西畑大吾(関西ジャニーズJr.)が高橋一生の教え子に! ドラマ『僕らは奇跡でできている』に出演するブレイク必須若手キャスト陣が発表

西畑大吾(関西ジャニーズJr.)が高橋一生の教え子に! ドラマ『僕らは奇跡でできている』に出演するブレイク必須若手キャスト陣が発表

カンテレ・フジテレビ系全国ネットで10月からスタートする高橋一生が主演を務めるドラマ『僕らは奇跡でできている』(火曜よる9時)に西畑大吾(関西ジャニーズJr.)、矢作穂香、北 香那、広田亮平が出演することが明らかとなった。

本作は、生き物のフシギに目がない大学講師・相河一輝(高橋)の日常を描く、コミカル・ハートフルドラマ。榮倉奈々、要 潤、児嶋一哉、田中 泯、戸田恵子、小林 薫の出演がすでに発表されている。

4人が演じるのは、高橋の教え子の大学生役。“楽に単位が取れるから”“生き物が好きだから”といったそれぞれの動機で、一輝が教える動物行動学の授業を選択した4人組。西畑は、イケメンなのにちょっぴり“天然”、群馬県から上京するものの、人生の目標は特になく“大学=遊ぶ場所”という認識で毎日を過ごしている新庄龍太郎を演じる。西畑は、これまで連続テレビ小説『ごちそうさん』や『あさが来た』に出演してきたが、今作でゴールデン帯連続ドラマへの初出演を果たす。出演が決まった時の気持ちについて尋ねると「すごく嬉しい気持ちと“どうなるんやろ?”っていう不安がありました」と、本音を吐露。顔合わせで初対面した、主演・高橋の印象について「この作品にかける思いを熱心にお話される姿を見て、“高橋一生さんについていったら間違いないんだろうな”と確信しました!」と話し、早くも高橋座長への信頼の高さをうかがわせた。

矢作演じる青山琴音は、ファッションが大好きなオシャレ女子大生。気になる異性に対しては積極的に行動する“肉食系女子”。最初は一輝の授業に無関心だったものの、一輝の予期せぬ言動が頭から離れなくなり、徐々に興味を持つようになっていく。矢作はドラマ『イタズラなKiss~Love in TOKYO』での一途なヒロイン役が国内外で好評を博し、映画でも数々の話題作に出演するなど、その表現力には定評があり、今作ではどんな演技を見せてくれるのか期待が高まる。

北は、生き物が大好きな真面目女子・尾崎桜を演じる。4人の中で唯一、熱心に一輝の授業を聞いているものの、自分に自信がないため意見や発言はできない控えめな女子学生。ドラマ『バイプレイヤーズ』(テレビ東京)でジャスミン役を演じ、一躍注目を浴びた北。今作では、これまでと異なる魅力で視聴者を楽しませてくれるに違いない。

広田が演じる須田 巧は、天然な新庄の言動にツッコんだりと、4人の中で一番のしっかり者。4歳から子役として活躍し、連続テレビ小説『こころ』や大河ドラマ『花燃ゆ』『真田丸』に出演するなど、着実に演技力を培ってきた広田。今作でも安定した存在感で、物語に花を添えてくれるはずだ。

【西畑大吾コメント】

Q.出演が決まった時の気持ちをお聞かせください。
すごく嬉しい気持ちと“どうなるんやろ?”っていう不安がありました。ずっとお世話になっているカンテレ制作ということで安心感がありますし、恩返しみたいなものができればなという気持ちがあります。

Q 新庄龍太郎という役の印象はいかがですか?
イケメン大学生なんですよね(笑)。イマドキの大学生だな、というのをすごく感じました。群馬県出身の子で、東京に出てきて、ちょっと東京にかぶれつつある…っていう男の子ですけど、天然でそこがまた愛嬌があって、可愛らしいところでもありますよね。

Q 主演の高橋一生さんの印象はいかがですか?
なんであんなに白シャツが似合うんやろと(笑)。僕も今日は白シャツを着てきたんですけど、似合い方が全然違うな~という感じでした。この作品にかける思いを熱心にお話しされる姿を見て、“高橋一生さんについていったら間違いないんだろうな”と確信しました!

Q 高橋一生さんとの初共演についてはいかがですか?
僕にとって高橋さんは“テレビの中の人”だったので、こんなに早く共演させていただけることは光栄ですし、間近でお芝居を見られるのはすごくうれしいです!

Q 視聴者へのメッセージや見どころをお願いします。
ハートフルで気持ちがほわっと明るくなって、“今週頑張ろう!”と思っていただける内容になっていると思います。ちょっとコメディー要素もあったりして、クスッと笑っていただけるような部分もありますので、ぜひさまざまな世代の方に見ていただきたいです!

【矢作穂香コメント】

Q.出演が決まった時の気持ちをお聞かせください。
とても嬉しかったです。ゴールデンの連続ドラマにレギュラーメンバーで、大人の方々に囲まれての作品は初めてなので、すごくドキドキしています。

Q.青山琴音という役の印象はいかがですか?
琴音は特にやりたいこともまだ見つかっていない女の子で、そういう子って周囲にいるんじゃないのかな、と思います。ファッションとかメイクにとても興味があるのですが、私もファッションが好きなので、役の特徴に近づけられたらと思います。(高橋一生さんが演じる)一輝先生とかかわってから、それまで何にも興味のなかった琴音が変わっていき、どう成長していくのか、まだ分からないですが、少しでも影響を受けている一輝先生に、琴音としてもっと近づいていけたらと思います。

Q.主演の高橋一生さんとの共演について、お気持ちはいかがですか?
以前DVDで「トランス」という鴻上尚史さん演出の舞台を拝見して以来、高橋さんといつかお芝居をご一緒させていただきたいと思っていましたので、とてもうれしいです。たくさん勉強させていただきたいです。

Q.視聴者へのメッセージや見どころをお願いします。
私自身、台本を読んでいてすごく癒されるんです。ドラマをご覧になられる視聴者の皆さんにもそう感じていただきたいですし、日常のひとつになっていただけたらと思います。

【北 香那コメント】

Q.出演が決まった時の気持ちをお聞かせください。
連続ドラマにレギュラーメンバーとして出演させていただくとお話を聞いた時は、嬉しさと緊張で気持ちがぎゅっと引き締まる感じがしました。ドキドキ、ワクワクしました。

Q.尾崎桜という役の印象はいかがですか?
大人しくて、あまり喋らず、気持ちを人に伝達することが苦手な子。というイメージです。でも自分の好きなことをやっている時は、少女漫画のようなキラキラした目をするような子…という印象です。

Q.主演の高橋一生さんとの共演について、お気持ちはいかがですか?
顔合わせの際、高橋さんがスタッフさん、共演者様にご挨拶をなさったのですが、その際に全体が見える位置に少し移動してからご挨拶をなさっていて、わぁ…こんなにテレビでよく見かける方なのにお気遣いをなさっている…凄い…とこっそりと感動してしまいました。共演させていただけることが夢のようです。すごく楽しみです。

Q.視聴者へのメッセージや見どころをお願いします。
高橋一生さん演じる一輝の真っ直ぐなキャラクター性に、とても心惹かれるドラマだと思います。うまく表現することが難しいのですが、「新感覚ドラマ」というジャンルな気がしています。皆様にも是非、楽しみながらご覧いただきたいです。

【広田亮平コメント】

Q.出演が決まった時の気持ちをお聞かせください。
お話を聞いたときは嬉しくて感情がフワフワしていました。その後出来上がった脚本を読んだり監督とお話させていただいたりするうちに、「早く撮影に入りたい!」と、ずっと撮影を楽しみにしていました。

Q.須田巧という役の印象はいかがですか?
いつも新庄、琴音、桜と一緒にいる須田ですが、彼はダラダラしたこの先不安な学生だと思います。しかし、彼自身も悩みを抱えていると思います。普段の学生生活や将来のことなど、大学生なりの不安があるのが今だと思うので、僕も須田がどうなっていくのか楽しみです。僕と同世代の方にも見ていただきたいです!

Q.事務所の先輩にあたる高橋一生さんは、広田さんにとってどのような先輩ですか? また共演にあたり、今のお気持ちをお聞かせいただけますでしょうか?
もちろん役者としての先輩でもありますが、人としても沢山のことを学ばせていただける方だと思っています。一度(大河ドラマで)ワンシーンだけ共演したことがありますが、たまに事務所でお会いするときも優しく笑顔で迎えてくださる素晴らしい先輩です。この現場でも、近くでお芝居を見ながら多くのことを勉強していきたいと思います!

Q.視聴者へのメッセージや見どころをお願いします。
相河一輝という人物を中心に、色々な人たちが変化していく物語です。僕自身脚本を読んで学ぶことが多いので、見ていただく皆さんにも刺さる何かがあればいいなと思います。相河先生の授業によって変わっていく学生たちの変化にもぜひ注目してください!

番組情報

『僕らは奇跡でできている』
2018年10月期 毎週火曜よる9時~9時54分(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)※初回放送日未定

出演者:高橋一生 榮倉奈々 要 潤 児嶋一哉 西畑大吾(関西ジャニーズJr.)矢作穂香 北 香那 広田亮平/田中 泯 阿南健治 戸田恵子 小林 薫
脚本:橋部敦子「僕の生きる道」シリーズ (カンテレ)『フリーター、家を買う。』『フラジャイル』(フジテレビ)ほか
音楽:兼松 衆 田渕夏海 中村巴奈重 櫻井美希
演出:河野圭太(共同テレビ)「僕の生きる道」シリーズ 「古畑任三郎」シリーズ 『マルモのおきて』(フジテレビ)ほか
星野和成(メディアミックス・ジャパン)「チーム・バチスタ」シリーズ『素敵な選TAXI』(いずれもカンテレ)ほか
プロデューサー:
豊福陽子(カンテレ)『僕のヤバイ妻』 『FINAL CUT』「チーム・バチスタ」シリーズ『素敵な選TAXI』ほか
千葉行利 (ケイファクトリー)『僕のヤバイ妻』 (カンテレ) ほか
宮川晶(ケイファクトリー)『僕のヤバイ妻』 (カンテレ)ほか
制作協力:ケイファクトリー
制作著作:カンテレ

【STORY】
主人公の一輝(35)は、動物の行動を研究する“動物行動学”を教える大学講師。大学時代に師事した教授のすすめで、半年前に講師としての生活をスタートさせたばかり。しかし、大好きな動物や生き物のこととなると、他のことには目もくれず没頭してしまう性格のため、大学が設けるルールを守ることができず、職場では叱られる日々。挙句の果てに、面倒だと思うことを先送りしてしまう癖があり、時間を守ることも苦手なため、通い始めたばかりの歯医者からは「常識っていうものがないんですか?」と言われる始末。
そんな一輝の授業は“普通ではない”。学生に課題を出してそれぞれの意見を発表させるものの、結局は「正解はわからない」と言い、学生たちを困らせてしまう。一輝の言動に、周囲は戸惑い、時にはいらだつことも。その一方で“常識や固定観念にとらわれず、ユニークなものの見方をする”一輝を見て、自らの価値観を大きく揺さぶられる。そして、自分の好きなことに無心に取り組んでいた幼い頃、誰もが持っていたはずの純真無垢な気持ちを思い出していく…。

オフィシャルサイト
https://www.ktv.jp/bokura/index.html