ドラマ『ランウェイ24』第6話のあらすじ&場面写真が到着! 桃子は”夢と結婚”究極の選択を迫られる

ドラマ『ランウェイ24』第6話のあらすじ&場面写真が到着! 桃子は”夢と結婚”究極の選択を迫られる

朝日放送テレビにて8月25日(日)、テレビ朝日にて8月31日(土)に放送される、ドラマ『ランウェイ24』の第6話のあらすじと場面写真が到着した。

パイロットだった亡き⽗に憧れ、念願の航空業界に就職した副操縦⼠の井上桃⼦役を演じるのは、本作が連続ドラマ初主演となる朝⽐奈 彩。桃⼦の彼氏・海野⼤介役には犬飼貴丈、さらに桃子と同じ会社に中途入社してきた副操縦士・⾹⽉徹也役として白石隼也が出演している。

第6話では、機⻑を夢⾒る桃⼦と⼀流の和菓⼦職⼈を⽬指す⼤介の2⼈についに結婚の意思が芽⽣える。ところが、2⼈の前途に思わぬ障害が発⽣。⼦どもの頃から抱き続けた⼤空への夢か、それとも⼤介との結婚か……。桃⼦は究極の選択を迫られる!

【第6話あらすじ】
井上桃⼦(朝⽐奈 彩)は和菓⼦職⼈を⽬指す恋⼈の海野⼤介(⽝飼貴丈)とともに、⼤介の実家を初めて訪れる。江⼾時代から続く⽼舗和菓⼦店の趣に圧倒される桃⼦だが、⼤介の姉・松美(渡辺 舞)にいつもの笑顔で挨拶。機⻑になる夢への思いも熱く語る。⽗親で店主の貴介(渡辺裕之)には会えなかったが、桃⼦は共に夢を追い⽀え合う⼤介との「結婚」を意識し始める。また、Peachの社内ではライバルの⾹⽉徹也(⽩⽯隼也)を差し置き、桃⼦の⾶⾏技術や操縦⼠としての素質が評価され始め、桃⼦はまさに絶好調の勢いだ。
そんな中、松美が突然、職場に桃⼦を訪ねてくる。桃⼦は予想外の⾔葉を松美から告げられ……。その晩、桃⼦は⼤介に⼿作りの⼣飯をふるまう予定でいたが、⼤介は姿を⾒せなかった……。

番組情報

ドラマL 『ランウェイ24』
朝日放送テレビ
8月25日(日)23時35分放送
テレビ朝⽇(関東)
8⽉31⽇(⼟)深夜2時55分〜3時25分(予定)
※放送時間変更の可能性あり
※ほか地域でも放送
※地上波放送後より、TVer・GYAO!にて配信

【CAST】
井上桃⼦:朝⽐奈 彩
海野⼤介:⽝飼貴丈
⼭村⼀郎:ko-dai(Sonar Pocket)
浅野あかり:傳⾕英⾥⾹
齋藤奈々⼦:蜂⾕晏海
常連のおばちゃん:⼤島蓉⼦
常連の若者:吉村卓也
⾼⽊ 健:後藤剛範
⼤貫隆⾏:⻑友郁真
新開浩平:⻑⾕川朝晴
淀川CEO:⼩倉久寛
⾹⽉徹也:⽩⽯隼也
ほか

【STAFF】
脚本:奥⼭雄太
チーフプロデューサー:近藤真広(ABCテレビ)
プロデューサー:⼤畑拓也(ABCテレビ)、清家優輝(ファインエンターテイメント)
監督:松本花奈
制作協⼒:ファインエンターテイメント
制作著作:ABCテレビ

オフィシャルサイト
https://www.asahi.co.jp/runway24/