関ジャニ∞、新曲「タカラモノ」がカンテレ開局60周年記念テーマソングに決定! メンバーの“タカラモノ”とは?

関ジャニ∞、新曲「タカラモノ」がカンテレ開局60周年記念テーマソングに決定! メンバーの“タカラモノ”とは?

9月5日(水)発売の関ジャニ∞の新曲「タカラモノ」が、カンテレ開局60周年記念テーマソングに決定した。

関ジャニ∞のニューシングル「ここに」のカップリング曲である「タカラモノ」は、8月8日(水)OAの『関ジャニ∞のジャニ勉』(毎週水曜深夜0時25分~1時20分放送<カンテレ・関西ローカル>)のエンディングで初出しされており、関西弁が盛り込まれた歌詞とあたたかい曲調で話題になっていた。

また、「タカラモノ」は、関ジャニ∞とカンテレがタッグを組んだ楽曲。大阪出身のボーカルユニット・ベリーグッドマンが提供しており、歌詞にカンテレ開局60周年のキャッチコピーにちなんだ “HAPPY” の言葉が盛り込まれている。『関ジャニ∞のジャニ勉』のエンディング曲として流れるほか、今後、カンテレのさまざまな番組やPRで流れる予定だ。

さらに、大阪市北区のカンテレ本社の目の前にある日本一長い商店街・天神橋筋商店街とのコラボも決定。11月17日(土)、18日(日)の2日間に渡って開催される「開局60周年!カンテレ8ppy大感謝祭」のメインMCを、東野幸治とともにつとめる横山 裕が「天神橋筋商店街でお買い物の皆さん、こんにちは! 関ジャニ∞の横山 裕です。関ジャニ∞が歌っているカンテレ開局60周年記念テーマソング『タカラモノ』お聞きください!」と商店街の人に呼び掛けるアナウンスを収録しており、このアナウンスとともに「タカラモノ」が9月1日(土)~11月18日(日)まで商店街でも流れる予定となっている。

【横山 裕:コメント】
――新曲「タカラモノ」の印象と聞きどころをお願いします!
あったか~い。そして、ハートフルなね、そういう印象を受けました。この曲がカンテレさんの60周年のテーマソングになるっていうことで、やっぱり大阪では、すごいいっぱい流れると思いますし、大阪の皆さんでこの曲を育てていただければありがたいなぁと思います! はい!

――カンテレ本社の目の前の天神橋筋商店街でもカンテレ60周年のテーマソング「タカラモノ」と横山さんのメッセージがかかることになりました!
そうですね。人通り多い商店街でね、僕ら関ジャニ∞の曲がかかるっていうのは嬉しいですし。やっぱ……うん、皆さんでね、カンテレさんの60周年と、この曲を盛り上げて頂きたいなと思います。

――最後に、横山 裕さんにとって「タカラモノ」とは?
あー! 何ですかね。やっぱ僕たちや僕に関わってくれている全ての人たちですかね。やっぱり縁というものは、僕にとっては宝物かなと思います。

【村上信五:コメント】
――新曲「タカラモノ」の印象と聞きどころをお願いします!
関西弁の曲がある中で、ありそうでなかったタッチの曲だなぁって。僕らの関西弁の曲は、いままでイケイケ押せ押せが多かったからね。ちょうどいいミディアムテンポの曲やね。これまでは、めっちゃバラードかイケイケかどっちかだったんで、間のとれている曲だなぁと思いましたんで、どこを切り取っても聞きやすい曲だと思いますね。

――カンテレ開局60周年記念のテーマソングということで、コメントを頂ければと思います。
ほんまに大層になってきたな……っていう感じですけどね(笑)。長いお付き合いということと、番組がずっと終わらずに、特番も含めて色々続けさせて頂いてますので、よくぞ、今回も任せてくれたなって、ありがたく思いますね。ありがとうございます!

――村上信五さんにとって「タカラモノ」とは?
時間っすかね。時間ですね。

――その心は?
そりゃもう大事に過ごさんとね。そこは、皆に平等ですからね。時間があるというのも、ないというのも、自分のとらえ方次第だと思いますから。上手く使えればね、すべては良い時間になりますので、実り良く使えるかはどうかは自分の在り方かなって思いますので、そういう意味で「時間」ですかね。

【丸山隆平:コメント】
――新曲「タカラモノ」の印象と聞きどころをお願いします!
長年、一緒に歩んできたカンテレさんですから、ちょっとでも花を添えられたらという気持ちでね。ベリーグットな曲でしょ(笑)? でも、すごい難しい曲やったから、結構苦労しました。上と下のハモリを両方やってるんやけど、すごい難しいから。それをちゃんと聞いてほしいです(笑)。関ジャニ∞の皆、実はすごい事をやってるんだよって(笑)。

――すごく元気になる歌を、ありがとうございます!
こちらこそ、ありがとうございます!

――丸山隆平さんにとって「タカラモノ」とは?
あー! 宝物ね。皆の笑顔かな。そういう曲でもあるしね。今日もそうやったし。皆が笑顔になるってことが、僕達が仕事をしていく上での生きがいというか、やりがいかな。

【安田章大:コメント】
――新曲「タカラモノ」の印象と聞き所をお願いします。
今の自分を作ってきてくれた33年分に関わってきてくれた人の顔がたくさん浮かんできます。しんどい時は独りだと思いがちで、ココロを塞ぎたくなる時も多々あるだろうけれど、この曲はそんな時のココロの支えになってくれて、いつもそばに寄り添ってくれる。そんな所が聴きどころです。

――「タカラモノ」が、カンテレ開局60周年記念のテーマソングに決定しました! カンテレへのメッセージも含めて、コメントを頂ければありがたいです。
開局60周年おめでとうございます。1つ1つが丁寧でなければ、続けることはできないことを、実感しながら日々向き合ってる今です。60年の中でたくさんの波があったと思いますが、この先もどんな荒波も、人との繋がり、”人情”で乗り越えて行ってください。

――安田章大さんにとって「タカラモノ」とは?
血縁関係問わず、心の距離が近い人たち

【錦戸 亮:コメント】
――新曲「タカラモノ」の印象と聞きどころをお願いします!
空気感じゃないですかね。うん。フワッとした。ほっこりするというか。曜日で言うと、日曜日っぽい感じ。お風呂で言ったら39度くらい(笑)。ゆっく~り入れるぐらいのね。

――カンテレ開局60周年記念のテーマソングということで、コメントを頂けたらと思います。
本当にカンテレには昔からお世話になって、今もお世話になってるし、60周年というタイミングで、こうやって僕らが歌を担当させていただける事が、すごく嬉しいです。感謝の気持ちももちろんあります。精一杯努めたいですね。60周年ホントにおめでとうございます。これからもよろしくお願いします!って感じです。70周年もあるんやったら、そん時もまた一緒にできたら嬉しいなと思います!

――錦戸亮さんにとって「タカラモノ」とは?
タカラモノ? そうだなあ……経験!

――その心は?
良い事も悪い事もありましたけど、たぶん僕の今を作ってるのは経験しかないので。やから、「経験」がタカラモノかな。

【大倉忠義:コメント】
――新曲「タカラモノ」。曲の印象と聞きどころをお願いします!
あったか~い感じの曲やね。あとは感謝の気持ちの詰まった曲だから。なんですかね。今の俺らの気持ちにぴったりやし、皆さんにも響いてくれると嬉しいですね。

――「タカラモノ」が、カンテレ開局60周年記念のテーマソングということで、カンテレへのメッセージも含めて、コメントを頂ければありがたいです。
あっ! 60周年ね。やっぱ、すごいっすね。僕らはその中で今で15年ぐらいやらさせてもらってるんですね。そん中のそんだけに関わらしてもらえて嬉しいですよ。カンテレさんの60周年のキャッチフレーズの「ハッピー」が歌詞にもあるけど、「ハッピー」っていうのは一番いいことですからね。皆、幸せの定義ってのを分からずに生きてますから。そういうのを、ちゃんと改めてね、「思い知ろうや!」っていうことで(笑)。テレビ局が、こうやって幸せを届けるっていうのは、やっぱり素敵なこと事だなあと思いますね。

――大倉忠義さんにとっての「タカラモノ」とは?
オレにとって? やっぱりメンバーとファンじゃないかな♥

横山 裕 ヤス(安田章大)にとっては、〇〇〇〇(ミント系のタブレット菓子)です(笑)。

(笑)。たしかに、ヤスの宝物は〇〇〇〇(ミント系のタブレット)です。いつも「あのタカラモノちょうだい」って言って、〇〇〇〇もらってるもん。ほぼヤスが、〇〇〇〇に向けて歌ってる歌です(笑)。ハッピーやからね。「スッキリしてハッピー」って言ってるから(笑)。


関ジャニ∞ オフィシャルサイト
https://www.infinity-r.jp/