登坂広臣&中条あやみが「ベルばら」の世界に! 映画『雪の華』、池田理代子描き下ろしオリジナルビジュアル解禁

登坂広臣&中条あやみが「ベルばら」の世界に! 映画『雪の華』、池田理代子描き下ろしオリジナルビジュアル解禁

『ベルサイユのばら』で有名な池田理代子が、2月1日(金)に公開される、登坂広臣と中条あやみW主演映画『雪の華』からインスパイアを受けて描き下ろしたオリジナルビジュアルが解禁された。

本作は、今年発売から15周年を迎える冬ラブソングの名曲、中島美嘉の「雪の華」を、新鋭・橋本光二郎監督と、数々の名作映画・ドラマを生み出してきた岡田惠和の脚本で映画化したもの。登坂が、ガラス工芸家を目指すぶっきらぼうだがまっすぐな青年・綿引悠輔、中条は幼い頃から病弱で、余命宣告を受けながらも憧れの地・フィンランドに行くことを夢見る平井美雪を演じる。

『ベルサイユのばら』は、45年を経てなお、燦然と輝き続け、世界中の人々を魅了して止まない不朽の名作。フランス革命の時代、激動な運命に翻弄される中で、男装の騎士オスカルと叶わない恋だとは知りつつも、運命の人オスカルを愛し見守り続けたアンドレの永遠の愛と革命のドラマを描いている。

映画を観た池田は、王道のラブストーリーを真っすぐに描いた作品の世界観と俳優としての登坂に魅せられ、「恋の始まる美しい瞬間が、現代における清涼剤のようです。王道の恋物語、それに、登坂さん、中条さん、がぴったりとはまりました。ヒロインの命はいつまで続くのか、手をつないで見返りながら向こうに去っていく二人の姿に、私なりの回答をそえました」とコメント。解禁されたオリジナルビジュアルには、身分違いの愛に悩み苦しみ、愛する者を想いながら死を遂げる物語を描いた池田にしか描けない、悠輔と美雪の最後の恋の一瞬の輝きが収められている。

【STORY】
「神様、どうか一度だけ、私に恋をください」
東京-フィンランドを舞台に描かれる、一生に一度、運命の恋。
———幼いころから病気のために、幸せになることをあきらめてきた美雪。余命を宣告された彼女の唯一の目標は<約束の地>フィンランドでオーロラを見ることだった。ある日、美雪はひったくりにあい、声も出ずその場でへたり込んでしまう。そんな彼女の前に現れたのは、ガラス工芸家をめざす青年・悠輔だった。「声出してけよ!声!」まっすぐな彼の言葉は、凍りきっていた彼女の心をじんわりと溶かしていく。悠輔の働く店が危機になっていると知った美雪は「私が出します、100万円。その代わり1ヶ月間、私の恋人になってください」と、期間限定の恋を持ちかけて――。
かけがえのない出会いが、美雪に一生分の勇気をあたえて、悠輔の人生を鮮やかに彩っていく。東京と<約束の地>フィンランドを舞台に描かれる、一生に一度、運命の恋。

作品情報

『雪の華』
2月1日(金)全国ロードショー

出演:登坂広臣 中条あやみ
高岡早紀 浜野謙太 / 田辺誠一

監督:橋本光二郎
脚本:岡田惠和
音楽:葉加瀬太郎
製作:映画「雪の華」製作委員会
企画・制作プロダクション:エー・フィルムズ
主題歌:中島美嘉「雪の華」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
配給クレジット:ワーナー・ブラザース映画
©2019映画「雪の華」製作委員会
©池田理代子プロダクション

『雪の華』オフィシャルサイト 
http://yukinohana-movie.jp