『SAO アリシゼーション』最新映像が公開される「Anime Expo 2019」ステージの生中継が決定

『SAO アリシゼーション』最新映像が公開される「Anime Expo 2019」ステージの生中継が決定

アメリカ・ロサンゼルスのアニメイベント「Anime Expo 2019」 にて、日本時間7月7日(日) (現地時間7月6日(土))に開催される『SAO アリシゼーション』ステージの生中継が決定した。

なお、ステージではスタッフ陣によるトークショーやライブドローイングを実施。10月より放送される、最新作『SAO アリシゼーション War of Underworld』の最新ティザー映像も公開される。

配信情報

Anime Expo 2019
Sword Art Online Alicization Special Event
開催時間(日本時間):7月7日(日)8:00~9:30
ゲスト:小野 学、足立慎吾、丹羽将己、Alex von David(英語版監督)
MC:Bryce Papenbrook(英語版キリト役)、Cherami Leigh(英語版アスナ役)
配信サイト:
・YouTubeチャンネル
http://youtube.com/animeexpo
・「Anime Expo」サイト
http://www.anime-expo.org/live/
・Twitch
http://twitch.tv/animeexpo

イベント情報

「ソードアート・オンライン -エクスクロニクル」
会場:秋葉原UDX 2F AKIBA_SQUARE
会期:8月4日(日)~18日(日)

【チケット】
<最終先行受付>
受付期間:~6月30日(日)23:59
料金:
・オリジナルグッズ付き入場券 3,000円(税込)

※グッズ:特製ブックレット・パスケース(ネックストラップ付)
・通常入場券 1,500円(税込)

イベントオフィシャルサイト
https://sao-ex-chronicle.com/

【STORY】
「ここは……どこだ……?」
気づけばキリトは、なぜか壮大なファンタジーテイストの仮想世界にフルダイブしていた。
ログイン直前の記憶があやふやなまま、手がかりを求めて辺りを彷徨う。
そして、漆黒の巨木《ギガスシダー》のもとにたどり着いた彼は、一人の少年と出会う。

「僕の名前はユージオ。よろしく、キリト君」
少年は、仮想世界の住人――《NPC》にもかかわらず、人間と同じ《感情の豊かさ》を持ち合わせていた。

ユージオと親交を深めながら、この世界からのログアウトを模索するキリト。そんな彼の脳裏に、ある記憶がよみがえる。
それは、幼少期のキリトとユージオが野山を駆け回る想い出――本来、あるはずのない記憶。
更にその想い出には、ユージオともう一人、金色の髪を持つ少女の姿があった。
名前は、アリス。
絶対に忘れてはいけないはずの、大切な名前――

作品情報

『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』
2019年10月より放送開始

【STAFF】
原作:川原 礫(「電撃文庫」刊)
原作イラスト・キャラクターデザイン原案:abec
監督:小野 学
キャラクターデザイン:足立慎吾、鈴木 豪、西口智也
助監督:佐久間貴史
総作画監督:鈴木 豪、西口智也
プロップデザイン:早川麻美、伊藤公規
モンスターデザイン:河野敏弥
アクション作画監督:菅野芳弘、竹内哲也
美術監督:小川友佳子、渡辺佳人
美術設定:森岡賢一、谷内優穂
色彩設計:中野尚美
撮影監督:脇 顯太朗、林 賢太
モーショングラフィックス:大城丈宗
CG監督:雲藤隆太
編集:近藤勇二
音響監督:岩浪美和
効果:小山恭正
音響制作:ソニルード
音楽:梶浦由記
プロデュース:EGG FIRM ストレートエッジ
制作:A-1 Pictures
製作:SAO-A Project

【CAST】
キリト(桐ヶ谷和人):松岡禎丞
アスナ(結城明日奈):戸松 遥
アリス:茅野愛衣
ユージオ:島﨑信長

©2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

『ソードアート・オンライン アリシゼーション』オフィシャルサイト
https://sao-alicization.net/

原作小説『ソードアート・オンライン』