椎名桔平、“大きな選択・決断”について言及。『連続ドラマW 神の手』完成披露試写会&舞台挨拶が開催

椎名桔平、“大きな選択・決断”について言及。『連続ドラマW 神の手』完成披露試写会&舞台挨拶が開催

6月23日(日)よりWOWOWにて放送される『連続ドラマW 神の手』の完成披露試写会&舞台挨拶が、6月20日に東京・スペースFS汐留にて開催。主演の椎名桔平をはじめ、杉本哲太、鈴木砂羽、北村有起哉、兼重 淳(監督)が登壇した。

本作は、現役医師でベストセラー作家・久坂部羊による小説を原作とする、安楽死をテーマに“人の死を人が扱う”という答えの出ない問題を提起したドラマ。

そんな本作において、苦渋の選択で患者・章太郎に安楽死を施す外科医・白川泰生役を演じる椎名と、医局制度に不満を持つ白川の同僚・山名啓介役を演じる杉本は、四半世紀を超える付き合いだという。椎名は「付き合いは30年くらいですね。Vシネマが全盛期のころが最初かな。哲太くんが主演で僕はまだ世に出ていなかった」と回想。すると、杉本も「物凄い目つきの悪い男が来たぞ、と思った」と笑わせつつ「今回のドラマでは大学からの付き合いという設定だったので、プライベートでの長い付き合いの下地があったのでやりやすかった」と笑顔を浮かべた。

章太郎の母で著名なジャーナリスト・古林康代役の鈴木は、「椎名さんとの共演は久しぶりだし、対立する役柄なので緊張した」とコメント。そのいっぽうで、「椎名さんは話せば話すほど打ち明ける人だと思い出して『飲みに行くんですか~?』とか聞いていたら、ジンギスカンの話をしてくれた。そこから笑顔が増えた。もっと食べ物の話をすればよかったなぁ」と役柄とは相反するエピソードを話し、思い出し笑い。それについて椎名は、「僕はそんなに久しぶり感はなかったですね。鈴木さんは明るい人なので、勝手に親近感を持っていました」と共演の印象を振り返った。

医療行政の改革を目的とした団体“JAMO”を設立した心臓外科医・新見偵一役の北村は、「演じる上でイメージしたのはスティーブ・ジョブズ」と明かしつつ、「実は撮影時期は5月の大型連休でした。全部そこに撮影が入っていたので『何が大型連休だ!』と思った」と笑い飛ばし、シリアスなドラマの内容とは裏腹の明るいエピソードを披露。

続いて、ドラマの内容にちなんで“大きな選択・決断”について聞かれた杉本は、「酒屋に行って1,000円の赤ワインを買うか、それとも5,000円のものを買うか…苦渋の選択を毎日していますよ」と明かした。さらに、最近駅から11分ほどの場所に引っ越したという鈴木は、「傘を持つか、自転車で行くか、カッパを着るか、毎日その決断」と紹介。北村は「この撮影現場で禁煙を破ってしまいました。ある意味良くない選択ですね」と苦笑いした。いっぽう、健康を意識しているという椎名は、自転車を買おうとしたことを大きな決断に挙げて、「初心貫徹でマウンテンバイクにしようと思っていたけれど、最近の電動自転車の機能を聞いたら…電動自転車にしました!」と見事なオチをつけて、会場を笑いで包んだ。

また 、2020年東京オリンピックの話題になると、1964年生まれの椎名は「自分の人生にとって二度目のオリンピックなので、観に行きたいですね。どうにかチケットをもらえないですかね? どの競技でもいいから行きたい。チケットを譲ってもらうこと、それが来年の夢です!」と他力本願な抱負を告白。対して、北村が「オリンピックの開会式のセレモニーにはその国の一大絵巻がある。それには演劇関係者が出ると思うので、自分もそこに参加して戦国時代の武将をやってみたい」と役者としての関わりを期待すると、鈴木も便乗し「私は足軽役で」とボケてみせた。

最後に、兼重監督が「一日で撮るページ数も多くて、難しいセリフも多かったけれど、キャストのみなさんがしっかりやってくれて感謝しています」と言及。椎名は「みんなにとって、避けては通れない問題を突きつけるドラマです。しかしこれは是が非でも考えていくことが大事。どうやって最期を迎えるのか、私も親をみて考えました」と語りつつ、「難しいことですが、真剣な眼差しでドラマを見ていただくのが僕から望むことです。家族同士でも触れにくい問題だけれど、このドラマが家族間での有意義な会話を生むきっかけになれば嬉しい」と期待を込めた。

なお、6月23日(日)あさ11時から同日よる10時まで(第1話放送後から第2話の放送前まで)、『神の手』オフィシャルサイトおよび WOWOWオフィシャルYouTube のオンラインで、第1話が無料配信される。

【STORY】
外科医の白川泰生(椎名)は、21歳の末期ガン患者・古林章太郎に対しあらゆる手段を尽くした末、最後に安楽死の処置を選んだ。メディアでも発言権のあるジャーナリストで章太郎の母・康代はそれを告発。殺人か過失致死かで連日取り沙汰される中、かねてより議論されていた安楽死の法制化が現実味を帯びる。背後で蠢く法案成立と日本の抜本的な医療改革を企てる団体、そして反対派の医師やマスコミを使って安楽死法案の阻止を図る康代。白川はやがて激流に呑み込まれていく。

番組情報

『連続ドラマW 神の手』
6月23日(日)放送

原作:久坂部 羊「神の手」(幻冬舎文庫)
監督:兼重 淳
脚本:田中洋史/幸 修司
音楽:横山 克
出演:椎名桔平、杉本哲太、鈴木砂羽 ・ 北村有起哉、星野真里/芦名 星、葉山奨之、井上 肇、坂井真紀、杉本哲太/近藤正臣

オフィシャルサイト
https://www.wowow.co.jp/dramaw/kaminote/

原作小説:久坂部 羊『神の手』上巻

下巻