリーズ・ピッコロ役など)×神谷 明(『シティーハンター』冴羽 獠役など)によるショートムービーも公開された。

ショートムービーは、“海のチキン”まぐろと“陸のチキン”にわとりの、88年間におよぶ“チキン”の称号を賭けた壮絶な戦いを描いたもの。

なお、オフィシャルTwitter(@seacknckn)では、本日9月26日(木)~9月30日(月)の5日間限定で、「シーチキンチキン」が抽選100名に当たるプレゼントキャンペーンが実施中だ。

【STORY】
ことの発端は88年前にさかのぼる―。1931年、とある缶詰所ではまぐろを油漬にした缶詰が日々大量に誕生していた。「魚がチキンを名乗るとは!」このことはチキンの耳にも入り一触即発の事態になるかと思われたが「所詮偽物は偽物」とチキンの寛大な心でかろうじて均衡が保たれていた。時を経て「サラダチキン」発売により再びチキンが脚光を浴び始めた頃、「サラダシーチキン」の発売により、事態は急変する。―「調子に乗りやがって。まぐろがチキン名乗ってんじゃねえよ!」―「そろそろ海のチキンが最強だってことを教えてやるよ、トサカ野郎」ついに、戦いの火蓋は切って落とされた。一歩も譲らない両者の攻防は、いったいどんな戦いを生むのか!? そしてどんな決着を迎えるのか…?

キャラクター・キャスト情報

まぐろ“海のチキン”(CV:古川登志夫)
「そろそろ海のチキンが最強だってことを教えてやるよ、トサカ野郎!」
海のチキンとして、古くからにわとり一強だったチキン界を揺るがす存在。シーチキンのみならず、手軽に楽しめるサラダシーチキンなる商品も発売し、我こそが本物のチキンと、にわとりに対して抗争をしかける。

【古川登志夫コメント】
「神谷さんと一緒にやれること自体が嬉しいですし、このコンセプトが凄いですよね。『神谷さんと僕だとこういうコンセプトかな』と感じる部分はあったので、言わずもがなで分かるところはあったかなと思います。映像はいろんな世代の方が楽しめるでしょうし、ご指示いただいたイメージをもとに、自分の持てる演技力のようなものがあるならば、そのMAXでやるしかないという感じで最大限でやらせていただきました。にわとりとまぐろの戦いですが、最強のコラボになっていると思いますしぜひ皆さんに食べてほしいです」

にわとり“陸のチキン”(CV:神谷 明)
「調子に乗りやがって。まぐろがチキン名乗ってんじゃねえよ!」
88年間、自らが踏みしめる大地のように大きな器でまぐろの行動を静観していたが、いよいよチキン界で絶対王者の立場を見せつけるときが来たと、徹底抗戦に動きだす。

【神谷 明 コメント】
「こういうチキンは初めてです。(笑)。古川さんとご一緒ということで『これは面白い!』と一も二もなくお受けしました。映像を拝見してとにかく面白くて、イメージが膨らむキャラクターだったので、演出家の方と本当に楽しみながら作らせてもらいました。(古川さんとの共演は)お互いもうずいぶんいろいろなライバル役でお仕事をしてきたので(笑)。最後のナレーションの部分も商品をイメージしてお互いの良いところを出し合ったので、そんなところも聞いていただけると嬉しいです。実際の収録も面白くて、皆さんがどういう反応をしてくれるかすごく楽しみです」

「シーチキンチキン」オフィシャルサイト
https://www.promotion.hagoromofoods.co.jp/seachicken_chicken/