“スター・ウォーズ最終章”『エピソード9(仮題)』公開記念! Xウイングに搭乗できる! さっぽろ雪まつりに巨大雪像が登場

“スター・ウォーズ最終章”『エピソード9(仮題)』公開記念! Xウイングに搭乗できる! さっぽろ雪まつりに巨大雪像が登場

シリーズ1作目の『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』が全米公開された1977年から42年(※ep9 公開時)以上、永きに渡り紡がれてきた「スター・ウォーズ」の1つの歴史に幕を下ろす、最終章『スター・ウォーズ/エピソード9(仮題)』の公開を記念し、第70回さっぽろ雪まつり(2019年2月4日(月)~11日(月・祝))に、巨大雪像【白いスター・ウォーズ2019】が登場することが発表された。

2015年【雪のスター・ウォーズ】、2017年【白いスター・ウォーズ】と、全てルーカスフィルムが公認・監修し制作され、その大きさや迫力、精巧に表現されたキャラクターと圧倒的な世界観が大きな話題となってきた。今回、集大成として制作されることになった【白いスター・ウォーズ2019】も、もちろんルーカスフィルム監修。シリーズ全作品に登場する人気ドロイドC-3PO、R2-D2を始め、「フォースの覚醒」への登場以降、人気を一身に集めているドロイドBB-8、「最後のジェダイ」で一躍人気キャラクターの仲間入りをしたポーグが初登場する。

さらに今回「スター・ウォーズ雪像」史上初めて【白いスター・ウォーズ2019】が<体感型大雪像>として制作される。約3,000トンもの雪を使用し制作されるこの巨大雪像では、なんとレジスタンスの若きリーダー ポー・ダメロンが愛用する戦闘機Xウイング(画像左下)のBB-8乗車位置に実際に乗船可能となる。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のJ.J.エイブラムスが、40年以上ものシリーズを締めくくる為、脚本・監督として「スター・ウォーズ」の表舞台へ帰還する『スター・ウォーズ/エピソード9(仮題)』。世界を熱狂させる“最後のスター・ウォーズ”が、いよいよ幕を開ける!

作品情報

『スター・ウォーズ/エピソード9(仮題)』
2019年 冬公開

監督・脚本:J・J・エイブラムス
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
© 2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.


さっぽろ雪まつりオフィシャルサイト
http://www.snowfes.com/