吉沢 亮、新木優子が純白の衣装で結婚式場に! 2人の幼少期の写真も公開された映画『あのコの、トリコ。』公開直前イベント オフィシャルレポート

吉沢 亮、新木優子が純白の衣装で結婚式場に! 2人の幼少期の写真も公開された映画『あのコの、トリコ。』公開直前イベント オフィシャルレポート

10月5日(金)より全国公開される、映画『あのコの、トリコ。』の公開直前特別イベント「日本中のハート▽を“トリコ”」が、10月1日(月)にリビエラ東京で開催。吉沢 亮、新木優子が登壇したイベントのオフィシャルれぽーとが到着した。
※▽はハートマーク。

本作は『Sho-Comi』(小学館)にて連載され、既刊5巻のコミックスは累計部数100万部(電子ダウンロード含む)を突破する、白石ユキの人気漫画を原作とした作品。地味で平凡なメガネ男子の主人公・頼(吉沢)が、2人の幼なじみ・雫(新木)と昴(杉野遥亮)がモデルと俳優になっていることを知り、何かに突き動かされるように雫のいる高校に転入。大好きなあのコ・雫のためにかっこよく変わっていく様と、幼なじみ3人の三角関係が描かれ、芸能界を舞台にラブストーリーが展開していく。

「日本中のハート▽を“トリコ”」オフィシャルレポート

ハートで埋め尽くされた会場に集まった約120名の観客は、まずは本日のために用意された『あのコの、トリコ。』特別映像を鑑賞。応援上映さながらの歓声や「かわいい!」と頼のダメダメっぷりにキュンキュンが止まらない! 会場の熱は急上昇!!

そして、映像が終了し、暗転した会場がドキドキした空気に包まれた次の瞬間! 後方の階段にスポットライトが照らされ、鈴木 頼を演じた主演の吉沢とヒロイン・立花 雫を演じた新木優子の姿がカーテン越しにシルエットで映し出されるサプライズが! 悲鳴のような黄色い歓声に包まれるなかカーテンがオープン、純白の華やかな衣装に身を包んだ吉沢と新木が登場すると熱気はマックス。吉沢が王子のように新木の手を取りエスコート、階段を降り観客の間のハートをかたどったピンクカーペットの上へ。目の前、急接近の二人の姿に黄色い悲鳴が止まらない! そして壇上にあがる前に観客に花束のプレゼント! 幸運にもキャッチした観客は、喜びをと驚きで飛び跳ねていた。

そしてステージに立ち、最初に会場に集まった参加者へ吉沢から「本編を25分だけ見せちゃうって斬新! みなさんのトリコ熱高まったよね?」と観客に問いかけると会場からは「イェーイ!!」と熱いレスポンスが。それを受けてにっこり満足そうな表情を浮かべる吉沢は、続けて「もっともっと皆さんをトリコにするイベントにしたいです!」と挨拶。続けて新木は「台風で天気が心配でしたが晴れて良かったです! 素敵なイベントにしましょう!」と雫さながらの元気さを見せ挨拶をした。

地味男子を演じた感想を吉沢は「すごくやりやすかったです。ダサさの加減を工夫しながら仕草や髪型を工夫した」と役作りのエピソードを明かすと、すかさず新木は吉沢に「ふとした時に、何もしなくてもキラキラが出ちゃう」と突っ込みを入れる。はにかみながら「やっぱり? 出ちゃう?」とおどける吉沢のキュートさに会場は悶絶! 新木は雫を演じる中で、緊張した瞬間をあげ、水族館でのデートシーンを挙げ「イルカのショーで水がかかる? かからない? というドキドキした」と明かし、「リアルな緊張感がスクリーンに出ているかな?」と見所をアピール。

そして本作のタイトルにちなんで、“トリコトーク”で大盛り上がり! まずはお互いのトリコになった部分について、吉沢は新木を「オンオフがなくて、本当に雫に近い! 天真爛漫だし、一緒にいて居心地が良いんです」と明かし、「見た目と中身のギャップにトリコになった。一見クールそうなのに中身は少女で、誰にでもフレンドリーで」と新木のトリコになる魅力を絶賛すると、対して新木は「トリコな部分、ありすぎる。」と前振りすると吉沢に思わず笑みがこぼれる。すると新木は「庶民的な部分! 見かけの美しさからトイレにもいかなさそうだけど普通でよかった」と赤裸々に明かすと、吉沢は照れまくり。そのギャップに会場は笑いに包まれ、一気にトリコ度急上昇!

自分が“トリコ”になる異性のタイプについて話題が及ぶと、吉沢は「僕単純なんで、あざとい女性とかを好きになってしまうんです。女子が嫌いそうな(笑)。目を見て笑って話してくれたりとかしたらすぐ好きになっちゃう」という意外な大告白に、会場からは「え~!?」と驚きの声。そして新木は“香りフェチ”であること明かし、普段から柔軟剤の香りがするような清潔感のある人に惹かれる」という告白には会場からも共感の声が挙がっていた。

二人が初めて誰かの“トリコ”になった幼少期の思い出を振り返る際には、なんと二人の当時の写真が壇上に! 吉沢さんはまたまたおどけて「可愛い~」と自画自賛! 小学生、幼稚園時代の今の面影を残す愛くるしい写真に、会場からは「可愛すぎ!」と称賛の声。一気にメロメロの“トリコ”に。

吉沢はバレンタイン、新木は卒園式でのキュンキュンあまーい恋のエピソードを披露! あざとい女子に惹かれるという吉沢はここでも「チョコをあげるから家に来てと言われ、ボクのこと好き? と聞いたら、うん。返事が返ってきた!」というおませなエピソードを披露。新木は同い年の男のコにプレゼントを渡し、お返しを貰って両思いになったという純粋なかわいらしいエピソードを披露し、「爽やかなスポーツマンタイプで日焼けしていたな~」と当時を振り返ると、司会者から「幼稚園生ってみんなそうじゃないですか?」と突っ込まるというキュートな一面をのぞかせた。観客は二人のキュートでびっくりなギャップの連続にハート▽が“トリコ”になりっぱなしの大盛況のイベントとなった。

ここでトークは終了し、続いてピンクで埋め尽くされた会場で観客と一緒にフォトセッションがスタート。キラキラの紙吹雪がてる特効に「大きな音がするのが苦手」とこわがる吉沢。かわいい一面をのぞかせながらの撮影となった。最後は公開間近ということで、新木は「恋と夢を追いかける三人のきらきらした姿を観に、ぜひ劇場へ!」と挨拶。吉沢は「キュンキュンさはもちろん、三人がそれぞれの夢を追いかける姿もぜひ注目してほしい! 世界中の! あ言い過ぎた(笑)日本中の人を“トリコ”にできるといいな、と思っています! ぜひ劇場へ来てください!」と熱い挨拶で締めくくった。

【STORY】                       
田舎で暮らしていた地味で冴えない男子高校生の鈴木 頼(吉沢 亮)は、東京の芸能コースがある高校に転入し、幼い頃から好きだった立花 雫(新木優子)と再会する。女優という夢に向かって真っすぐにがんばる雫にあらためて恋をした頼は、彼女が所属する芸能事務所に頼まれ、雫の付き人として現場に同行するようになる。ランジェリーの広告撮影では、共演するはずだった、頼と雫の幼なじみでもあり人気俳優の東條 昴(杉野遥亮)が、あるアクシデントで帰ってしまい、雫は降板させられそうになる。そんな雫を助けるために頼はなんと昴の代役を受けることに!そして、頼がカメラの前に立つと別人のような輝きを放ち、雫は思いがけずときめいてしまう。そしてこの広告が話題となり、頼、そして雫と昴の未来を変えていく―。

作品情報

映画『あのコの、トリコ。』 
10月5日(金) 全国ロードショー!

原作:白石ユキ(小学館『Sho-Comi』」連載)
監督:宮脇亮
脚本:浅野妙子
出演:吉沢 亮、新木優子、杉野遥亮 水上剣星 大幡しえり ・ 内田理央 古坂大魔王/高島礼子(友情出演)/岸谷五朗
配給:ショウゲート

©2018 白石ユキ/小学館・「あのコの、トリコ。」製作委員会

『あのコの、トリコ。』オフィシャルサイト
http://toriko-movie.jp

『あのコの、トリコ。』原作