「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズ最新刊が9月に発売! 黒木 華×野村周平W主演映画のムビチケ特典は前日譚にあたる書き下ろし小冊子!

「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズ最新刊が9月に発売! 黒木 華×野村周平W主演映画のムビチケ特典は前日譚にあたる書き下ろし小冊子!

「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズの最新刊となる『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』が、9月22日(土)に全国書店およびインターネット書店にて発売決定。併せて、制作中のカバーイラストが特別公開された。

『ビブリア古書堂の事件手帖』は、鎌倉の古書店「ビブリア古書堂」のうら若き美貌の店主・篠川栞子と、本が読めない無骨な青年・五浦大輔が、奇妙な客が持ち込む古書の謎と秘密を解き明かしていくビブリオミステリ。2011年3月のシリーズ第1巻の刊行以降、幅広い世代からの人気を集め、シリーズ累計発行部数は680万部を突破。TVドラマ化、コミカライズ、スピンオフ小説などのメディアミックス展開もされ、11月1日(木)には、黒木 華と野村周平のダブル主演に迎えて映画化した『ビブリア古書堂の事件手帖』が全国公開される。映画では、栞子と大輔の出会いの物語が描かれているシリーズ第1巻の第1章・夏目漱石『それから』と第4章・太宰治『晩年』にまつわるエピソード、そして、その『晩年』にまつわる謎が回収される第6巻の全章のエピソードを軸に構成され、原作には描かれていない過去のエピソードも盛り込んだ実写映画ならではの味わい深い“ビブリア(本を愛する人)”の物語が展開される。

最新刊『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』は、2017年2月発売の第7巻『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』にて完結した本編ストーリーの「その後」が描かれる。最新刊には、栞子にそっくりな少女・扉子(とびらこ)が登場。ビブリア古書堂に訪れた変化とは、はたして――。

なお、本日8月24日(金)より発売された映画ムビチケカードを購入すると、特典として、シリーズ第7巻のその後であり、本日発表となった最新刊の前日譚にあたる、書き下ろし小冊子『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~ 特別版』を先着プレゼント。最新刊を読む前に、読んでおきたい特別版エピソードとなっている。詳細は、『ビブリア古書堂の事件手帖』オフィシャルサイト、映画オフィシャルサイトなどで順次発表とのこと。さらに本シリーズは劇場アニメ化も決定しており、今後のメディアミックス展開からも目が離せない。


【著者・三上 延より 『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』 刊行によせて】
『ビブリア古書堂の事件手帖』の本編を書いている時、主人公の大輔たちと会っていない登場人物たちがなにをしているのか、そして本編が終わった
2011年夏以降になにが起こるのか、想像するのが好きでした。それを形にしたのが今回の作品です。大輔と栞子の娘も登場します。楽しんでいただけたら嬉しいです。

書籍情報

『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』
9月22日(土)発売
著:三上 延
イラスト:越島はぐ
定価:本体610円+税
ページ数:272ページ
レーベル:メディアワークス文庫
発行:KADOKAWA

『ビブリア古書堂の事件手帖』オフィシャルサイト
http://biblia.jp/

『ビブリア古書堂の事件手帖』コミック

作品情報

『ビブリア古書堂の事件手帖』
11月1日(木)全国ロードショー

【STORY】
五浦大輔(野村周平)は、亡くなった祖母の遺品から夏目漱石の直筆と思われる署名入りの『それから』を見つけ、鑑定依頼のため北鎌倉の古書店「ビブリア古書堂」を訪れる。そこで出会ったのは、極度の人見知りながらも、本に対しては並大抵でない情熱と知識を持つ、若く美しい店主・篠川栞子(黒木華)だった。栞子は本を手に取り見ただけで、大輔の祖母が死ぬまで守っていたある秘密を鮮やかに解き明かしてしまう―。栞子の推理力に圧倒された大輔は、足を怪我し、力仕事のできない栞子のためにビブリア古書堂を手伝うことに。互いの魅力に惹かれ始め、二人の距離が少しずつ近づく中、栞子は大輔にある秘密を打ち明ける。それは、自身が所有する太宰治『晩年』の希少本が、“大庭葉蔵”という謎の人物に狙われ、栞子自身も度重なる脅迫を受けており、足の怪我もその人物の仕業だという驚きの告白だった。太宰治『人間失格』の主人公“大庭葉蔵”を名乗る謎の人物の正体は―。そして明かされる50年前の悲しく切ない愛の物語―。

出演:黒木 華 野村周平/成田 凌/夏帆 東出昌大
監督:三島有紀子
脚本:渡部亮平、松井香奈
配給:20世紀フォックス映画、KADOKAWA

オフィシャルサイトbiblia-movie.jp

© 2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会