ブラッド・ピットのシックスパックが神々しい!『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』映像解禁

ブラッド・ピットのシックスパックが神々しい!『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』映像解禁

現在公開中のクエンティン・タランティーノの9作目の長編監督作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』より、ブラッド・ピットのシックスパック映像が解禁された。

本作の舞台は1969年のロサンゼルス。ハリウッド黄金時代の最後の瞬間を、タランティーノ製作・脚本・監督で描き、タランティーノが実際に自分が育った当時のハリウッド、そしていまや失われてしまったハリウッドへ郷愁とリスペクトを込め、製作脚本に5年の歳月を費やした、友情と絆を軸にハリウッド黄金時代の光と闇に迫った話題作。常日頃から「映画を10作撮ったら監督を引退する」と公言しているタランティーノの“最後から2番目の監督作”とされていたが、本作完成後のキャンペーン中には「この作品で最後にする」とタランティーノ自身の口から発せられるほど、彼の映画人生を賭けた渾身の作品となっている。

本作で、ブラピが演じるのは人気のピークを過ぎたTV俳優リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)のスタントマンを務めるクリフ・ブース。解禁となった映像は、リックにTVのアンテナの修理を任されたクリフが軽やかに家の屋根に登り、着ていたアロハシャツとTシャツをまとめて一気脱ぎをした後のシーンで、御年55歳とは思えぬ鍛えられた美ボディがお目見え! すでに本作を鑑賞した観客たちからはSNS上で「ブラピの肉体美サービスショットは必見…監督わかってる」「ブラピのサービスショット最高なのでおすすめ」「ブラピのサービスショット(上半身裸、ジーンズ、グラサン、手袋)がドツボすぎてちょっと話が頭に入らんかった」といった声があがっており、ブラピの美しいシックスパックにくぎ付けとなって本編が頭に入らなくなってしまう人もいるとかいないとか! 本作の海外でのプロモーションで、ブラピは今後は映画出演よりも製作側に回る機会を増やしていくと語っているので、本作のように映画に出演する機会が減っていくことが予想され、このブラピの半裸シーン映像は貴重なサービスショットと言っても過言ではない。

また、クリフが屋根の上でアンテナの修理をしようと準備をしていると、隣に住む実在するロマン・ポランスキー監督の妻シャロン・テートが60年代中期から70年代初頭にかけて活躍したガレージ・ロックバンド“Paul Revere & The Raiders”の「Good Thing」のレコードをかけるシーンも。ナチュラルメイクにTシャツとショートパンツというキュートな家ならではのリラックスコーデに身を包んで踊りながら、トランクに荷をつめるのだ。


本作では、実在したシャロン・テート殺人事件をモチーフに、リックとクリフというハリウッドに生きる架空の2人の男たちの友情が描かれているが、監督のクエンティン・タランティーノは劇中でシャロン・テートをわずか26歳という若さで狂信的カルト集団“マンソン・ファミリー”に殺害された悲劇のヒロインとしてではなく、8月9日の【事件】が起こるまでは、自分の将来に希望を抱いた生き生きとした女性として描いていることも本作の魅力の一つ。この映像からもシャロンという人物が、プライベートはナチュラルメイクで60年代のポップな音楽に合わせてリズムを刻むような、等身大の女性として描かれていることが伺えるだろう。

存在自体が罪すぎるブラピのセクシーなサービスショットだけでなく、スクリーンの中で生き生きと動くマーゴット・ロビーが演じるシャロン・テートの姿も必見だ。

【STORY】
リック・ダルトン(ディカプリオ)は人気のピークを過ぎたTV俳優。映画スター転身を目指し焦る日々が続いていた。そんなリックを支えるクリフ・ブース(ピット)はスタントマンかつ親友でもある。目まぐるしく変化するハリウッドで生き抜くことに精神をすり減らしているリックとは対照的に、いつも自分らしさを失わないクリフ。パーフェクトな友情で結ばれた二人だったが、時代は大きな転換期を迎えようとしていた。そんなある日、リックの隣にロマン・ポランスキー監督と女優シャロン・テート夫妻が越してくる―。そして、1969年8月9日―それぞれの人生を巻き込み映画史を塗り替える【事件】は起こる。

作品情報

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
8月30日(金)全国ロードショー

監督:クエンティン・タランティーノ
出演:レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、アル・パチーノ、バート・レイノルズ、マーゴット・ロビー、ダコタ・ファニング、ジェームズ・マースデン、ルーク・ペリー、ティム・ロス、マイケル・マドセン、カート・ラッセル、エミール・ハーシュ、ティモシー・オリファント、ダミアン・ルイス
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

オフィシャルサイト
http://www.onceinhollywood.jp/