椎名桔平主演サスペンス『連続ドラマW 神の手』第1話が期間限定で無料配信中! 新たな場面写真も解禁

椎名桔平主演サスペンス『連続ドラマW 神の手』第1話が期間限定で無料配信中! 新たな場面写真も解禁

6月23日(日)よりWOWOWにて放送開始された、100年時代を迎える日本に現代医療の在り方を問う社会派サスペンス『連続ドラマW 神の手』の第1話が、なんとオフィシャルサイト&YouTubeにて無料配信中。新たな場面写真も公開された。

原作は、患者本人をはじめ医師や家族など立場の違う、それぞれの考えや葛藤を交差させながら「人の死を人が扱う」という答えの出ない問題を題材にした久坂部 羊の同名小説。主演・椎名桔平と久坂部は医療ドラマ『破裂』に続き、2作目のタッグとなり、監督は映画『キセキ-あの日のソビト-』や『泣くな赤鬼』の兼重 淳、脚本は田中洋史、幸 修司が務める。

なお、第1話の無料配信は6月30日(日)22時まで。主演の椎名をはじめ、久坂部(原作)、 加納貴治(プロデューサー)、そして現役の外科医・山本健人からのコメントも到着したので、ぜひチェックしてほしい。

【主演・椎名桔平コメント】
安楽死というものに意を決して向き合い、このドラマの世界にどっぷり入っていこうという気持ちで撮影に入りました。普段は見て見ぬふりをしたり、なるべく避けて通るような死についての問題。スイスなど一部の国では安楽死が認められていますし、日本も近い将来そうなるかもしれません。今、死について考えるということは大事だと思います。人は必ず死ぬということを考えたら、どう死ぬか、そして、それはどう生きるかにつながってくる。このドラマを通してご家族や友人と有意義な会話を生むきっかけになれば、こんな嬉しいことはないと思っています。

【久坂部 羊(原作)コメント】
(ドラマに登場する)21歳の肛門がんの患者さんのエピソードは私が実際の経験に基づいています。誰でも1回は死にます。1回しか死ねないんで、ぶっつけ本番です。死ぬことを考えるのは不吉だと思うかもしれないけど、上手に死ぬ為には向き合って準備する必要があります。死について考えているうちに慣れてきて、あまり嫌ではなくなると思いますので、この作品を見てぜひ死に向き合って自分の死に方をイメージして考えていただければと思います。

【加納貴治(プロデューサー)コメント】
今まで製作した医療ドラマは、お医者さんが医療行為をして、患者さんを救うことを前提にしたドラマが多いと思います。今回は、患者さんが亡くなるところを大きなポイントにしました。人生100年時代や超高齢化社会といった社会背景を受けて、誰もが迎える人生の終焉について考えるきっかけになれば、という想いで製作しました。

【山本健人(外科医)コメント】
安楽死に関して重要な問題を提示する素晴らしいドラマだと感じました。安楽死は、「正しい」「誤り」といったシンプルな二元論では語れない重要な問題だと思います。例えば、安楽死が認められると「周囲に迷惑をかけるから」という理由で死を望む人が現れたり、本来、疼痛緩和などの緩和ケアによって避けられるはずの死が軽視されたりする恐れがあります。また、手を下した医師の精神的なケアも問題になります。ドラマでも、白川医師は自らの判断が正しかったのかと一生悩むことになるでしょう。ドラマ『神の手』は、こうした状況をリアルに描くことで、困難な課題を私たちに突きつけているのだと思います。

【STORY】
外科医の白川泰生(椎名)は、21歳の末期ガン患者・古林章太郎に対しあらゆる手段を尽くした末、最後に安楽死の処置を選んだ。メディアでも発言権のあるジャーナリストで章太郎の母・康代はそれを告発。殺人か過失致死かで連日取り沙汰される中、かねてより議論されていた安楽死の法制化が現実味を帯びる。背後で蠢く法案成立と日本の抜本的な医療改革を企てる団体、そして反対派の医師やマスコミを使って安楽死法案の阻止を図る康代。白川はやがて激流に呑み込まれていく。

番組情報

『連続ドラマW 神の手』
6月23日(日)放送

原作:久坂部 羊「神の手」(幻冬舎文庫)
監督:兼重 淳
脚本:田中洋史/幸 修司
音楽:横山 克
出演:椎名桔平、杉本哲太、鈴木砂羽 ・ 北村有起哉、星野真里/芦名 星、葉山奨之、井上 肇、坂井真紀、杉本哲太/近藤正臣

番組ページ
https://www.wowow.co.jp/dramaw/kaminote/

原作小説:久坂部 羊『神の手』上巻

下巻