乃木坂46・齋藤飛鳥、ウェディング姿を初披露! 山田裕貴主演の映画『あの頃、君を追いかけた』本予告映像が解禁

乃木坂46・齋藤飛鳥、ウェディング姿を初披露! 山田裕貴主演の映画『あの頃、君を追いかけた』本予告映像が解禁

10月5日(金)に全国公開される映画『あの頃、君を追いかけた』でヒロインを演じる齋藤飛鳥(乃木坂46)のウェディングドレス姿が初披露されている本予告映像が解禁となった。

本作は、2011年、ほぼ無名のキャスト・新人監督の作品でありながら200万人を動員し、社会現象を巻き起こすほどの空前のヒットなった台湾映画『あの頃、君を追いかけた』をもとに、オリジナル作品の瑞々しさを受け継ぎつつ、舞台を日本に移して、紡がれる珠玉のラブストーリー。主演の山田裕貴、ヒロインの齋藤(乃木坂46)のほか、松本穂香、佐久本宝、國島直希、中田圭祐、遊佐亮介といった旬の若手俳優陣が集結していることでも話題となっている。

映像は、山田演じる主人公・浩介が正装し、友人らと結婚式へ向かう場面から始まる。そこで彼の心によみがえるのは、問題児だった自分が優等生の真愛(齋藤)に恋をして、毎日がキラキラとしていた高校生時代。ぶつかることもあったが、浩介はそれから真愛のことを10年間ずっと思い続けている。また、真愛がウェディングドレス姿で「恋してくれてありがとう」と涙を浮かべる結婚式のシーンも収められており、真愛が流した涙の意味と2人がたどり着いたハッピーエンドが、どういったものなのか気になる映像となっている。

【STORY】
10年前_。水島浩介は、クラスメイトの仲間たちとつるんではバカなことばかりをし、さしたる夢や目標も分からぬまま、お気楽な高校生活を送っていた。浩介の態度に激怒した教師が、クラス一の優等生・早瀬真愛を浩介のお目付け役に任命するまでは。真面目でお堅い真愛を疎ましく思う反面、胸がザワつき始める浩介。彼と仲間たちにとって、彼女は中学時代からの憧れだったのだ。やがて、教科書を忘れた真愛のピンチを浩介が救ったことで、2人の距離は一気に縮まっていく…。誰の心にも眠る“あの頃”の記憶を呼び覚まし、アジアで歴史的ヒットを記録した同名台湾映画のリメイク作品。多感な十代を送ったすべての人に捧げる、可笑しくて切ない、恋の記憶の物語。

作品情報

『あの頃、君を追いかけた』
10月5日(金)全国ロードショー


出演:山田裕貴 齋藤飛鳥 / 松本穂香 佐久本宝 國島直希 中田圭祐 遊佐亮介
監督:長谷川康夫
脚本:飯田健三郎 / 谷間月栞
原作:九把刀「那些年、我們一起追的女孩」
製作:『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ
配給:キノフィルムズ
(C)『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ

オフィシャルサイト 
http://anokoro-kimio.jp