劇場版『サイコパス』Case.3舞台挨拶で第3期が発表! 関 智一に加え梶 裕貴、中村悠一もサプライズ登場

劇場版『サイコパス』Case.3舞台挨拶で第3期が発表! 関 智一に加え梶 裕貴、中村悠一もサプライズ登場

本日3月8日(金)、TOHOシネマズ六本木ヒルズで『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3 恩讐の彼方に__』の初日舞台挨拶が行われた。本作は、アニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』の劇場版作品で、1月から続く連続上映の第三弾にあたる。

今回の舞台挨拶には、メインキャストである関 智一(狡噛慎也 役)、塩谷直義(監督)が登壇。本作の制作秘話などを語った。また、本日の上映開始に合わせ、ファン待望のアニメ第3期の制作も発表された。公開された新情報については、下記をチェックしてもらいたい。

『PSYCHO-PASS サイコパス 3』制作決定! 梶 裕貴、中村悠一が演じる新キャラクターも明らかに

『PSYCHO-PASS サイコパス 3』制作決定! 梶 裕貴、中村悠一が演じる新キャラクターも明らかに

2019.03.08

塩谷は、既に公開済の『Case.1』『Case.2』について尋ねられると「非常に好調なようで、関係者のみなさんの機嫌がいいんですよ」と笑顔で答えた。そして、今回の『Case.3』で待ちに待った登場となる狡噛慎也を演じる関は「今回は狡噛がばっちりメインビジュアルに映っていますからね」と言いながら、客席に向かって「どうする? これからの話を全部聞いた上で見たい?」など、お得意のユーモアを交えながら作品に関するトークを繰り広げた。

実際の訓練された軍人によるシミュレーションを取り入れるなど、脚本や魅せ方こだわったという『Case.3』。実は、塩谷が脚本を書いている途中、関にアドバイスを貰いにいったというエピソードが明らかになる。監督にとっては、狡噛=関 智一であるということで“狡噛ならこのときどうするか?”という意見を貰ったそうだ。関は冗談を交えつつも「作品の物語そのものが面白かったので、演じることが楽しかったです」とアフレコを振り返った。

そして『PSYCHO-PASS サイコパス』のヒットをお祝いするということで、壇上にくす玉が登場。その中には“祝大ヒット&TVアニメ第三期制作決定!!”と書かれた垂れ幕が入っていた。

第3期では、慎導 灼(しんどう あらた)と、炯(けい)・ミハイル・イグナトフの監視官2人が主人公として登場する。今回、その2人を演じる、梶 裕貴と中村悠一の2名がサプライズゲストとしてステージに姿を見せた。

第3期の未公開の他キャストについては、詳細は明かせずとも盤石の布陣で進んでいるとのこと。塩谷は「ほかの作品大丈夫かな? ってくらいの人たちが集まっています」とファンの期待を高めるコメントを述べた。中村は「アフレコ中にガヤをやるとき、そのために主役級の人たちが立ち上がるんですよ」と収録の模様を語った。

新メンバーとしての感想を尋ねられると、梶は「ゲームで役を演じたことはありましたが、ずっと主役としてお芝居したいと思っていた作品で演じさせていただけることになって嬉しいです」とのこと。中村は「今回は作品には新人として入らせてもらっていますが、現場での監督やスタッフさんのモチベーションも高く、楽しみながらあっという間に過ぎていくアフレコでした」と感想を語った。

最後に塩谷は「新しく場する2人がどう物語に絡むかのか、楽しみにしていただきたいです」と第三期の期待を膨らませるコメントを残した。

中村は「アフレコのほうは従順に進んでおりますので、期待していただければと思います」と述べた。梶は「この素敵な作品、座組に入れたことを幸せに思います。慎導灼を心を込めて演じていますので、中村さんの炯とのバディという部分も楽しんでもらえらたと思います」と語った。関は第三弾の主役となる狡噛について述べたが、いつも通りの冗談半分のコメントをし、客席に笑いを与えて舞台挨拶を終えた。

劇場版はCase.1、Case.2の大ヒットに続き、本日からは待望のCase.3が上映スタート。さらに待っているのはアニメ第3期と、まだまだ『PSYCHO-PASS サイコパス』の世界は広がっていく。今後の動向にも要注目だ。

フォトギャラリー

【作品概要】
正義は、歪んだ世界を照らす。

人間の心理状態を数値化し管理する近未来。犯罪に関する数値〈犯罪係数〉を測定する銃〈ドミネーター〉を持つ刑事たちは、犯罪を犯す前の〈潜在犯〉を追う。

2012年にスタートしたオリジナルTVアニメーション作品『PSYCHO-PASS サイコパス』は、2014年にTVアニメ第二期を放送、2015年に劇場版アニメを公開し、その世界観を広げてきた。
そして2019年――劇場版アニメ三部作としてその物語が動き始める。

これまでのシリーズと劇場版に参加したスタッフが再結集。塩谷直義が監督を務め、アニメーション制作はProduction I.Gが担当する。Case.1の脚本は、『PSYCHO-PASS サイコパス』ノベライズ「PSYCHO-PASS ASYLUM/GENESIS」を執筆した吉上亮が担当。Case.2とCase.3の脚本を、TVアニメ第一期、劇場版の脚本を手掛けた深見真が担うことになった。

3つの物語の舞台は約100年後の日本とアジア――その現在、過去、未来に起きる事件が語られる。事件に立ち向かうのは、規定値を超えた〈犯罪係数〉を計測された〈執行官〉たちと〈シビュラシステム〉が適性を見出したエリート刑事〈監視官〉たち。犯罪を未然に防ぐために必要なものは、猟犬の本能か、狩人の知性か。事件は思わぬ事実を明らかにし、世界のあり方を映し出す。これまで語られていなかった『PSYCHO-PASS サイコパス』のミッシングリンクがついに紐解かれる。

作品情報

『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』
「Case.3 恩讐の彼方に__」公開中

【STAFF】
SSストーリー原案・監督:塩谷直義
脚本:吉上 亮(Case.1)、深見 真(Case.2,3)
キャラクターデザイン:恩田尚之、浅野恭司、阿部恒、青木康浩
アニメーション制作:Production I.G
制作:サイコパス製作委員会
配給:東宝映像事業部

【CAST】
野島健児、佐倉綾音/東地宏樹、有本欽隆/関 智一

『PSYCHO-PASS サイコパス 3』
制作決定、フジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送

【STAFF】
監督:塩谷直義
キャラクター原案:天野明
アニメーション制作:Production I.G
制作:サイコパス製作委員会

【CAST】
慎導灼(しんどう あらた):梶 裕貴
炯(けい)・ミハイル・イグナトフ:中村悠一 ほか

©サイコパス製作委員会

『PSYCHO-PASS サイコパス』オフィシャルサイト
http://psycho-pass.com/
『PSYCHO-PASS サイコパス』オフィシャルTwitter
@psychopass_tv