吉永小百合、自身初のファンサービス! 天海祐希、ももクロら豪華ゲストが映画『最高の人生の見つけ方』レッドカーペット登場

吉永小百合、自身初のファンサービス! 天海祐希、ももクロら豪華ゲストが映画『最高の人生の見つけ方』レッドカーペット登場

10月11日(金)全国公開される、映画『最高の人生の見つけ方』のジャパンプレミアが、9月3日に六本木ヒルズアリーナにて開催され、吉永小百合、天海祐希、ムロツヨシ、ももいろクローバーZ(以下ももクロ)、前川 清、犬童一心監督が登壇した。

オフィシャルレポート

紫を基調とした萩模様の手描き友禅の着物に身を包んだ吉永、黒地に銀のラインが入ったロングドレスでクールにきめた天海らが登場すると、会場から大歓声が。レッドカーペットイベントが始まると、ステージを降りて観客と触れ合うなど、吉永は自身初となるファンサービスを大いに楽しみ、天海、ムロ、ももクロら豪華ゲストのファンサービスに観客も大盛り上がりをみせた。

レッドカーペットイベントを終えたゲストがステージに再登壇し、吉永が「今日は会場にいらっしゃっているみなさまの熱気に煽られて、自分が自分ではないような感じがします。また、ももクロさんとご一緒させていただいて、モノノフ(ももいろクローバーZのファンの総称)としては本当に幸せな気持ちでおります」と挨拶。天海は「ここにいる素晴らしいキャストのみなさんと監督と、精一杯この映画を作りました。ぜひたくさんの方々に楽しんでくれたらなと思います」と意気込んだ。

天海演じる“大金持ちの女社長”マ子の秘書役を演じた、ムロツヨシは「みなさんの声援に乗せられております! ただモノノフのみなさん、吉永さんと天海さんに対して“フゥーッ!!”って言うのは君たちだけだよ(笑)」とコメント。続いて、劇中で本人役として登場した、ももクロは「わたしたち今会えるアイドル週末ヒロイン、ももいろクローバーZ!」と決め台詞を披露。メンバーの百田夏菜子は「先ほど吉永さんが“私もモノノフです”と仰っていた音源を個人的に持って帰れたらなと思っています(笑)」と語った。

そして吉永演じる“大真面目な主婦”幸枝の夫を演じた前川は「デビューしてから50年になりますが、このたびはお声掛けいただきまして、本当に幸せでございました」と感謝。犬童監督は「17歳の時に映画を撮り始めたんですが、その時にまさか自分が“吉永小百合”の映画をやるとは思っていませんでした。17歳の自分に教えてあげたい気持ちでいっぱいです」と語った。また、レッドカーペットとファンサービスの感想を聞かれた吉永は「宝塚のスターになったようでした……!!」、天海は「幸せな気持ちにさせていただきました。ありがとうございました」とそれぞれ興奮した様子をみせた。

幸枝とマ子が次々に叶えていく、12歳の少女が残した“死ぬまでにやりたいことリスト”のひとつにあった“ももクロのライブに行く”という項目では、実際に横浜アリーナで行われたライブにキャストが入り、1万2,000人のファンの前で撮影を行うという前代未聞の挑戦。百田は「ファンのみなさまはお三方がいらっしゃるのを知らずにライブにきていたので、お客さんが一番びっくりしていました。客席に吉永さんと天海さんが隣にきても平然とした顔でいてくださいねって言われたモノノフさんが一番辛かったと思います。今回お2人と一緒に踊ることができて、私たちの人生の宝物ができました」と撮影を振り返った。

また、ライブシーンのために“オタ芸”を習得したムロは「みなさんがステージに上がられる時にオタ芸で応援するというシーンがあるんですが、近くのモノノフのみなさんから『それ無い! ウチらそれやらないから!』っていうツッコミが入ったりして(笑)。あとですね、その時の撮影を内緒にしてくださいねと言ったら、このSNSの時代に一切情報が漏れなかった! これは本当に感謝しております」と撮影に協力してくれたモノノフへの感謝を述べた。

ライブシーンの共演について、吉永は「夢のような時間でした。私たちだけステージに上がって踊っちゃったりして、一生に一度のことです」とコメント。夫婦役として初めて吉永と共演した感想を聞かれた前川が「私たちの世代にとって吉永さんと言いますと、歌を聞いたり、映画で観るといった生活の中の楽しみでした。そんな吉永さんと共演させていただいて夢のようだったんですが、撮影では台詞を噛んだり、ご迷惑をお掛けしてしまって(笑)」と言うと、犬童監督が「噛んだことはないけど止まったことはあった(笑)」と返すなど、コミカルなやり取りで会場の笑いを誘った。

さらに、本作の原案となったハリウッド版『最高の人生の見つけ方』のロブ・ライナー監督から、吉永と天海へメッセージが到着。「2人はジャックとモーガンが楽しんでいたのと同じくらい楽しんでもらえれば、きっといい作品になるだろうね! 女性2人の物語として、さらにそれが日本の大スターと聞いて、素晴らしい企画だと思ったよ。お互いの演技を楽しみながら作ってもらって、ジャックとモーガンが造り上げたような作品にしてほしい」というコメントが発表された。

ハリウッド版と違い女性2人が主演という、オリジナル要素もたくさん含んだ本作について、犬童監督は「撮影しながら『最高の人生』ってなんだろうと考えていたんですが、この映画を観終わった時に一回立ち止まって“自分にとっての『最高の人生』ってなんだろう”って考える時間をもって貰えたらいいのかなと思っています」と作品への想いを吐露。完成した作品の感想を、ムロは「自分ももっとやりたいことを探さなきゃなと思いました。これから観ていただくお客さまには、この映画を観た時に、泣いて、さらに前向きに『最高の人生』とは何か探そう、考えようという風に思っていただければなと思っております」と語った。

そして、公開まであと1カ月強となった本作のテーマにちなみ、公開までに“やりたいこと”を聞かれた吉永は「これから天海さんと一緒にガンガンと日本中を回って宣伝していきたいと思います。美味しい食べ物もあるそうですから(笑)」とコメント。イベントの最後には、ゲストに観客と同じ色とりどりのペンライトが渡され、コール&レスポンスが実施された。吉永・天海が「この秋は!」と声をかけると、観客からは「最高の人生の見つけ方!」とレスポンスがあり、金・銀・赤のキャノン砲が発射され、会場の興奮は最高潮に。レッドカーペットイベントは大盛況の中、幕を閉じた。

続いて、TOHOシネマズ六本木ヒルズで舞台挨拶が実施され、吉永、天海、ムロ、ももクロ、前川、犬童監督が登壇。吉永は「私たちはドキドキハラハラ、お客さまがこの映画をどのように受け止めてくださるのか心配もあるんですが、たくさん笑っていただいて、人生について少し考えていただけたらなと思っております」とメッセージを贈った。ハリウッド版の『最高の人生の見つけ方』が洋画で一番好きな映画だったというムロは、出演のオファーを受けた時の気持ちを「ジャック・ニコルソンの秘書みたいな役をやりたいと30歳の時に思ったんですが、それが叶って吉永さんや天海さんとも共演させていただいて、感謝しております」と語った。

また、ライブシーンの思い出を聞かれたももクロの玉井詩織は「モノノフのみなさんには当日映画の撮影があることを伝えたのですが、素晴らしいタイミングでリアクションしてくださって、私たちのファンはどこに出しても恥ずかしくないなと思いました」とコメント。さらに、本作の撮影で京都や長崎五島など、日本各地をまわった吉永と天海に、特に印象に残ったロケ地やシーンについて、吉永は「撮影は大変だったんですが、五島列島の海の幸は美味しかったですね」と答えた。

最後に、吉永が「ここにいるみなさんと夢のような撮影時間を過ごしました。みなさまに気に入っていただける映画になっていると思います。どうぞ、どうぞどうぞ、お楽しみください」と挨拶し、舞台挨拶は幕を閉じた。

【STORY】
入院して初めて人生の虚しさに気付いた2人は、たまたま手にした12歳の少女の<死ぬまでにやりたいことリスト>を実行するという、ありえない決断をする!今までの自分なら絶対にやらないことも、自らの殻を破って初体験!自分らしく生きることの楽しさに出会えた二人に、ある奇跡が待っていた――。

作品情報

『最高の人生の見つけ方』
10月11日(金)全国ロードショー
出演:吉永小百合、天海祐希、ムロツヨシ、満島ひかり、前川 清
監督:犬童一心
アダプテーション脚本:浅野妙子、小岩井宏悦、犬童一心
原案:「最高の人生の見つけ方」ジャスティン・ザッカム著
製作:「最高の人生の見つけ方」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2019「最高の人生の見つけ方」製作委員会

オフィシャルサイト
http://saikonojinsei.com