英語で喋ってるの初めてみたかも!? 引退セレモニーで流暢な英語を話すイチローのスピーチ動画がコレ

英語で喋ってるの初めてみたかも!? 引退セレモニーで流暢な英語を話すイチローのスピーチ動画がコレ

今年の日本開幕シリーズで、世界中の野球ファンから惜しまれつつも引退を表明したイチロー。残念ながらヒットを放つことはできなかったが、グラウンドを一周してセレモニーを行うなど日本のファンに最後の別れを告げた。シーズン中は、イチローが長年在籍したシアトル・マリナーズのファンの前で、正式なセレモニーが行われていなかったが、先日マリナーズの本拠地T・モバイルパークにて、シアトルのファンに向けた正式な引退セレモニーが開かれた。

シーズンも終盤となったこの時期に「Ichiro Celebration Weekend」と銘打って、盛大にイチローを送り出そうとするあたりにも、シアトルのイチローに対する愛を強く感じる。

14日には、試合前にファンの前でスピーチをする機会が与えられたイチロー。ネット上では、そのフル動画が公開され話題となっている。日本のファンにとって、最も衝撃だったのが、イチローが英語で喋っているという点だろう。流暢な英語を話すことで知られているイチローだが、記者会見やインタビューなどではプロの通訳をつけての受け答えをしてきた。しかし、この日は最初から最後まで自分の英語でスピーチをしてみせたのだ。

スピーチの冒頭では「とても緊張している」と言った後、「ディー、雄星! 今日は泣くなよ!」と気の利いたジョークを挟んで場を和ますあたりは、さすがイチロー。その後、「東京で引退を発表した時は、シアトルのファンがいなかったので不完全燃焼の気持ちがあった」「長年サポートしてくれシアトルのファンに対して、今日は感謝を伝えたい」と述べた。

MLBでの挑戦から引退までを振り返ったイチローは、最後に「プロフェッショナルとは何か」をすべての選手に覚えていてほしいと語った後、「さぁ、野球をはじめよう!」と締めくくった。

View this post on Instagram

One of a kind. #ThanksIchiro

A post shared by Seattle Mariners (@mariners) on

引退後も、マリナーズで若手の指導に励んでいるイチロー。低迷が続くチームではあるが、彼が育てた若手が育ちMLBの舞台に立つ日はそう遠くはないはず。選手としてのキャリアは終えたが、イチローの挑戦はまだまだ終わらない。

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by MY HERO