BTS(防弾少年団)、全席完売のロンドン公演に英マスコミも絶賛!「“21世紀のザ・ビートルズ”であり、グローバルポップのセンセーション」

BTS(防弾少年団)、全席完売のロンドン公演に英マスコミも絶賛!「“21世紀のザ・ビートルズ”であり、グローバルポップのセンセーション」

BTS(防弾少年団)が、アメリカでの歴史的な記録に続いて、イギリスのマスコミからも絶賛された。

現地時間の10月9日と10日、ロンドンのO2アリーナワールドツアーで『LOVE YOURSELF』を敢行したBTS。全席完売となった本公演に、イギリスの有力メディアも大きな関心を見せた。

BBC放送は彼らを「“21世紀のザ・ビートルズ”であり、グローバルポップのセンセーション」と紹介しながら「O2アリーナでの公演を全席完売させ、世界中の音楽界でいちばん大きな存在だ」と評価。

また、イギリスの日刊紙『ガーディアン』も「BTSはアメリカで記念碑的な成果を出し、ポップ音楽の顔を変えただけでなく、西洋音楽産業のトップに到達した初めての韓国グループだ」と紹介。続けて「BTSのメンバーは、彼らの心理をそのまま歌詞に込めて社会的なイシューを扱い、同世代の若者たちを弁護している」と説明した。また「BTSが見せている本心は『LOVE YOURSELF』シリーズのアルバムで一貫するテーマであり、国連でのRMの演説にも同じような脈絡があった」と伝えた。

さらに「メンバー同士の自然な行動や仲間愛がBTSを魅力的にする要素であり、このような絆が彼らを支える力になっている」と強調した。

イギリス公演については「世界的な人気ボーイズグループBTSが見せた温かさと驚き」という表現で称賛。それだけでなく、「公演の間、華やかなビジュアルが印象深く、ステージを変えるために衣装を着替える間に流れる映像すらも華やかで、芸術映画を見ているようだった」とし、「BTSはお互いに、そしてARMY(BTSのファンのこと)に、温かさを感じさせた。今回の公演を通じてすべての人が大事だというメッセージを伝えた」と評価した。

BTSはイギリスでの最後の日程として、12日にBBCの看板トークショー『ザ・グラハム・ノートン・ ショー』に出演。

国連総会での演説について聞かれたRMは「人生はいつもジレンマがある。僕たちはそれを避けることはできない」とし、「僕たちは自分自身を愛する方法を見つけなければならず、それによってさらに幸せになり、良い人生を歩んでいけると言いたかった。それが僕たちのメッセージだった」と説明した。

これを聞いて感動した米女優のウーピー・ゴールドバーグは、その場で着ていたシャツを脱いでプレゼントするという場面もあった。

BTSは現地時間の10月13日にオランダ公演、16日(火)・17日(水)にベルリン公演を行い、ワールドツアー『LOVE YOURSELF』を続けていく。

リリース情報

2018.11.07 ON SALE
SINGLE「FAKE LOVE/Airplane pt.2」


作品情報

『Burn the Stage : the Movie』
11月15日(木)3週間限定公開


監督:パク・ジュンス
プロデューサー:ユン・ジウォン
出演:BTS(RM、SUGA、JIN、J-HOPE、JIMIN、V、JUNG KOOK)
制作:Big Hit Entertainment / CAMP Entertainment
日本配給:東宝映像事業部
(C)2018 BIG HIT ENTERTAINMENT Co.Ltd., ALL RIGHTS RESERVED.


BTS(防弾少年団)オフィシャルサイト 
https://bts-official.jp/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC