“スター・ウォーズの完結”まであと何日? カウントダウンステージレポート

“スター・ウォーズの完結”まであと何日? カウントダウンステージレポート

『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)』が12月20日(金)日米同時に公開される。シリーズ第1作の『エピソード4』以降、劇中で使われ続けている有名なセリフ“May the FORCE Be With You.”(フォースと共にあらんことを)。このセリフに因み5月4日(May the 4th)に制定された“スター・ウォーズの日”に、「スター・ウォーズ」を盛大にセレブレイトするイベント“STAR WARS DAY”TOKYO 2019が行われた。



“世代を超えて人々をつなぐ、スター・ウォーズ”をテーマに様々なイベントが行われ、これまでの人気キャラクターの登場はもちろん、「スター・ウォーズ」音楽を奏でるライブパフォーマンスにオリジナルアイテムを作成するワークショップ、フォトスポット、スペシャルグッズ・フードと“5月4日限定”で体験できる様々なアクティビティが展開された。



「スター・ウォーズ」の完結ということもあり、GW真っ只中に開催された“STAR WARS DAY”TOKYO 2019には、本作のファン層の幅広さを象徴するかのように老若男女問わず、1日でのべ1万人もの世代を超えたSWファンが集結し過去最大の“スター・ウォーズの日”を盛大にセレブレイトした。



ステージ上には大きなカウントダウンパネルが設置され、PM5:04のカウントダウンに向け、☆Taku Takahashi(m- flo)、カンティーナバンド(フィグリン・ダン&モーダル・ノーズ)が登場し、スペシャル楽曲を披露。スター・ウォーズの世界観を更に盛り上げ、会場に集まったファンも一体となった。演奏を終えると、☆Taku Takahashi はスター・ウォーズの魅力について「世界観が素晴らしいのはもちろん、二世代にわたって楽しめる映画。今日も会場には大人から子供まで多くの方が集まっていますが、当時子供だった僕らが大人になって、それぞれの世代のストーリーがあるなんて本当にすごいと思います」と感慨深くコメントした。



いよいよカウントダウンまで5分となると、サプライズゲストにEXILE MAKIDAI、さらに、ダース・ベイダーを受け継ぐカイロ・レン、ストームトルーパーが登場! スター・ウォーズの歴史とほぼ同い年というMAKIDAIは「子供の時に初めてふれたスペース・ファンタジーで、いろいろな夢を見させてもらいました。壮大な世界観、そして家族のストーリーに魅了され続けています」とスター・ウォーズ愛を語った。



ついにタイマーが5秒前を迎えると、「5、4、3、2、1、フォースと共にあらんことを!」の掛け声と共に、特攻の青色の銀テープが会場全体を彩り、盛り上がりは一気にピークに!来場した多くのファンと共にスター・ウォーズの日を祝福した。

更にステージ上のカウントダウンタイマーが再始動すると、12月20日0:00に日米同時公開となる『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)』の公開に向け、残り229日の数字が刻まれた、新たなカウントダウンが始動した。42年の歴史についに幕を閉じ、シリーズ完結編となる本作について、☆Taku Takahashiは「タイトルの謎が膨らんできた」と興奮収まらぬ様子で話し、MAKIDAIは「スター・ウォーズは世代間を越えた、スカイウォーカー家の物語ということにしっくりきている。どういう風に表現されるのか、すごくワクワクしている」と期待を膨らませた。そして、イベントのラストを飾る「源-Minamoto-」によるスター・ウォーズメドレーが披露されると、壮大なスケールの演奏に会場全体が酔いしれた。最後はMC DJTAROの“May the FORCE Be With You.”(フォースと共にあらんことを)のセリフと共に会場が更なる一体感をみせ、イベントは幕を閉じた。



また、会場には4月30日に74歳でこの世を去った、チューバッカ演じてきたピーター・メイヒューに捧げたチューバッカの等身大パネルとメッセージボードが用意され、亡きピーターを惜しむファンから様々な想いが寄せられ、来場した約1万6,000人のファンが哀悼の意を捧げた。

はるか彼方の銀河系で繰り広げられる、スカイウォーカー家を中心とした壮大なサーガの結末は、“光と闇”のフォースをめぐる最後の決戦に託された──祖父ダース・ベイダーの遺志を受け継ぎ、銀河の圧倒的支配者となったカイロ・レン。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの想いを引き継ぎ、フォースの力を覚醒させたレイ。そして、R2-D2、C-3PO、BB-8ら忠実なドロイドと共に銀河の自由を求めて戦い続ける、生きる英雄レイア将軍、天才パイロットのポー、元ストームトルーパーのフィンら、レジスタンスの同志たち……。さらに、ハン・ソロの永遠の好敵手ランド・カルリジアンもエピソード・シリーズでは『スター・ウォーズエピソード6/ジェダイの帰還』以来の再登場。果たして、彼らを待ち受ける運命とは? そして、いかなるエンディングを迎えるのか? 全世界がその行く末を固唾をのんで見守っている。驚きと感動に満ちた壮大なるフィナーレに向けて、カウントダウンは始まった。

作品情報

『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)』
12月20日(金)全国ロードショー

監督・脚本:J.J.エイブラムス
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
出演
デイジー・リドリー
ジョン・ボイエガ
ビリー・ディー・ウィリアムズ

© 2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.