岸井ゆきの主演映画『愛がなんだ』アジア最大規模「第22回上海国際映画祭」パノラマ部門に正式招待!

岸井ゆきの主演映画『愛がなんだ』アジア最大規模「第22回上海国際映画祭」パノラマ部門に正式招待!

岸井ゆきの主演映画『愛がなんだ』が、アジア最大級の規模を誇る映画祭「第22回上海国際映画祭」(6月15日(土)~6月24 日(月)開催)のパノラマ部門に正式招待されることが決定した。

今回、本作が出品されるのはパノラマ部門の中でも世界中の映画祭で数々の賞を受賞した映画だけが出品される「VIVA LA FESTIVAL」。本年度の「VIVA LA FESTIVAL」の中では唯一の日本映画となっている。すでに同じく今泉力哉監督の『アイネクライネナハトムジーク』も日本映画唯一のコンペティション部門での出品も決まっているなど、同監督作品として2作品での参加を予定。なお、本映画祭での上映は6月22 日(土)(現地時間)に決定し、今泉監督と前原美野里プロデューサーによる舞台挨拶も予定している。

【今泉監督コメント】
「コンペティション部門に選ばれた『アイネクライネナハトムジーク』に続いて『愛がなんだ』もパノラマ部門に招待されたと聞き、非常に喜んでおります。このまっすぐな愛の物語が上海の観客にどのように届くのか。海外でも見た人たちの中でも自分語りが起こるのか。賛否が生まれること望んでいる自分もいます。どきどきです。今泉力哉」

【STORY】
映画の主人公は28歳のOLテルコ。彼女は一目ぼれしたマモルに想いを寄せている。自分の時間のすべてをマモルに捧げ、その結果、仕事を失いかけても、親友に冷たい目で見られても、マモルがいてくれるならテルコはこの上なく幸せだと思っている。けれど、マモルにとって、テルコはただ都合のいい女でしかない。そのことをわかっているテルコは今の関係を保つことに必死で自分からは一切連絡をしないし、決して「好き」とは伝えない。しかし、そんなある日、マモルからの連絡が突然途絶えてしまう…。3ヶ月が経ったころ、マモルから急に電話がかかってきて、会いにいくと、彼の隣には年上の女性、すみれがいた…。

作品情報

映画『愛がなんだ』
大ヒット公開中!

原作:角田光代「愛がなんだ」(角川文庫刊)
監督:今泉力哉
出演:岸井ゆきの 成田 凌 深川麻衣 若葉竜也 片岡礼子 筒井真理子/江口のりこ
配給:エレファントハウス
©️2019映画「愛がなんだ」製作委員会   

『愛がなんだ』原作