TAKAHIRO、俳優として新境地。映画『僕に、会いたかった』本編映像の一部が解禁

TAKAHIRO、俳優として新境地。映画『僕に、会いたかった』本編映像の一部が解禁

いよいよ5月10日(金)に公開される、EXILEのメインボーカルTAKAHIROが単独初主演を務める、映画『僕に、会いたかった』より、本編映像の一部が解禁された。

本作は、島で一二を争う凄腕の漁師の主人公・池田 徹(TAKAHIRO)が、とある事故をきっかけに記憶を失い、島の人々の優しさに触れるうちに、新しい自分を見つけ出す家族の絆と再生を描く感動の物語。松坂慶子、小市慢太郎のほか、山口まゆ、柴田杏花、板垣瑞生ら今が旬の若手俳優たちが出演。監督は、何気ない日常をとらえる描写力と柔らかな映像センスに定評がある錦織良成がメガホンを取る。

本作では、これまでの華やかなイメージを覆し、12年前に起こった事故がきっかけで記憶を失くした漁師という難役に挑んだTAKAHIRO。劇中で映し出される無精髭を蓄えた寡黙な姿は、TAKAHIRO自身「髭は、変装のためにプライベートでたまに生やすくらい」とコメントするほど貴重な姿。そんな容姿もさることながら、映画を観た人の多くを驚かせるのは、俳優として新境地を切り開いたその演技だ。

今回解禁されたのは、記憶喪失であることを思い悩み、葛藤するTAKAHIRO演じる徹と松坂演じる母との会話が繰り広げられる重要なシーン。漁師であった父との懐かしい思い出を語る母に対し、何も思い出せない徹の切なさ、悲しさ、悔しさといった様々な感情を少ないセリフで見事に表現している。

長編映画初単独主演でこの難しい役どころに挑戦したTAKAHIROは、演じる上で難しかったことについて「寡黙な役で、ほぼセリフがなかったことでしょうか。悲壮感溢れる人物像や面白い性格の人物像といったわかりやすい役だと、その中で浮き沈みを表現しやすいのですが、記憶喪失の方は、これは僕のなかの勝手な想像ですけれど、恐らくずっと無の感情なのではないかと思っています。そこに少し哀愁を醸し出すためにはどういった努力が必要で、どうすればたどり着けるのか…そこがいちばん難しかったです。」とその難しさを明かしている。

また、NHK連続テレビ小説『まんぷく』でヒロイン・安藤サクラの母親役も話題になった名女優、松坂との共演について「幼い頃からずっと映画やテレビで拝見していたので、キャスティングを聞いた時は緊張しました。実際にお会いすると、本当に思い描いていたイメージのまま、すごく温かい方でした。『僕は経験不足なので、足を張ってしまうかと思いますがよろしくお願いします』と言ったら、「楽しくやりましょう」とおっしゃってくださって。松坂さんとのシーンは松坂さんに全て引っ張って頂きました。短期間ではあったのですが、松坂さんの息子になれたことは光栄でしたし、カメラが回っていない時でも、お母さんのようにいろんなことを教えてくださいました。」と語っており、名女優との共演を振り返っている。

作品情報

『僕に、会いたかった』
5月10日(金)TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー

出演:TAKAHIRO
山口まゆ 柴田杏花 板垣瑞生 浦上晟周 小野花梨
宮本裕子 吉野由志子 川村紗也 斉藤陽一郎 清水 宏 山下容莉枝
秋山真太郎 黒川芽以 
小市慢太郎 /松坂慶子
監督:錦織良成
エグゼクティヴ・プロデューサー:EXILE HIRO
脚本:錦織良成 秋山真太郎
音楽:瀬川英史
撮影:金子正人
照明:吉角荘介
録音:西岡正巳 
編集:栗谷川 純
配給:LDH PICTURES

【STORY】
ある事故をきっかけにして、記憶を失った男、徹。その後の日々を優しく見守る、母と島の人々。本島から島へ来る留学生たちとの触れ合いの中で、徹の記憶は蘇るのか? 島の愛は、人の心を救えるのだろうか? その裏側には家族の、温かくも切ない秘密があった。漁に出られなくなった元漁師は島で懸命に今を生きようとするも、「ありがとう」を言いたい人も忘れ、心だけが前に進まない。そんな男を、島の人々の優しさが包み込む。雄大な自然に囲まれた島で、男は“自分自身”を見つけることができるのか? 事故の真相を知った時、男は……。

©2019「僕に、会いたかった」製作委員会

オフィシャルサイト
https://bokuai.jp/