競泳女子200m優勝の長谷川涼香。はじける笑顔で喜びを報告!

競泳女子200m優勝の長谷川涼香。はじける笑顔で喜びを報告!

4月6日、東京辰巳国際水泳場で競泳の日本選手権が行われ、女子200メートルバタフライの部では長谷川涼香が2分7秒44の記録で2度目の優勝を飾った。

長谷川はリオデジャネイロオリンピックの代表経験を持ち、自己ベストは2分6秒00。しかし昨年は2分7秒台に到達することができず苦しんだ。パンパシフィック選手権では表彰台をあと一歩のところで逃す4位で終了。結果に悩まされる時期を経て、今大会でついに復活を遂げた。予選と5日の準決勝をトップ通過。その勢いのまま優勝を果たした。

大会終了後、自身のInstagramで優勝を報告した長谷川。コメント欄には「おめでとうございます」「自分のベストが出せるように練習もレースも頑張ってください」「いつも応援しています」など、ファンからの温かいコメントが寄せられた。

長谷川は大学に通いながら練習に取り組んでいる。まだ19歳の若者らしくInstagramにはプライベートの投稿も多い。友達とディズニーランドへ行ったり、友達とみんなで写った写真を投稿したり。プライベートでの一面を垣間見ることができる。いつも笑顔を絶やさない彼女は多くのファンに愛されている。

時には海外の競泳選手たちと写真を撮影することもある。左はマディソン・ウィルソン、右はキャメロン・マケボイ、共にオーストラリアの選手だ。

長谷川は今大会で優勝と同時に派遣標準記録もクリアし、7月に韓国で開催される世界選手権に出場することが決定した。
世界選手権の舞台で自己ベスト更新の可能性も見えている。実現すればメダル獲得にも期待がもてるだろう。

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by MY HERO