『ボヘミアン・ラプソディ』が『グレイテスト・ショーマン』を抜いた! 2018年公開洋画興行収入ランキング1位も目前

『ボヘミアン・ラプソディ』が『グレイテスト・ショーマン』を抜いた! 2018年公開洋画興行収入ランキング1位も目前

伝説のバンド<クイーン>。常識を打ち破り世界を変えたフレディ・マーキュリーの生き様を、魂に響く28の名曲と共に贈る感動の物語『ボヘミアン・ラプソディ』が、6週目週末を迎え、興行収入53億円突破! 『グレイテスト・ショーマン』を超える2018年公開洋画興行収入ランキングNo.2となる快進撃が続いけている。

6週目の週末(12月15日・16日)は518スクリーンで動員298,089人、興行収入4億3,153万円(前週対比85%)を上げ、週末までの累計動員3,900,882人、累計興行収入53億6,288万円を達成した。これは2月に公開し52億円1,233万円をあげた『グレイテスト・ショーマン』を抜き、『ジュラシック・ワールド2 炎の王国』(81億円)に次ぐ、2018年公開洋画興行収入ランキング第2位に踊り出た。最終興収は80億以上が予想され、最終的には、2018年公開洋画作品の第1位が射程圏内になってきた。 また、音楽/ミュージカル映画としては『美女と野獣』(124億円)、『レ・ミゼラブル』(59億円)に次ぐ歴代3位。 現在59ケ国で公開され、全米の累計興行収入は1億8,042万ドル(約204億円)、全世界累計興行収入は6億3,593万ドル(約722億円)となり、先週より1ランクアップして2018年全世界興行収入トップ8にランクインした。

ブライアン・メイが自身のインスタで、「ボヘミアン・ラプソディ」日本特製の法被を着用して、日本のファンに映画大ヒットで社会現象になったことに感謝を述べた。

作品情報

『ボヘミアン・ラプソディ』
大ヒット公開中

監督:ブライアン・シンガー 
製作:グレアム・キング、ジム・ビーチ
音楽総指揮:ブライアン・メイ(クイーン/ギター)、ロジャー・テイラー(クイーン/ドラマー)
出演:ラミ・マレック、ジョセフ・マッゼロ、ベン・ハーディ、グウィリム・リー、ルーシー・ボイントン、マイク・マイヤーズ、アレン・リーチ
配給:20世紀フォックス映画
© 2018 Twentieth Century Fox

オフィシャルサイト
http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody/