スーパー女子高生RAMがやった! パワフルなダンスでユース五輪金メダルの快挙

スーパー女子高生RAMがやった!  パワフルなダンスでユース五輪金メダルの快挙

現地時間10月18日(木)まで開催している「ブエノスアイレスユースオリンピック」で次世代スターが誕生した。

今大会から正式種目となったダンススポーツ競技ブレイキン(ブレイクダンス)の個人戦と男女混合カテゴリーで、それぞれ日本の女子高生RAM(河合来夢)が金メダルに輝く快挙を成し遂げたのだ。

ユースオリンピックでは国際交流を目的として、男女混合カテゴリーで国をまたいだペアが結成された。RAMはベトナム代表のB4とペアを組み、個人戦に続き今大会2個目の金メダル獲得となった。

RAMの快挙はそれより以前から始まっていた。今年5月に神奈川県川崎市で開催されたブエノスアイレスユースオリンピック世界最終予選「WDSF世界ユースブレイキン選手権」でも金メダルを獲得している。

View this post on Instagram

遅くなったけど世界ユースブレイキン選手権! 本当に嬉しいし本当に安心してるし本当に心の底から感謝しています! 1週間前からストーリーでラムのことをタグ付けしてあげてくれたり、LINEやインスタのDMや直接、頑張ってとか応援してるぞって言ってくれた方々がたくさんいて本当にラムの心の支えになって力になりました!! 本当にありがとうございました!! * 今回練習は勝ちたい思いでやってきた分、当日は気持ちを全面的にだして届けたい人に気持ちを届けようとか、自分が楽しんで踊ってる姿を見に来てくれる方々全員に伝わればいいなとのぞみました。 本当にずーっと応援してくれてたり、前日まで緊張してて電話で笑わせてくれて応援してくれた人がいたり、ラムに優しい言葉をかけてくれたり、ギリギリまで見に行けないって言ってた人も当日は見に来て応援してくれたり、裏でラムのこと抱きしめてくれたりと、本当に自分は周りの方々に支えられているなって思いました。 本当に本当にありがとうございます。 * トーナメントで少し納得いかない部分もあったけど、でもほとんどが楽しんで踊れたし、その自分が楽しんでる気持ちがたくさんの人に伝わったみたいなので、それが何よりも嬉しいです!! * やっと終わった長かった予選。 動画選考から始まって大陸予選して世界選手権。次はやっと本戦。 ここからがスタートとして磨いて磨いて磨きます! 今回本当にありがとうございました!! 引き続きブエノスアイレスもこれ以上に突っ走っていくので応援よろしくお願いします!! #youtholimpicgames #yog #jdsf #wdsf #breakingforgold #bboy #bgirl #bgirlram #引き続き応援よろしくお願いします

A post shared by RAM (@bgirl_ram) on

ブレイクダンスと言えばニューヨークで発展したヒップホップ系のストリートダンス。アクロバティックな動きが必要でとてもハードだ。

RAMのInstagramにブレイクダンスをしている動画の投稿がある。動きのハードさやパワフルさに、女子高生×ブレイクダンスというギャップを感じること間違いなし。

Instagramでは、世界1位のダンサーとしてのパワフルな面だけではなく、年頃の女子高生らしいフレッシュな面も垣間見ることができる。普段はおしゃれやメイクに関心がある可愛い女子高生。ダンサーとしての姿とは雰囲気が違う。

海外のダンサーと撮影したこちらの1枚からは、10代のナチュラルであどけない表情も。

RAMに影響を受けてブレイクダンスに憧れる少女が増え、今後ブームになるかもしれない。ギャップが魅力でフレッシュなスーパー女子高生は、ブレイクダンスの新時代を切り開く。

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by MY HERO