役者・村上虹郎の魅力に迫る『ハナレイ・ベイ』&『銃』コラボトークイベントが開催

役者・村上虹郎の魅力に迫る『ハナレイ・ベイ』&『銃』コラボトークイベントが開催

境や時代を超えグローバルな読者を獲得し、世界に名作・話題作を発信し続ける作家、村上春樹。名実ともに日本を、そして世界を代表する作家である彼の珠玉の短編作品「ハナレイ・ベイ」がついに映画化。近年多くの映画・ドラマに出演し、主演から脇役まで目覚ましい活躍を見せる女優・吉田 羊を主演に迎え、『トイレのピエタ』が多くの批評家から絶賛された日本映画界の新鋭・松永大司監督の手によって映像化された本作。公開から約1カ月が経つ今も、感動と共感を呼ぶその作品世界が大きな反響を呼び絶賛上映中だ。

今後も12月1日(土)からは北海道のシネマアイリス、神奈川県のシネマジャック/ベティ、宮崎県の宮崎キネマ館、12月14日(金)からは山形のフォーラム東根などで公開がスタート。更に本作は中国、台湾、韓国での公開も決定しており、日本だけでなく世界へと広がっていく。

そんな本作を更に盛り上げるべく、映画『銃』(公開中)とのコラボレーショントークイベントが、11月22日(木)に新宿ピカデリーにて開催された。

映画『ハナレイ・ベイ』では劇中で日本人サーファー役を演じ、映画『銃』では主演を務めた“今最も注目される俳優”の1人である村上虹郎と、『ハナレイ・ベイ』のメガホンを取った松永監督、そして『銃』の監督を務めた武 正晴監督の3名が登壇した。松永監督からは「なかなかない顔ぶれ。皆さん楽しんでいただければと思います」と語り、聴きごたえ十分のトークイベントが展開された。

武監督はつい先日『ハナレイ・ベイ』を鑑賞し、冒頭から「松永監督、よくやったな! という感じでしたよ」と感想を述べた。さらに「『ハナレイ・ベイ』は『銃』と似ている。あえてすべてを開示することをせず、場所と演出を使って表現するという挑戦的な映画。でも人間の内面にカメラを向けていると感じました。それは僕も『銃』で挑戦していることです」とコメント。「吉田 羊さん演じるサチが10年後に虹郎演じる青年と出会い、その青年が物語の途中から作品世界をかき回していく。主人公に寄り添っていく役だと思いますが、その役割を『銃』ではリリー・フランキーさんが担っているんです」と2作品の共通点を語った。さらには「音楽、特にイギー・ポップの「The Passenger」がずるいですよね。すごくいい。実は私はずっと『銃』の撮影中にこの「The Passenger」を聞いていたんです! あまりの共通点の多さにびっくりしました」というエピソードに観客からは驚きの声が上がった。

『ハナレイ・ベイ』主演の吉田 羊について、松永監督は「『銃』では監督と虹郎が心中する覚悟だったんだなと感じますが、(僕も)吉田さんと心中する覚悟でした」と撮影時を振り返った。武監督も吉田さんの演技に「(松永監督は)吉田さんの演技を絞り出しやがったなと。吉田さんを超えて主人公のサチだった。“松永さん、どんなことしたんだ”と思いました」と大絶賛だった。

“高橋”役を村上が演じることになり、脚本を村上に寄せて変更を加えていったという松永監督は「虹郎が高橋を演じてくれて吉田さんのサチという役を引き出した」と村上の魅力について触れた。現場では高橋役の友人“三宅”役を演じた佐藤 魁のコンビネーションが賭けだったと語り、ファーストテイクを何度か粘って撮り直したあとは村上と佐藤の関係性を信じたという監督。佐藤は実際にプロサーファーということもあり、村上さんからは「(佐藤さんは)サーフィンシーンの撮影中に「いい波に乗りたい」といって(予定外の)沖に向かっちゃう」という裏話も聞けた。

『銃』の撮影後に『ハナレイ・ベイ』の撮影現場に入ったという村上。「役柄的に解放感があった」と2作品の違いを改めて実感した様子で撮影当時を振り返りました。武監督からは劇中で高橋がサチに告げる、サーフィン中の事故で亡くなった息子タカシと同じセリフ“さいなら”の演出に、武監督は「映画を一人で観ながら思わず「しゃれた映画だなー!」って言っちゃったよ」と笑いを誘った。

その後武監督から「せっかくだしお客様から質問をもらおうよ!」と提案があり、イベントは急遽、来場者からの質問を受けることに。

早速、手を挙げた来場者から、監督2人に「それぞれの作品の中で、この村上虹郎はすごい! というシーンはどこですか?」と2つの作品の中での村上の印象的なシーンを尋ねられ、武監督は「虹郎の鼻の穴が動き、鼻の穴まで芝居しているところ」と回答。役者の本能がそうさせているんだ、と改めて村上の“体現する演技”を絶賛。それに対し松永監督は「とにかくこの人(村上)は面白い。監督のイメージを越えてきてくれる。もっともっと一緒にやりたいな、と思わせてくれる役者です」と、松永監督らしい表現で、村上の魅力を語った。

村上に「それぞれの作品の中で、自分こんな顔するんだ、とか発見があれば教えてください」という質問が飛ぶと、「『銃』の中では、なんで自分あんな行動したんだろう、と感じるほど、自分のその時の想いがきちんと反映されていると感じました」と作品の中に入り込んでいる自分をしみじみと振り返り、一方「『ハナレイ・ベイ』では大人な虹郎が観れますよ! (本業が役者ではない)佐藤 魁がいたから、このセリフは自分が発するべきなのか、魁が発するべきなのかと、自分がきちんと考えることができた。計算して演技することができた気がします」と役者として、『ハナレイ・ベイ』を通し成長できた一面も明かした。

最後は、来場者からのリクエストに村上が応え、『ハナレイ・ベイ』の中に登場する印象的なフレーズ「さいなら~」を披露、会場中から大きな拍手がわきおこり、イベントは大盛況のうちに幕を閉じた。

【STORY】
それは突然の知らせだった。 ピアノバーのオーナーでシングルマザーのサチは、息子タカシが、ハワイのカウアイ島にあるハナレイ・ベイで亡くなったことを電話で知る。サーフィン中の事故で、大きな鮫に襲われて死んだという。サチはハナレイ・ベイに向かい、もの言わぬ息子と対面を果たした。息子の遺骨と共に日本へ帰ろうとした矢先、彼女はふと足をとめ、息子が命をおとしたハナレイ・ベイへと向かう。 サチはチェアを持って海岸に行き、本を読んで時間を過ごした。時折、じっと海を見つめながら。毎年、この「行為」は続いた。 タカシの命日の時期にハナレイ・ベイを訪れ、数週間過ごすのだ。同じ場所にチェアを置き、10年間。だが、彼女は決して海には近づかない。ある時、偶然出会った、2人の若い日本人サーファー。まだ世間知らずな彼らに息子の姿をダブらせるサチ。 そんな時、2人から〝ある話〟を耳にする。 「赤いサーフボードを持った〝右脚のない日本人サーファー〟がいる」と……。

作品情報

『ハナレイ・ベイ』
公開中
原作:『ハナレイ・ベイ』(新潮文庫刊『東京奇譚集』)村上春樹著
脚本・監督・編集:松永大司
音楽:半野喜弘
出演:吉田 羊、佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、村上虹郎、佐藤 魁、栗原 類
配給:HIGH BROW CINEMA
©2018 『ハナレイ・ベイ』製作委員会

『ハナレイ・ベイ』オフィシャルサイト
http://hanaleibay-movie.jp/

【STORY】
俺は拳銃を拾った――。
大学生、西川トオル(村上虹郎)は、雨の夜の河原で、ひとりの男の死体と共に放置されていた拳銃を手にし、それを自宅アパートに持ち帰った。まもなく、その銃は彼にとって、かけがえのない宝物のような存在になった。見つめれば見つめるほどに、触れたならば触れるほどに、愛しさがこみあげてくる。誰かを脅すことも、守ることも、殺すことも、また自ら死ぬことも可能にする銃という<道具=武器>は、大学生活の心的様相もあざやかに変えていく。
悪友のケイスケ(岡山天音)に合コンへ誘われたトオルは、その夜出逢った女と一夜を過ごす。翌朝、目覚めると、女がトーストを焼いていた。朝食をとりながらテレビを見ていると、あの銃と関係する男の遺体が発見されたというニュースが目に飛び込んでくる。途端に気分が悪くなったトオルに対し、優しく接する女。その日以来、トオルは彼女のことを“トースト女”(日南響子)と頭の中で呼ぶことにした。そしてセックスフレンドとして、度々性欲を吐き出すようになった。

作品情報

『銃』
公開中
原作:『銃』(河出書房新社刊)中村文則著
脚本:武正晴、宍戸英紀
音楽:海田庄吾
出演:村上虹郎、広瀬アリス、リリー・フランキー他
配給:KATSU-do・太秦
Ⓒ吉本興業

『銃』オフィシャルサイト
http://thegunmovie.official-movie.com