OVA『真夜中のオカルト公務員』第14話、第15話のあらすじ&場面カットが解禁! ヴァンパイアが関係する事件が発生

OVA『真夜中のオカルト公務員』第14話、第15話のあらすじ&場面カットが解禁! ヴァンパイアが関係する事件が発生

10月25日(金)にリリースされる、アニメ『真夜中のオカルト公務員』TV未放送エピソード(第14話、第15話)を収録した、OVAのあらすじ&場面カットが公開された。

【第14話STORY】
年の瀬、セオと共に仙田の実家にいくことになった新。仙田の実家は山の中の歴史ある温泉旅館で、その近くにセオが長年観察しているアナザーがいるという。ただ、その直前、アナザーが絡んだ事件を追う通称「0課」の刑事たちがやってくる。ヴァンパイアの関与が疑われる殺人事件への意見を聞きに来たのだが、絶滅したとされる日本のヴァンパイアについて問われ、セオは表情を変える。セオが観察しているアナザーこそが、日本固有種のヴァンパイアの最後の生き残りだったからだ。

脚本:樋口達人/絵コンテ:嶋 迩朗/演出:武野俊一/作画監督:佐賀野桜子、石崎裕子、増田俊介、江上夏樹、星野真澄、嘉村弘之

【第15話STORY】
日本固有のヴァンパイアにとって、吸血は繁殖期に女性体に変態するためのもの。相手のない最後の一体には必要ないもののはずだった。しかし、ヴァンパイアは吸血欲を暴力的に刺激され、新宿の街に放り込まれて人を襲ってしまっていた。トリガーを引いたのは、残虐なアナザー実験を繰り返し業界を追放された冴島洋介。動機は自身を追放したセオへの恨みだった。0課の刑事でもあり、アナザーの退治屋でもある玉緒より先にヴァンパイアを見つけるため奔走するセオ、新、榊。そして、セオはヴァンパイアと再会を果たす――。

脚本:樋口達人/絵コンテ:松園 公/演出:宇冨和谷、野美歩香/作画監督:佐賀野桜子、石崎裕子、増田俊介、江上夏樹、西脇拓己、宮田瑠美、榎本 結

リリース情報

『真夜中のオカルト公務員 』OVA
10月25日(金)発売

価格:
・Blu-ray 7,600円+税
・DVD 6,600円+税
収録話数:全2話

【初回生産特典】
・原作・たもつ葉子描き下ろしアウターケース
・キャラクターデザイン・伊藤依織子描き下ろしデジパック
・原作・たもつ葉子描き下ろし漫画収録特製ブックレット
(オカルト考証・三輪清宗書き下ろし解説など掲載)
・エンドカードコレクション

【毎回特典】
映像特典
・CM

作品情報

『真夜中のオカルト公務員』

【STAFF】
原作:たもつ葉子(KADOKAWA「コミックNewtype」連載)
監督:渡邊哲哉
シリーズ構成:樋口達人
助監督:大石康之
オカルト考証:三輪清宗
キャラクターデザイン:伊藤依織子
アナザーデザイン:伊藤依織子/鈴木勘太
プロップデザイン:伊藤依織子/江上夏樹
美術設定:青木智由紀/イノセユキエ/泉 寛
美術監督:三原伸明
色彩設計:小野寺笑子
撮影監督:田村 仁
編集:吉武将人
音響監督:鶴岡陽太
音響効果:山谷尚人
アニメーション制作:ライデンフィルム
製作:「真夜中のオカルト公務員」製作委員会

【CAST】
宮古 新:福山 潤
榊 京一:前野智昭
姫塚セオ:入野自由
仙田礼二:遊佐浩二
狩野一 悟:櫻井孝宏
ウェウェコヨトル:土岐隼一
ユキ:山本和臣

©2019 たもつ葉子/KADOKAWA/「真夜中のオカルト公務員」製作委員会

『真夜中のオカルト公務員』オフィシャルサイト
http://occultkoumuin.com/

原作コミック『真夜中のオカルト公務員』