千葉哲也、成河、章平が挑む“三つ巴の”会話劇。舞台『BLUE/ORANGE』開幕コメント到着!

千葉哲也、成河、章平が挑む“三つ巴の”会話劇。舞台『BLUE/ORANGE』開幕コメント到着!

小川絵梨子が翻訳、千葉哲也が演出を手がける舞台『BLUE/ORANGE』が、3月29日(金)DDD青山クロスシアターにて開幕した。上演に先駆け行われた囲み会見から出演者のコメントと、フォトコールの写真が届いた。

本作は、ロンドンの精神病院での、ある24時間、ひとりの精神病患者とふたりの医師によって織り成される物語で、権力、エゴ、人種の偏見をめぐる現代の人間の戦いを、手に汗にぎる会話劇で抉り出す。

2000年にイギリスで上演され、2001年にはウェストエンド、2005年にはBBCでドラマ版が放映されるなど大きな反響を呼び、日本でも2010年に初演された。この作品において、境界性人格障害患者の青年・クリスを熱演した成河は第18回読売演劇大賞優秀男優賞を受賞した。

上演されたばかりの再演版には、演出も担当する千葉哲也がロバート医師 役を、成河が研修医・ブルース役と、役柄を替え初演に続き出演しているほか、新たに章平が境界性人格障害患者の青年・クリス役を演じている。

<ブルース・フラハーティ役:成河>
この作品は飾りに飾ったショーアップさせた作品ではなく、3人芝居の会話劇なので、ずっと舞台上でも稽古をしているような感覚です。実際の稽古場でも、千葉さんが舵を取ってくれ、ディベートができていました。 目には見えないけれど、三つ巴の合戦のような関係性があって、公演によって今日はこの人、別の日にはこの人に共感、なんてこともあるかもしれません。客席のつくりが、はさみ舞台になっていて、すごく密な空間なので、お客さんが一番楽しめるんじゃないかな。

<ロバート・スミス役:千葉哲也>
演出家は、あれこれ指示をするものではなく、俳優が持ち出したものを整理する役目だと思っています。稽古場でみんなで持ち寄って試行錯誤してきました。また、英語から日本語への翻訳ってすごく難しいんです。でも小川絵梨子さんの新訳は読んでいてわかりやすく、作品の根としてもある権力や人種差別は、日本でも通じるものがあります。用語や難しい言葉も多いですが、お客さんにはそこだけに気を取られないように、そのときの彼らの表情をしっかり感じてもらいたいです。

<クリストファー役:章平>
成河さんもおっしゃったように、舞台上でずっと稽古しているようで、初めての感覚です。クリストファーは淋しがりやで自分の置かれている環境をいろんな人に認めてもらいたいと思っています。成河さんと千葉さんは、僕が稽古の中でいろんなことを試したり、何をやっても成立させてくれるんです。おふたりにはそんな絶大な信頼と安心感があります。また、はさみ舞台に実際に立ってみて、そこに“存在する力“を貰えたような、エネルギーを感じています。セリフの中でのお気に入りは「ブルーオレンジ」です!

本作は、4月28日(日)までDDD青山クロスシアターにて上演。アフタートークショー付き公演も決定している。詳細は公式サイトにて。

「BLUE/ORANGE」

2019年3月29日(金)~ 4月28日(日)DDD青山クロスシアター

STORY
ロンドンの精神病院。
境界性人格障害のために入院していたアフリカ系の青年クリストファー(章平)は、研修医ブルース・フラハーティ(成河)による治療を終えて退院を迎えようとしている。しかしブルースには気がかりなことがあり、退院させるのは危険だと主張していた。
上司のロバート・スミス医師(千葉哲也)はそれに強く反対し、高圧的な態度で彼をなじる。納得のいかないブルースはクリストファーへの査定を続け、器に盛られたオレンジの色を問う。
彼はそのオレンジを「ブルー」と答えた──。

作:Joe Penhall
翻訳:小川絵梨子
演出:千葉哲也

出演:成河 千葉哲也 章平

公式サイト
公式Twitter(@BLUEORANGE2019)