今泉力哉監督が三浦春馬を語る! 映画『アイネクライネナハトムジーク』スペシャルトークショー開催

今泉力哉監督が三浦春馬を語る! 映画『アイネクライネナハトムジーク』スペシャルトークショー開催

9月20日(金)より全国公開される、映画『アイネクライネナハトムジーク』のスペシャルトークショーが、9月2日に東京・ユーロライブにて開催され、作家・コラムニストとして活躍する燃え殻と今泉力哉監督が登壇した。

オフィシャルレポート

満員の会場に登場した燃え殻が「三浦春馬さんではなくて申し訳ないと思いながら(笑)参りました」と挨拶し、さっそく会場を沸かせ、イベントはスタート。

以前から親交のある2人の出会いについて、今泉監督が「このビルの下で初めてお会いしましたね。接点という意味ではツイッター上でお互い面識があって、そこで燃え殻さんが自分の映画を観てくれているんだというDMのやりとりがあって」と話した。燃え殻も「今泉さんの作品は全部観ていて、そんな時に『退屈な日々にさようなら』のパンフレットにコラムを書いてもらえませんか、っていうありがたいお話をもらって。その時に今泉さんの変な指令が出て、『会うのはやめましょう』って今泉さんがおっしゃったんですよね、僕は普通の人間なので“ご挨拶させてください。お会いしましょう。”と言いましたよ(笑)。って言っていたのにいきなり会っちゃったんですよね。でも今泉さんが“あ! 燃え殻さん!”という感じだったので、その後いろいろお話ししたのに、なんかモジモジしていて。僕はこんなに出し引きがよくわからない人初めて会いましたよ(笑)」と今泉監督の独特のエピソードを披露。今泉監督は「会っちゃったけど会わないほうがいいかなと思って(笑)」と持論を展開した。

また、燃え殻が映画の感想を「良い映画とか悪い映画とか分からないけど、今でも飲み屋で話す映画ってあって。岩井俊二さんの『Love Letter』とかウォン・カーウァイの『天使の涙』とか。『アイネクライネナハトムジーク』も僕は10年くらいたっても渋谷の飲み屋で、多部未華子さんと三浦春馬さんのシーンの話をずっとすると思うんですよ。そういうのが、僕の中でいい映画で」とコメント。すると、今泉監督からそのシーンがアドリブからの流れであったことが明かされると、燃え殻はさらに「天才じゃないですか」と大絶賛した。

今泉監督は「多部さんに気持ちを伝える大事なシーンがあって、その時に三浦さんに“もっと多部さんに頼ったらやりやすいと思うよ”って話したんです。“もっと多部さんを使ってください”って。三浦さんならもっといけると思ったんですね。三浦さんがその時の話を取材の時にしてくれて、今やっているドラマの現場でも相手とやることに気をつけるようになった、って言ってくれてたんです。三浦さんはすごく真摯に相手とやらなきゃいけないと思った、って言ってくれて」と主演を務めた三浦春馬の現場でのエピソードを語った。

続いて伊坂幸太郎の原作を今泉監督が映画化することに話がおよぶと、燃え殻が「今泉さんが伊坂幸太郎さんの作品をやるってなった時に、伊坂さんの小説も全部読んでて、今までの映画化作品も全部観ていて、今泉さんがどっちに振れるんだろうなって思ってたんですよね。その中で『アイネクライネナハトムジーク』でも、絶対におとぎ話にしないぞっていう気概が感じられて。今泉さんの映画になっていたなと思いました」と“今泉監督”らしさを言及。

今泉監督は「ハッピーエンドもそうですが、映画って映画の中で終わらせることができるんですけど、この作品に限らず、現実世界との地続きさが欲しいと思っていて。あの2人がその後うまくいくか分からないし、本当に隣に住んでいる人の話にしたいという思いがあります。伊坂さんの小説って、小説でしかできない魅力的な言葉とか、小説しかできないキザな特徴的なセリフがあって、現実世界で生身の人間が言うと浮いちゃうかもと思って。言う人を集約するとリアリティも保ちつつ、伊坂さんの面白さも保てるんじゃないかと思ったんですね。今回は一真(矢本悠馬)には言わせて、ほかの人には言わせないっていうのを決めていくことで、街中で、映画を観終わって、自分たちの話みたいに思わせられたらなって思いました」と今作での演出を明かし、会場から納得の声が上がった。

さらに、燃え殻が映画に登場する印象的なキャラクターを「多部さんが可愛すぎて……」としみじみ語り、会場の笑いを誘うと、「三浦さんがかっこいいのに、だんだん普通の人に見えてくる演技でしたね。そこが三浦春馬さんのすごいところだなと思って。この人かっこいいなって思うと、(映画の中で物事がうまくいくと)“そりゃそうだろう”って思うじゃないですか(笑)。なんとなく、うまくいかないんじゃないかって心配になっちゃうんですよ」と三浦が演じる普通の会社員・佐藤を大絶賛。今泉監督も「三浦さんは本当に真面目な方なんですよね。お芝居するの大好きな方だと思うし。衣装合わせでお会いしたときも、佐藤って普通の人で。下の名前もないんですね。その辺も三浦さん考えてくれてまして、すごい安心しました。現場でどうやって佐藤を作るかも話せたし」と、三浦に対する絶大な信頼をのぞかせた。

また、一真を演じた矢本悠馬について、今泉監督が「自由すぎて最高でした。立ち位置とかも、“自分の役はここにいるべきだと思う”って考えてくれてて」と話すと、燃え殻も「(一真が店長をしているような)あんな居酒屋行ったことあるんじゃないかって思いましたよ」と賛辞を送った。

そんな数多くの登場人物が出演する本作に、燃え殻は「群像劇として平等だなって思いました。いろいろなウェイトはもちろんあると思うんですが、なんとなく愛が平等にあるような気がして。平等にしたいんだろうな、って思いました」とコメント。今泉監督も「主人公のために登場人物が存在している、となるとある種ファンタジーになるので、そうはしないように気をつけました」とうなずいた。

最後に、今泉監督が「本日はありがとうございます。感想など周りの方に伝えていただければと思います。ワンクリックで得られるネットの情報ってワンクリックで忘れちゃうと思うので、口から隣の人、家族、友だちにこの映画の感想を伝えてもらえると、この映画の一番の応援になるかなと思います。SNSとかもいいんですが、口コミでも、気に入っていただけたら広めていただけるとありがたいです。ありがとうございました」と話し、イベントは幕を閉じた。

【STORY】
仙台駅前。大型ビジョンには、日本人のボクシング世界王座をかけたタイトルマッチに沸く人々。そんな中、この時代に街頭アンケートに立つ会社員・佐藤の耳に、ふとギターの弾き語りが響く。歌に聴き入る紗季と目が合い思わず声をかけると、快くアンケートに応えてくれた。2人の小さな出会いは、妻と娘に出て行かれ途方にくれる佐藤の上司や、分不相応な美人妻と可愛い娘を持つ佐藤の親友、その娘の同級生家族、美人妻の友人で声しか知らない男に恋する美容師らを巻き込み、10年の時をかけて奇跡のような瞬間を呼び起こす─―。

作品情報

『アイネクライネナハトムジーク』
9月20日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
9月13日(金)宮城県先行ロードショー

原作:伊坂幸太郎「アイネクライネナハトムジーク」(幻冬舎文庫)
監督:今泉力哉
キャスト:三浦春馬、多部未華子、矢本悠馬、森絵梨佳、恒松祐里、萩原利久、貫地谷しほり、原田泰造 ほか
配給:ギャガ
©2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

オフィシャルサイト
https://gaga.ne.jp/EinekleineNachtmusik/

『アイネクライネナハトムジーク』原作小説