大泉 洋 主演日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』に若手女優・阿部純子が出演決定

大泉 洋 主演日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』に若手女優・阿部純子が出演決定

大泉 洋が主演を務める、7月スタートのTBS日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』に、若手女優・阿部純子の出演が決定した。

原作は池井戸 潤の同名小説で、今夏刊行予定の書き下ろしの新作。映画『七つの会議』をはじめ、「半沢直樹」シリーズ、『陸王』「下町ロケット」シリーズなど数々のヒットドラマの原作となる小説を生み出してきた池井戸の新作が早くも映像化される。

主人公で、大手自動車メーカー「トキワ自動車」の中堅サラリーマン・君嶋隼人を演じるのは大泉 洋。君嶋は出世レースの先頭に立ち幹部候補とまで言われていたが、上司が主導する企業買収に異を唱えた結果、本社から府中工場に飛ばされてしまう。加えて、成績不振と巨額の赤字にあえぐ、トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務させられることに。本作では、そんな出世の道を絶たれた君嶋の、再起をかけた戦いが描かれる。

そして阿部が演じるのは、トキワ自動車海外事業部員・藤島レナ。トキワ自動車内でも数少ないアストロズの熱狂的ファンで、なかでも浜畑 譲(廣瀬俊朗)のファンだ。そんな彼女の元に七尾圭太(眞栄田郷敦)という新人がやってきたことから物語は動き始め、レナの言動が七尾を、やがてはアストロズを動かすことになる。

【阿部純子 コメント】
伝統ある日曜劇場に出演させていただく日がついにやって来たんだと思い、今は胸がいっぱいです。大泉 洋さんをはじめ、素敵な出演者の皆さんとの共演は、とても心強く、わたしもこのチームの一員として期待に応えられるよう、一生懸命ついていこうと意気込んでいます。

そして、池井戸潤さんの原作。グイグイ引き込まれてしまい、一気に読んでしまいました。わたしは、原作にも登場する、藤島レナ役で出演します。ラグビーチームを熱く応援する姿は、ひたむきで、まっすぐ。わたしもそんなレナの明るさやエネルギーに勇気付けられながら演じていくぞ! と思っています。視聴者の皆さんと共に、アストロズ、そして、『ノーサイド・ゲーム』を盛り上げられるよう、頑張りたいです。応援よろしくお願いします!

作品情報

日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』
2019年7月スタート 毎週日曜よる9時~9時54分

出演:大泉 洋 松 たか子 中村芝翫 上川隆也 笹本玲奈 大谷亮平 ほか
製作著作:TBS
原作:池井戸 潤「ノーサイド」(今夏刊行予定)
脚本:丑尾健太郎 ほか
演出:福澤克雄 ほか
プロデューサー:伊與田英徳 ほか