三浦春馬、「“娘”へのお土産は何がいいかな」。台湾でも主演ドラマ『TWO WEEKS』が大人気

三浦春馬、「“娘”へのお土産は何がいいかな」。台湾でも主演ドラマ『TWO WEEKS』が大人気

8月28日に韓国・ソウルで行われた「ソウルドラマアワード2019」で、アジアスター賞を受賞した主演の三浦春馬。アジアでの精力的な活躍と影響力が認められた三浦は、続いて本日29日(木)には台湾・台北市内で行われた記者会見に臨んだ。台湾でも主演ドラマ『TWO WEEKS』が放送されているとあって、会見会場には32社のメディアが出席し、現地での三浦の注目度の高さをうかがわせた。

会見冒頭、三浦は「皆さんこんにちは、三浦春馬です。この度、台湾で皆様とお会いできてうれしいです。どうぞよろしくお願いします」と流ちょうな台湾語であいさつ。司会者との質疑応答では、好きな台湾グルメについて「やはり小籠包やマンゴーをはじめとしたフルーツですよね。それにタピオカミルクティーや、火鍋も本当に食べたくなる一品だと思います。それにドラマで台湾に来たときに食べた、台湾ライスボール。本当においしかったです」と話した。


また、結城とはなが出会うシーンがスクリーンに映し出されると、司会者からは「みんな春馬さんの娘になりたいと思っています」と、はなが結城に向けて行う、両手の親指を立てるポーズを三浦に向けると、三浦もそのポーズを披露。共演する稲垣について、「ちゃんと子どもらしいところはしっかり持っていますし、とにかくいい子なんです。なので、こっちもあまり気を使わないし、とにかくかわいいです」と語った三浦は、「台湾での娘のお土産を何にしようかと思っているんですが、何がいいですか? お父さんいるでしょう?」と、会場の記者に逆質問をする場面も。また、バイクで逃亡するシーンについては、「今回、このためにバイクの免許を取得しました。とても撮影中は興奮しましたし、一つの趣味としてバイクの運転が楽しみです」と、撮影のためにバイクの運転免許を取得したことを明かした。すると、司会者から「運転している姿は自分で見てかっこいいと思いますか?」と質問が。三浦は「初めての映像として納めていただいたのですが、正直…イケているなと思いました(笑)」と笑顔で答えた。

さらに会見では、冒頭で三浦が好きだと話していた台湾フルーツが登場し、司会者から“食レポ”を求められる一幕も。パイナップルを試食した三浦は、「すごいジューシーです。甘いですし、日本で食べるものよりも爽やかな甘さがある気がします」と的確にコメント。笑顔で台湾フルーツの数々に舌鼓を打った。

会見の最後では、台湾のファンに向け、「また台湾に戻ってきて、こうしてドラマをPRできることをうれしく思っています。これからも俳優として一生懸命頑張っていきますので、台湾の俳優さんと一緒に何か出来たらいいなと切に願っています」とコメント。日本だけではなく、アジアを舞台にした俳優活動への抱負を語った。

三浦春馬に聞いた、ドラマ『TWO WEEKS』中盤~後半の展望。「オリジナル版を踏襲しつつ、僕たちの強みを出していければ」

三浦春馬に聞いた、ドラマ『TWO WEEKS』中盤~後半の展望。「オリジナル版を踏襲しつつ、僕たちの強みを出していければ」

2019.08.06

【第8話あらすじ】
結城(三浦春馬)、楓(芳根京子)、有馬(三浦貴大)が手を組んだ出頭作戦は見事成功し、灰谷(磯村勇斗)は殺人未遂の現行犯で逮捕される。はな(稲垣来泉)の手術まであと5日、灰谷の自供をもとに、何としても身の潔白を証明したい結城は、その思いを有馬に託す。取り調べで灰谷と対峙した有馬は、これまでの罪を認めさせ、背後にいる柴崎(高嶋政伸)の悪事を暴こうとするが、灰谷はなかなか口を割らない。それどころか、黒幕・早穂子(黒木瞳)からの圧力もかかり…。
圧倒的な力の前に手も足も出ず、八方ふさがりとなった結城は、打開策が見出せずに焦りを覚えていた。するとそこへ、はながすみれ(比嘉愛未)の目を盗んで電話をかけてくる。はなとの会話により、初めて父親として認められた気がしてうれしくなった結城は、「会いたい」と言ってくれる娘のため、次なる一手を思いつく。目をつけたのは、柴崎の片腕であり、クラブオーナーの久留和(池田鉄洋)。結城は、久留和の柴崎への忠誠心を逆手に取り、恐怖心をあおることで揺さぶりをかける。

番組情報

『TWO WEEKS』
毎週火曜夜9時
(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)

原作:『TWO WEEKS』 (©MBC 脚本:ソ・ヒョンギョン)
出演:三浦春馬 芳根京子 比嘉愛未 三浦貴大 稲垣来泉(子役) 近藤公園 鈴木 仁 バッファロー吾郎A 原沙知絵 池田鉄洋 高嶋政伸 黒木 瞳  ほか
脚本:山浦雅大
音楽:木村秀彬
プロデュース:岡光寛子(カンテレ)、白石裕菜(ホリプロ)、平部隆明(ホリプロ)
演出:本橋圭太、木内健人
制作協力:ホリプロ
制作著作:カンテレ

オフィシャルサイト
https://www.ktv.jp/twoweeks/index.html