ブラピの相棒はレオ様だけじゃない!?『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』本編映像が解禁

ブラピの相棒はレオ様だけじゃない!?『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』本編映像が解禁

本日8月30日(金)より全国公開された、クエンティン・タランティーノの9作目の長編監督作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』より本編映像が解禁された。

本作の舞台は1969年のロサンゼルス。ハリウッド黄金時代の最後の瞬間を、タランティーノ製作・脚本・監督で描き、タランティーノが実際に自分が育った当時のハリウッド、そしていまや失われてしまったハリウッドへ郷愁とリスペクトを込め、製作脚本に5年の歳月を費やした、友情と絆を軸にハリウッド黄金時代の光と闇に迫った話題作だ。

このたび解禁された映像は、ブラッド・ピット演じるスタントマンのクリフ・ブースが暮らすトレーラーハウスでの一幕。専属スタントマンを務めている人気のピークを過ぎたTV俳優のリック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)と別れ帰路についたリック。自宅であるトレーラーハウスで待っている愛犬・ブランディのために晩ごはんの準備を開始する。複数のドッグフードをドッグボウルに豪快にぶち込んだ“クリフ・スペシャル”を手際よく用意すると、尻尾をフリフリしながら合図を待つブランディに向かって、スマートに舌打ちひとつでGOサイン! 愛犬を微笑ましく眺めるクリフとは、リックといるときとは違う一面を垣間見えるシーンとなっている。

本作でブラピと見事なコンビネーションを見せているのは俳優犬のブランディ。毎年、カンヌ国際映画祭開催にあわせて発表される“パルム・ドッグ” を本作で受賞した名優犬の演技は、名だたる名優たちが勢ぞろいするなかでも目を引くこと間違いなし。また、この強そうなブランディは、雌犬。タランティーノ監督が「彼女は素晴らしい女優だ」とその演技を褒め称え、パルム・ドッグ賞の授賞式に参加できなかった彼女の代わりに名誉ある「首輪」を受けとったという。レオ様に次ぐ、タランティーノ監督絶賛のブラピのもう一匹の相棒ブランディがどんな活躍を見せてくれるのかぜひ注目だ。

【STORY】
リック・ダルトン(ディカプリオ)は人気のピークを過ぎたTV俳優。映画スター転身を目指し焦る日々が続いていた。そんなリックを支えるクリフ・ブース(ピット)はスタントマンかつ親友でもある。目まぐるしく変化するハリウッドで生き抜くことに精神をすり減らしているリックとは対照的に、いつも自分らしさを失わないクリフ。パーフェクトな友情で結ばれた二人だったが、時代は大きな転換期を迎えようとしていた。そんなある日、リックの隣にロマン・ポランスキー監督と女優シャロン・テート夫妻が越してくる―。そして、1969年8月9日―それぞれの人生を巻き込み映画史を塗り替える【事件】は起こる。

作品情報

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
8月30日(金)全国ロードショー

監督:クエンティン・タランティーノ
出演:レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、アル・パチーノ、バート・レイノルズ、マーゴット・ロビー、ダコタ・ファニング、ジェームズ・マースデン、ルーク・ペリー、ティム・ロス、マイケル・マドセン、カート・ラッセル、エミール・ハーシュ、ティモシー・オリファント、ダミアン・ルイス
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

オフィシャルサイト
http://www.onceinhollywood.jp/