あのドラマが2時間ドラマで帰って来た! 杉本哲太・古田新太W主演 月曜名作劇場『今野敏サスペンス 隠蔽捜査~去就~』放送決定

あのドラマが2時間ドラマで帰って来た! 杉本哲太・古田新太W主演 月曜名作劇場『今野敏サスペンス 隠蔽捜査~去就~』放送決定

杉本哲太、古田新太のW主演で、TBS連続ドラマとして2014年1月期に放送された『隠蔽捜査』が、3月11日(月)よる8時から放送される2時間ドラマとして帰ってくる。

原作は今野 敏の「隠蔽捜査」シリーズ。これまで『吉川英治文学新人賞』『山本周五郎賞』『日本推理作家協会賞』、さらに2017年にシリーズ全体で「第2回吉川英治文庫賞」を受賞するなど、数々の賞に輝いた人気作。今回は「小説新潮」で2014年8月号〜2016年2月号連載、2016年7月に単行本となった『去就―隠蔽捜査6―』がドラマ化される。階級や上下の面子に一切こだわらず降格をも恐れない竜崎と、本音と建前を使い分け周囲を気遣い、物事全てに柔軟な対応をする伊丹を軸に、警察内の権力闘争、人間関係、そして家庭の事件を多彩なキャストで描く異色の警察ミステリーだ。

主要キャストは連続ドラマと同じ豪華メンバーが再集結。東大卒で元エリート警察官僚の主人公・竜崎伸也を演じるのは杉本。竜崎は息子の不祥事を自ら申告し、キャリア官僚としては異例の降格人事を受け入れ、大森北署署長として赴任した“変人”と呼ばれる男だ。そしてもう1人の主人公、私立大出身のキャリア、警視庁刑事部長の伊丹俊太郎を演じるのは古田。伊丹は竜崎とは相反して人当たりがよく物分りのいい男。2人は幼馴染で同期でもある。

共演には竜崎の妻・冴子役に鈴木砂羽、アクの強い個性派刑事・戸高善信役に安田 顕、そしてドラマオリジナルキャラクターで、竜崎と伊丹の同期、出世競争で一歩リードしている警察庁長官官房長・上條貴仁役を生瀬勝久が演じる。

【杉本哲太 コメント】
今回は、古田新太さんと2人のシーンから撮影に入りました。そして、ライバル上條役の生瀬勝久さんや、妻役の鈴木砂羽さんと、それぞれ相対する方との撮影を重ねるごとに「あ~そうだった」「こうだった」などと、連続ドラマのころを思い出しながらの楽しい現場となりました。ある意味、僕の演じる“変人”竜崎の言動、行動は一貫しているので、むしろデジャブ感といいますか、変わらなさをスタッフと一緒に味わえたと思います。
また、「去就」というサブタイトルだけあって、ストーリー的には「どうなるんだ?」と僕も思ったぐらいに竜崎の今後や、伊丹とのコンビなどが気になる内容となっています。そういう意味でも『隠蔽捜査』の魅力が2時間に凝縮されていると思いますので、原作のファンだけでなく、初めてご覧になる方もお楽しみいただけると思います。ぜひ、ご期待ください。

【古田新太 コメント】
今回は推理劇の方にかなり重きがあるようで、犯人探しというよりも、トリックとか動機とかが徐々に わかっていく謎解きがドラマチックな内容で非常に面白いと思いました。
また、杉本哲太さんは真面目というわけではないですけれど、生真面目さというか、堅物的なところが竜崎役に合っているなと改めて思いました。変人と呼ばれるくらい堅物の竜崎ですが、それでも伊丹は幼馴染の竜崎を決して嫌いにならないんだろうなっていうのが今回もそこかしこに出ています。そこに生瀬勝久さん演じる同期で出世頭の上條が絡んでどうなるか? が、人間模様も含めて面白いところだと思います。
今野 敏さんの原作ファンの皆さんから、連続ドラマでは伊丹が一番イメージが違うと言われていましたが、今回はそれを払拭できるように頑張りますので、ぜひ楽しみにしてください。

【原作・今野 敏 コメント】
再び『隠蔽捜査』の撮影現場を訪ねることができて、こんなにうれしいことはありません。まさに奇跡の キャスティングだと思っています。連続ドラマの時は、毎週ワクワクして観たものでした。私自身、この ドラマのファンです。こんなに楽しいドラマに出会え、原作者冥利に尽きるというものです。
大変なスケジュールの中、再び役を引き受けてくださったキャストの方々、また果敢にキャスティングに 挑戦してくださったスタッフの方々に、心から感謝しています。
そして、今から放送を楽しみにしています。

【プロデューサー・橘 康仁 コメント】
5年ぶりに『隠蔽捜査』が帰ってきました! 連ドラ撮影時、演出を担当した岡本伸吾さんを中心にスタッフ、キャストの結束も高く、レギュラーキャストが揃ってこのような単発スペシャルが実現したことが本当にうれしくてたまりません。
謎解きやミステリードラマとして楽しめることは勿論、『隠蔽捜査』はそれ以上に人間ドラマが楽しめる 物語だと自負しています。三人の同期、同僚、そして家族。難事件とシンクロしながら、登場人物それぞれに問題が起こりますが、ひとりひとりの登場人物が自分の人生をしっかり生き、その問題に向き合います。善悪が混沌とする状況、そして、そんなままならない状況でも恐れず立ち向かう“勇気“というものを感じてもらえたらと思います。今野敏さんの傑作を再び映像化できる機会を頂きまして、関係者の皆さんに感謝しつつ、自信をもって見応えのあるドラマをお届けしたいと思います!

番組情報

『今野敏サスペンス隠蔽捜査~去就~』
3月11日(月)よる8:00~10:00

製作:TBSスパークル TBS
原作:今野 敏『去就―隠蔽捜査6―』(新潮社)
脚本:小山正太
音楽: 窪田ミナ
プロデューサー:橘 康仁
協力プロデューサー:那須田 淳
演出:岡本伸吾
編成:橋本 孝

【出演者】
竜崎伸也(大森北署 署長)役:杉本哲太
伊丹俊太郎(警視庁 刑事部長)役: 古田新太
                    
戸高善信(大森北署刑事課強行犯係)役:安田 顕
貝沼悦郎 (大森北署副署長)役:松澤一之
竜崎美紀(竜崎の娘)やく:三倉茉奈
斎藤 治(大森北署警務課長)役:八十田勇一
竜崎邦彦(竜崎の息子)役:佐野玲於
                     
寺川真智子(OL)役:佐野ひなこ
根岸紅美(大森北署刑事)役:高山侑子
弓削篤郎(第二方面本部部長)役:菅原大吉
ナレーション:麻実れい
                      
梶 洋太郎(警察庁首席監察官)役:渡辺いっけい
竜崎冴子(竜崎の妻)役: 鈴木砂羽
上條貴仁(警察庁 長官官房長)役: 生瀬勝久

【STORY】
大森北署署長・竜崎伸也(杉本哲太)は、ストーカー 対策チームの編成に追われていた。年々増加傾向にある ストーカー事件で、警察の対応が遅れて殺傷事件に発展してしまうのを防ぐための組織作りへの取り組みをいち早くマスコミ公表したい警察庁長官官房長の上條貴仁(生瀬勝久)は各方面に檄を飛ばす。しかし人選にベストを尽くそうと拘る竜崎だけが期限を守れず「これ以上の遅れは許されない」と督促を受けていた。メンバーに選出した刑事・戸高善信(安田 顕)の了承が得られず難航していたのだ。
時を同じくして竜崎の家庭でも問題が起きていた。妻の冴子(鈴木砂羽)から聞いた話によると、娘・ 美紀(三倉茉奈)が交際相手からストーカー行為を受けているという。その交際相手とは竜崎の元上司の 息子だ。事件は職場でも、家庭でも起きていた。
一方、警視庁刑事部長の伊丹俊太郎(古田新太)も窮地に陥っていた。たまたま乗った電車で痴漢と間違われ、竜崎の部下・根岸紅美(高山侑子)に逮捕され大森北署に連行されてしまう。

そんななか、大森北署管内で殺人事件が発生。被害者とモメていた男女2人が行方不明となる。目撃証言から、行方不明の女性は失踪届が出されている寺川真智子(佐野ひなこ)と推測された。
真智子は、大森北署のストーカー相談窓口に被害の相談をしていたことが判明した。
世間からの強い風当たりを避けようとする上條ら上層部と、事件の解決を最優先しようとする竜崎と伊丹らがまたしても捜査方針を巡って対立することになる。
殺人事件とストーカーは関連があるのか? そして行方 不明の男女2人とは誰なのか?

番組特設サイト
https://www.tbs.co.jp/getsuyou-meisaku/20190311/

原作小説