西部開拓時代の平和な日常を襲う悲劇の始まり…。クリスチャン・ベール主演映画『荒野の誓い』冒頭映像解禁

西部開拓時代の平和な日常を襲う悲劇の始まり…。クリスチャン・ベール主演映画『荒野の誓い』冒頭映像解禁

9月6日(金)より公開される、映画『荒野の誓い』の冒頭映像が解禁となった。

本作は、産業革命によって急激な変化を遂げつつある、1892年アメリカ西部の開拓地を舞台にした、『悪党に粛清を』『ある決闘 セントヘレナの掟』に続くウェスタン・ノワール第3弾。『ブラック・スキャンダル』『ファーナス/訣別の朝』のスコット・クーパーがメガホンを取り、主演クリスチャン・ベールのほか、ロザムンド・パイク、ウェス・ステューディが出演する。

今回解禁されたのは、監督やスタッフが尽力して描いたコマンチ族の襲撃シーンを描いた冒頭映像。ほぼ全てのコマンチ族は1872年までに米軍によって保留地へ強制的に移動させられたのだが、1892年を舞台にする本作に登場するコマンチ族は、20年もの間拘束を逃れ、南西部の平原を越えながら復讐を続けた。今回クーパー監督は、そんなコマンチ族の殺戮により家族を失ったトラウマを持つロザリー・クエイド(ロザムンド・パイク)と、ブロッカー(クリスチャン・ベール)の一行を狙うコマンチ族を描くにあたり、彼らの暴力的な行為により埋もれた一片の歴史を紐解いた。

本作のコマンチ族のコンサルタントであるウィリアム・ヴォールカーは、製作者たちがこの物議を醸す役柄の行動や、言語、服装、馬術を高く評価し、注意深く考慮したことに感銘を受けたという。そして、ウィリアム・ヴォールカーは「決して黙従せず、政府に屈しなかったコマンチ族は、全く留意されることはありませんでした。それに、皆が正確に演じようとする努力を払うのに意欲的、且つ寛容であったことに誇りを覚える一方で、はじめの頃に一つ少しだけ面白いことがあったのを思い出します。それは、スコットがコマンチ族が冷酷だと認識されていることについて申し訳なさそうだったことです。私たちは自分たちの歴史を取り繕おうとしているわけではありません。その人々は血に飢えていました。私たちは全てを失い、自由を失ったことに非常に腹を立てていたのです」と語った。

【STORY】
1892年アメリカ。産業革命によって辺境の地が急速に開拓地や街へと変貌を遂げつつあるニューメキシコ州。インディアン戦争の英雄で、現在は看守を務める騎兵大尉のジョー・ブロッカー(クリスチャン・ベール)は、かつて宿敵関係にあり、寿命僅かなシャイアン族の長イエロー・ホーク(ウェス・ステューディ)とその家族を、部族の所有地があるモンタナ州へ護送する任務に就く。道中にコマンチ族の殺戮により家族を失ったトラウマを持つロザリー・クウェイド(ロザムンド・パイク)と出会い、彼女もこの一触即発の旅に加わることに。一行は厳しい辺境地をなんとか乗り越え、1,000マイルほど移動した頃、遂にお互いの協力なしでは生きていけない状況に陥ってしまう。果たして彼らは敵意と恐怖心を押し殺し、手を取り合い、目的地まで辿り着くことができるのだろうか。

作品情報

『荒野の誓い』
9月6日(金)より新宿バルト9ほか全国公開

出演:クリスチャン・ベール、ロザムンド・パイク、ウェス・ステューディ、ベン・フォスター、ティモシー・シャラメ
監督・脚本・製作:スコット・クーパー
撮影:マサノブ・タカヤナギ
2017/アメリカ/135分/英語・シャイアン/シネマスコープ/DCP5.1ch/原題:HOSTILES
配給:クロックワークス/STAR CHANNEL MOVIES
提供:東北新社

© 2017 YLK Distribution LLC. All rights reserved.

オフィシャルサイト
http://kouyanochikai.com/