唐沢寿明、所 ジョージ、竜星 涼、ダイアモンド☆ユカイが集結! 映画『トイ・ストーリー4』ジョシュ・クーリー監督&プロデューサー来日イベント開催

唐沢寿明、所 ジョージ、竜星 涼、ダイアモンド☆ユカイが集結! 映画『トイ・ストーリー4』ジョシュ・クーリー監督&プロデューサー来日イベント開催

ディズニー/ピクサーの大傑作「トイ・ストーリー」シリーズ最新作となる『トイ・ストーリー4』の来日イベントが、6月27日に開催された。イベントには、来日を果たしたジョシュ・クーリー監督とマーク・ニールセンプロデューサー、そして日本版声優のウッディ役・唐沢寿明、バズ役・所 ジョージ、手作りおもちゃフォーキー役・竜星 涼、一作目から日本版主題歌を担当するダイアモンド☆ユカイら超豪華キャスト陣が集結した。

まずは、クーリー監督とニールセンプロデューサーが大きな拍手に迎えられて登場。ピクサーの【過去作を上回る“語るべき物語”がある場合以外は続編を作らない】という信念の基に描かれた本作だが、クーリー監督は「僕も『トイ・ストーリー3』で終わりだと思っていましたが、実はウッディとアンディの話が終わっただけだと気づいたんです。ウッディにはまだ描くべきことがあると思ったら、とてもわくわくしました」と意外な制作のきっかけを明かした。本作で描かれる2人の関係性についてクーリー監督は「『トイ・ストーリー』でウッディとバズは、意見が合わないときもあったり、いろんな経験をして親友になりました。二人の友情は本作でも続きます。ラストにはとても感動的な結末が待っており、二人の友情なくしては成立しない物語になっています。」と太鼓判。

さらに世代や国境を越えて愛され続ける「トイ・ストーリー」シリーズの魅力は“キャラクター”だそうで、世代を問わず観た人の心に響く理由についてニールセンプロデューサーは「とくにウッディとバズのキャラクターたちと一緒に、私たちは25年間一緒に人生を歩んできました。だからこそ『トイ・ストーリー』は感情的に深くつながっている作品なんだと思います。昔の友達に会うような気持ちで見て頂いていて、誰もが共感できる部分があるからだと思います」と話した。

そんな監督とプロデューサーへのプレゼントとして、ダイアモンド✡ユカイが歌い上げた日本版主題歌「君はともだち」に監督らも聴き入り、感動。歌い終えたユカイは「歌い続けてきて、歌えば歌うほどこの曲とともに成長し、もはや人生の一部です。歌うほど新しい感動があり大好きな曲です」と曲への深い愛を交えて語った。

そしていよいよ唐沢、所、竜星も大歓声とともに登場。23年以上も声優を務める唐沢は、本作で描かれるウッディとバズの友情について聞かれると「一作目ではウッディがバズに対して嫉妬しているんですよね。本作ではウッディが成長していて、バズも『心の声に従うんだ』とか言って、二人の関係もどんどん変化していました」と言うと、所は「唐沢さんは真面目でウッディそのもの。私なんかバズみたいに思い込みだけで生きていて、バズに合わせていってる感じだよ」と、二人ならではの掛け合いで笑いを誘った。ウッディの新しい冒険のきっかけになる新しいおもちゃのフォーキーについて竜星は「フォーキーは愛嬌があって憎めないキャラクター。映像を見ていて普段の自分じゃだめだと思ったので、生まれたての赤ちゃんのような感覚で声を出すことを心掛けました」と魅力を力説した。

続いて、「トイ・ストーリー」シリーズが大人からも愛される理由を唐沢が「持ち主の子供が大学生になったら小さい子におもちゃをあげたり成長していくんですよね。だから一作目から見ている人は映画と一緒に成長していると思う。子供の頃から見ている人が家族を持って、子供と一緒に3世代くらいで観られるのが魅力」とコメント。所は「キャラやストーリーは子供にうけるし、絵の作りこみの素晴らしさは大人に刺さると思う」と答え、ユカイも「大人が見て勇気づけられる。必ず愛される作品だと思う」と語ると、クーリー監督は「まさにその通り。みなさんのコメントに胸を打たれました。作品への大きな愛を感じましたし皆さんにかかわっていただき光栄です」と感極まっていた。

さらに、劇中に登場するおもちゃのフォーキーをキャスト陣で制作することに。巨大な先割れスプーンが登場する中、所がリーダーシップを発揮し、苦戦しながらも全員で世界でたった一つのオリジナルフォーキーを作り上げた。竜星は「フォーキーは手作りおもちゃですから、オリジナルで作るのはいいですね」と言い、唐沢も「目の位置で顔つきが変わっちゃうから難しい。でも自分で作ると面白いよね」と出来栄えに大満足だったよう。所は「大人6人が真面目に作ってこれですよ(笑)子供の方がよく作れるとか言わないでね」と会場から笑いを誘った。

そして最後に唐沢は「『トイ・ストーリー』の新しい世界が始まる作品です。ぜひご家族で楽しんでください」、クーリー監督は「この映画にはたくさんの愛を込めて制作しました。ぜひご家族や友人と一緒に楽しんでほしいです」と日本のファンに向けてメッセージを寄せた。

映画『トイ・ストーリー4』は7月12日(金)に日本公開。

【STORY】
“おもちゃにとって大切なのは子供のそばにいること”──新たな持ち主ボニーを見守るウッディ、バズらの前に現れたのは彼女の一番のお気に入りで手作りおもちゃのフォーキー。彼は自分をゴミだと思い込み逃げ出してしまう…。ボニーのためにフォーキーを救おうとするウッディを待ち受けていたのは、一度も愛されたことのないおもちゃや、かつての仲間ボーとの運命的な出会い、そしてスリルあふれる遊園地での壮大な冒険だった。見たことのない新しい世界で、最後にウッディが選んだ“驚くべき決断”とは…? 世界中が涙した前作を超える、「トイ・ストーリー」史上最大の感動のアドベンチャー。その結末は、あなたの想像を超える──。

作品情報

『トイ・ストーリー4』
7月12日(金) 全国ロードショー

監督:ジョシュ・クーリー
製作:ジョナス・リヴェラ
全米公開日:2019年6月21日
原題:Toy Story 4
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

オフィシャルサイト
https://www.disney.co.jp/movie/toy4.html