大注目の若手俳優・上杉柊平、「その場で生まれたもの」をおさめた前代未聞の写真集発売!

大注目の若手俳優・上杉柊平、「その場で生まれたもの」をおさめた前代未聞の写真集発売!

さまざまな映画やドラマに出演し活躍する気鋭の若手俳優・上杉柊平、待望のファースト写真集『Deja-Vu』が発売され、8月25日、SHIBUYA TSUTAYA において、上杉柊平が出席してファンとふれあう記念イベントが行われた。

撮影に訪れたのはアメリカ・ニューヨーク。この地を拠点に活動し、いま最も注目されるフォトグラファー・小浪次郎とともに、撮影のスケジュールから場所、衣装の組み合わせまで、すべて現地の空気を感じて決めていくという、前代未聞のフォトセッションを3日間にわたって敢行した写真集が完成した。

上杉柊平写真集『Deja-Vu』(東京ニュース通信社刊)

上杉は「ロケ場所も事前には決めずに、その場で生まれたものを一つずつ積み重ねていく作業が楽しかったです。ニューヨークで活動している小浪さんに街を案内してもらう様をおさめたものなので、素の部分が出ていると思います」と事前に入念なセッティングをせずに、現地入りした上杉と小浪で、ニューヨークの空気感を盛り込んだ作品だと紹介してくれた。

お気に入りの写真を披露してくれた。その理由については「目が怖いとか、冷たい目をしていると言われがちなので、こんなに“キラキラ、ワクワクした顔が出来るんだ”と思いました」と説明してくれた。

お気に入りの写真を披露する上杉柊平

写真集を見ると、ホテルでのムーディーな写真から、真冬の海でカモメと戯れたり、評判の屋台飯をおいしそうに頬張る自然な姿、雪のソーホーやメトロ車内で見せた、ファッションアイコンならではの佇まいまで、世界で最も刺激的な街・ニューヨークを舞台に、完全予定不調和の中で上杉柊平と小浪次郎の感性がぶつかり合って生まれた、珠玉の写真が満載だ。


この世界に入る前にニューヨークを訪れたことがあったという上杉。映画、ミュージシャンなど好きなアーティストも多く、文化、情報の発信拠点のニューヨークは憧れていた街だという。いつか仕事で来たいと思っていたことが今回実現した。

上杉柊平写真集『Deja-Vu』(東京ニュース通信社刊)

写真集が完成したばかりの上杉だが、俳優としての活動も充実している。今秋に三島由紀夫原作で東出昌大主演の舞台「2018 PARCO PRODUCE“三島×MISHIMA”豊饒の海」(マックス・ウェブスター演出)に出演予定。「三島由紀夫の世界をどのように届けられるか今から楽しみです」と意気込みを語っていた。

今後は父親役を演じてみたいという想いもある。「自分の周りに子供が生まれる仲間が多くなってきて、自然とそういう年齢になったのかと思って…この年になって、自分の父親に対して思うことがあったり。いつかやってみたい」と話していた。

写真集の撮影がさらなる海外への想いをつのらせたようだ。「ニューヨークに限らず、海外で仕事をしたいという欲求がわいてきた。長期的に海外へ行ってみたい」と海外で活動する夢を語ってくれた。

彼がこれまで生きてきた道のりを、思い返すように綴った過去の自分、現在の役者としての思い、そしてこれからについてなども掲載されている本作。「現在の上杉柊平が切り取った、生きていたことの証明」と自身が話すように、この瞬間の上杉柊平を知り尽くせる永久保存版の写真集は、東京ニュース通信社より発売中。

上杉柊平写真集『Deja-Vu』

撮影:小浪次郎
発売日:2018年8月20日(月)
※一部地域は発売日が異なります。
定価:¥3,000+税
発売元:東京ニュース通信社

上杉柊平(Shuhei Uesugi)

1992年5月18日生まれ。東京都出身。B型。身長185cm。
ドラマ「ホテルコンシェルジュ」への出演で俳優デビュー。主な出演作は連続テレビ小説「とと姉ちゃん」、ドラマ「ドクターX~ 外科医・大門未知子~ 5」、映画「リバーズ・エッジ」など。

フォトギャラリー