東 啓介と青野紗穂によるNew Musical『Color of Life』プレビュー公演が開幕!

東 啓介と青野紗穂によるNew Musical『Color of Life』プレビュー公演が開幕!

4月26日に神奈川・相模女子大学グリーンホール 多目的ホールにて、New Musical「Color of Life」のプレビュー公演が開幕した。

『Color of Life』は、New Yorkで開催されるオフ・オフ・ブロードウェイ演劇祭で、最優秀ミュージカル作品賞、最優秀ミュージカル演出賞、最優秀作詞・作曲賞、最優秀ミュージカル主演女優賞を受賞し、大好評を博した。

2016年には、シアターイーストにて、演出家・石丸さち子と音楽家・伊藤靖浩のタッグにより日本初演を果たし、第24回読売演劇大賞上半期「作品賞」と「演出家賞」のベスト5にノミネートされ、2017年には銀座・博品館劇場で再演された。

この度のキャストには、ミュージカルのみならずストレートプレイでも活躍、ノゾエ征爾演出の舞台『命売ります』の主演を務め好評を博した東 啓介、パワフルで確かな歌唱力で、ミュージカル作品に多数出演をしている青野紗穂を迎え、フレッシュで実力派の2人のキャストが、2019年版のNew Musical『Color of Life』を届ける。

本公演は、5月1日(水・祝)から27日(月)まで東京・DDD青山クロスシアターにて上演さるが、それに合わせて、石丸さち子、東 啓介、青野紗穂よりコメントが届いた。

脚本・作詞・演出:石丸さち子 コメント

令和初日の開幕を控えて、本日プレビュー公演の幕が開きます。
対面客席での上演という大胆な変更で、今まで愛されてきたこのミュージカルは、全く新しい魅力を放ちはじめました。
懸命に自分を探したり、愛しい人を思ったり、未来を模索したり、運命を乗り越えようとする時。笑っていても、泣いていても、人間はなんて美しいのだろう、と感じます。
登場人物と俳優、和也/東啓介、レイチェル/青野紗穂、この4人が本当に美しい。
様々な場所に変貌する小空間と七枚の絵で、色と光と影の輝かしい瞬間も生まれています。
新しい『Color of Life』に、どうぞご期待ください。

画家・和也役:東 啓介 コメント

いよいよNew Musical『Color of Life』が始まります。
約一か月間濃密な稽古をしてきました。
果敢に挑み、時には沈む時もありましたが、今日まで上を目指して創り上げてきました。
初共演となる青野紗穂さんと共にこの作品を盛り上げていきたいと思っています。
この作品は出会いの奇跡と自分探しの話だと僕は思っています。
今何かを抱えている人や、これから頑張りたいと思っている人に、誰かと出会いたいという気持ちや、暖かい気持ちになって頂けたらと思います。
そしてこの作品の楽曲が本当に素晴らしいので、楽しみにしていただきたいです。
劇場にてお待ちしております!

女優・レイチェル役:青野紗穂 コメント

舞台の初日を迎える前、いつもはリラックスできているのですが、今回は、程よい緊張感を楽しんでいます!
稽古場でも程よいピリッとした緊張感に包まれ、新しい何かを毎日発見できていたので、幕が開いても毎公演新しい何かが生まれると思っています。
石丸さんは一つ一つの表現に対して、いつも率直に「Yes」か「No」かを丁寧に教えてくださり、そのおかげで毎日新鮮な気持ちで”レイチェル”を生きることができています。
幕が上がるのが本当に楽しみです!
この素敵な「出会いの物語」をぜひ沢山の方に届けられたらと思います。

撮影:岡 千里

公演情報

New Musical 『Color of Life』

プレビュー公演:4月26日(金)相模女子大学グリーンホール 多目的ホール
東京公演:5月1日(水)~5月27日(月)DDD青山クロスシアター

【STORY】
男は画家。大震災を機に、画題を見失ってしまった。
女は女優。心から愛した同性の恋人と死に別れたばかり。
ふたりは、飛行機で偶然隣り合わせになり、惹かれあい、N.Y.の彼女の部屋で一緒に暮らし始める。
二重国籍で同性愛者の彼女と、絵を描くこと以外に世界と繋がる方法のなかった彼は、相手に向き合い、自分と向き合っていく。
パレットの上で混じり合う絵の具のように、人生が響き合い、新しい色が生まれていく。
でも、やがて観光ビザの決めた90 日の猶予が近づいてきて……。

脚本・作詞・演出:石丸さち子
作曲・編曲:伊藤靖浩

出演:東 啓介、青野紗穂

オフィシャルサイト
https://coloroflife.westage.jp/