浦沢直樹、11年ぶりに「週刊ビッグコミックスピリッツ」で新連載

浦沢直樹、11年ぶりに「週刊ビッグコミックスピリッツ」で新連載

『20世紀少年』完結から11年……。「週刊ビッグコミックスピリッツ」45号(10月6日発売)より、浦沢直樹の新連載がスタートする。 雑誌電子版もついに解禁。

漫画家・浦沢直樹は「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)にて、1986年より、国民的ヒロインとなった猪熊 柔の活躍を描いた柔道漫画『YAWARA!』を、1993年より、女子テニス選手の現在の躍進を予見したような作品『Happy!』を連載。

その後1999年より『20世紀少年』を連載し、累計2,800万部を突破、実写映画も大ヒットを果たした。名実ともに日本を代表する漫画家である浦沢は、先日フランスで開催された原画展で5万人を動員。ルーブル美術館との共同プロジェクト作品『夢印-MUJIRUSHI-』(協力/フジオプロ)の単行本を発売し好評を得るなど、世界的な躍進を続けている。
 
このたび、浦沢が『20世紀少年』完結以来11年ぶりに、「週刊ビッグコミックスピリッツ」にて新連載を始動。主人公の後ろ姿のラフデッサンとともに本誌にて予告されており、連載第1話の掲載は45号となる。

さらに、今までデジタル版を配信していなかった浦沢作品だが、雑誌電子版の解禁が遂に決定。紙と電子、どちらの「スピリッツ」でも、この作品を読むことができる。

また、9月27日(木)発売の「月刊!スピリッツ」11号は、浦沢直樹ジャック号。ミュージシャン・遠藤賢司の秘蔵エピソードを漫画化した読切を始め、1970年前後の音楽と漫画について語った泉谷しげるとの対談を掲載するなど、特別企画が盛りだくさん。さらには、オール初出しの美女イラストのカレンダー付録も付いている。 浦沢ファンならずとも必携の1冊だ。


週刊ビッグコミックスピリッツ オフィシャルサイト
https://bigcomicbros.net/magazine/spirits/