映画史上初!『太陽の家』公開に先駆け、主演・長渕 剛のライブツアーで映画上映が決定

映画史上初!『太陽の家』公開に先駆け、主演・長渕 剛のライブツアーで映画上映が決定

日本を代表するアーティスト、長渕 剛の主演映画『太陽の家』公開記念として、映画史上初のビッグプロジェクトが始動。長渕のライブと映画上映の融合した「TSUYOSHI NAGABUCHI CINEMA & LIVE 2019 太陽の家」を開催することが発表された。

2020年1月の劇場公開に先駆け、「一足早くファンの皆さんに届けたい」という長渕の熱い思いで実現したこのプロジェクトは、映画史上初の試み。ライブツアーは、長渕の出身地でもある鹿児島を皮切りに、全国10か所で実施され、全17公演が決定した。

さらに、本情報解禁に伴い、待望の映画ティザービジュアルも解禁。長渕演じる物語の主人公で神技的な腕を持つ大工の棟梁・川崎信吾は、人情味溢れる熱い男。そんな川崎がひょんなことから関わっていく、一人の男の子・龍生との2ショットが器用されている。

父親を知らずに育った龍生と、棟梁・川崎との優しい心の交流を象徴するワンシーン。「みんな俺が守る。」というキャッチコピーから、自らの背中に背負うものに無償の優しさを注ぎ込む川崎の、時代や世代に関係なく、誰もが思い描く理想の「優しさ」を持つ人物像をあらわしている。

【STORY】
神技的な腕を持つ大工の棟梁・川崎信吾(長渕剛)。普段はサングラスに強面風な川崎は、やんちゃで人情味の厚い男。そんな川崎が現場で木と向き合えば、職人気質なオーラを放つ。年頃の娘としっかり者の女房と幸せに暮らす川崎だが、そこは男!好みの女性には少々弱い。いつものように弟子の入江たちと現場で仕事に励んでいるところに川崎が無視できない保険会社の営業ウーマンが通りかかる。彼女の名前は池田芽衣。独身だと思っていた芽衣には、息子が一人。シングルマザーだった。父親を知らずに育った少年・龍生が気になる川崎。俺が男にしてやる!とばかりに、川崎の血が騒ぐ。半ば強引な川崎になかなか懐かない龍生だったが、徐々に男同士の触れ合いができるまで心を開いていく。そんな折、川崎はこの親子に家を作ろうと思い立つのだが、そんな父親の様子にどうも納得がいかない、娘と妻と弟子たち。しかし周りの不穏な空気も気にせず、家づくりに没頭する川崎の前に、突如龍生の父と名乗る男が現れて…。

イベント情報

『TSUYOSHI NAGABUCHI CINEMA & LIVE 2019 太陽の家』
10月31日(木)・11月1日(金)
鹿児島:鹿児島市民文化ホール 第1ホール
11月5日(火)
香川:サンポートホール高松 大ホール
11月7日(木)・8日(金)
大阪:フェスティバルホール
11月11日(月)・12日(火)
宮城:仙台サンプラザホール
11月19日(火)・20日(水)
愛知:愛知芸術劇場 大ホール
11月25日(月)・26日(火)
福岡:福岡サンパレス
11月30日(土)
広島:広島文化学園HBGホール
12月2日(月)・3日(火)
神奈川:パシフィコ横浜 国立大ホール
12月11日(水)・12日(木)
熊本:熊本城ホール メインホール
12月17日(火)
千葉:舞浜アンフィシアター   

作品情報

『太陽の家』
2020年1月、TOHOシネマズ 日比谷他全国公開

出演:長渕 剛/飯島直子 山口まゆ 潤浩/瑛太 広末涼子
監督:権野 元
脚本:江良 至
主題歌:長渕 剛「Orange」
製作:喜本孝
プロデューサー:遠藤茂行、飛田野和彦
制作:楽映舎
配給:REGENTS
Ⓒ2019映画「太陽の家」製作委員会

オフィシャルサイト
taiyonoie-movie.jp/