いきものがかり、「ミルミル」新CMの応援ソング『アイデンティティ』を書き下ろし! CMにも出演

いきものがかり、「ミルミル」新CMの応援ソング『アイデンティティ』を書き下ろし! CMにも出演

いきものがかりが出演する、ミルミルの新TV-CM「ミルミル『届け!ビフィズス菌』篇」(15秒)「ミルミル『届け!ビフィズス菌/ユーザー』篇」(30秒)が、4月12日(金)より全国で放映される。 

本CMでは、いきものがかりが頑張っている人々への応援歌として楽曲『アイデンティティ』を書き下ろし、自らが出演する映像で表現。いきものがかりは本企画の初期段階から参加し、制作チームと一緒にディスカッションを重ねながら、商品やターゲットへの想い、CMの目的などを共有した上で、楽曲を制作。「生命力」を楽曲制作のメインテーマにし、今回の楽曲が完成した。

なお、ミルミルブランドサイトでは限定ムービーも公開。こちらもぜひチェックしてほしい。

撮影エピソード

歌って演奏するいきものがかりの皆さんをクレーンカメラで撮影
撮影にあたり、監督から「一生懸命に生きている人々に向かってエールを送る、サポーターや応援団のようなイメージでお願いします」というリクエストを受けたいきものがかり。本番は、その意図を汲んだ3人の立ち居振る舞いや目線の送り方、歌っている時の表情、ギター演奏のアクションといった所作のすべてを、クレーンカメラでさまざまなアングルから撮影することによって、画面に動きや変化をつけ、すべての人々の背中を力強く後押する映像を追求した。

ロケ地は都会の街並みを一望できるビルの屋上
楽曲『アイデンティティ』の歌詞が、今を懸命に生きている人々のリアルな日常を表現していることから、いきものがかりと「日常を生きる人々と近い世界観の中で表現しよう」と話し合った制作チーム。ロケハンを重ねた結果、東京の街並みが見渡せるビルの屋上で撮影することになった。

吉岡考案の素敵な(?)ダジャレにスタッフ一同大爆笑
今回の撮影で最もテイクを重ねたのが、吉岡が手元の商品を見つめるカット。目線を送る方向違い、同じ演技のバリエーションで、「ミルミル」と「ミルミルS」の2パターンを収録したが、途中で強風が吹くと、髪が舞ってNGになってしまい、何度もリテイクすることに。そうした中でも毎回、ポジティブかつ新鮮な気持ちで撮影に臨んでいた吉岡。離れた位置でモニターを確認中の監督に向かって、両手で頭上に大きな丸を作りながら「OKですかー?」とおどけた様子で訊ねると、今度は本番中にご自身が思いついた、「ミルミル・・・・を見る・・!」というダジャレを披露して周囲の笑いを誘うなど、終始楽しそうに振る舞う彼女の明るさに、現場のスタッフも大いに癒やされていた。

いきものがかりと制作チームで一緒に作り上げた作品
TV-CMおよびオリジナル限定ムービーの最大のポイントは、いきものがかりと一緒に作り上げたという点。企画の初期段階から、いきものがかりをはじめとする関係者が何度もディスカッションする場を設けて、CMの目的はもちろん、映像のイメージや曲のイメージ、さらにはロケ地の選定に至るまで、納得するまで話し合い、アイデアを共有しながら作業を進めていった。結果として、関係者全員が同じ方向を向いたことにより、いきものがかりが楽曲に込めた想いと、「ミルミル」が伝えたいメッセージが一体となったインパクトのある作品に。

ミルミルの旗が美しくはためく映像を演出したチームワーク
映像の中で、ミルミルの象徴である、白地に赤と緑のドットデザインの旗が美しくなびくシーン。自然の風が四方八方から吹く野外撮影において、こちらの都合で旗をなびかせるのは至難の業だが、巨大な送風機などを用いながら、仕掛けを担当するスタッフや美術部のスタッフが協力して、事前に何度もテストを重ね、本番では見事一発OKを獲得していた。

吉岡にバースデーサプライズ! プレゼントは「ミルミル」仕様の特注ケーキ!
すべての撮影を終えた後、間もなく誕生日を迎える吉岡に、スタッフ一同からひと足早いバー
スデーサプライズを敢行。「お誕生日おめでとうございます!」という祝福の言葉と盛大な拍手の中、吉岡の目の前に運ばれてきたのはなんと、「ミルミル」をデザインした特注のデコレーションケーキ。「再現力がすごい!」と、そのリアルな出来栄えに目を丸くした吉岡は、「見てこれ、バーコードも」「注意書きもちゃんと書いてある!すごい!」とはしゃぎまくる水野、山下と一緒に大盛り上がり。さっそくケーキと一緒にみんなで記念写真を撮ると、「皆さん、本当にありがとうございます!」と満面の笑みを浮かべながら、現場を後にした。

「ミルミル」ブランドサイト
https://www.yakult.co.jp/milmil/