安田 顕、『AERA』最新号表紙に登場! 主演映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った』への想いを語る

安田 顕、『AERA』最新号表紙に登場! 主演映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った』への想いを語る

2月18日(月)発売の週刊誌『AERA』2月25日号の表紙に安田 顕が登場する。

2月22日(金)に公開される映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った』で主演を務める安田。名脇役として知られる彼が本作では主役を飾り、倍賞美津子、石橋蓮司ら演技派のベテラン俳優と共演している。

インタビューでは、「主役の時は絶対受けなきゃいけない。『自分、自分』だと、作品が壊れちゃいますから。『受ける』ということで、すごく喜びを得られた作品です」「数少ない主演作、せっかくの主演作なのに、『僕を見て』という気持ちが湧き起こらない。倍賞さんを、石橋さんを、みなさん観てください、根底に流れるものを観てくださいと、心から思える作品です」と本作への想いを明かしている。

書籍情報

『AERA』2019年 2/25 号
2月18日(月)発売
表紙:安田 顕
定価:390円

作品情報

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』
2月22日(金)全国順次ロードショー!

出演:安田 顕、松下奈緒、村上 淳、石橋蓮司、倍賞美津子
監督・脚本:大森立嗣
原作:宮川サトシ『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』 (新潮社刊)
音楽:大友良英
主題歌:BEGIN「君の歌はワルツ」(テイチクエンタテインメント/インペリアルレコード)
配給:アスミック・エース  
製作:『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』製作委員会
助成:文化庁文化芸術振興費補助金

©宮川サトシ/新潮社 ©2019「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」製作委員会

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』オフィシャルサイト
http://bokuiko-movie.asmik-ace.co.jp

『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』 原作