東出「多分、かなり問題作だと思います」。映画『寝ても覚めても』のプレミア上映会舞台挨拶が開催!

東出「多分、かなり問題作だと思います」。映画『寝ても覚めても』のプレミア上映会舞台挨拶が開催!

本日8月21日(火)にテアトル新宿にて、9月1日(土)公開の映画『寝ても覚めても』のプレミア上映会舞台挨拶が開催された。

本作は、二人の同じ顔をした男とその間で揺れ動く女を描いた柴崎友香の同名小説を本作で商業映画デビューとなる濱口竜介監督が実写映画化したもの。主演・東出昌大が、同じ顔をしていながらも全くタイプの違う男・亮平と麦(ばく)という一人二役に挑む。ヒロイン・朝子を唐田えりかが演じるほか、瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知、仲本工事、田中美佐子の豪華キャストが脇を固める。

舞台挨拶では、そんな本作から東出昌大(丸子亮平&鳥居 麦役)、唐田えりか(泉谷朝子役)、瀬戸康史(串橋耕介役)、山下リオ(鈴木マヤ役)、伊藤沙莉(島 春代役)、渡辺大知(岡崎伸行役)、濱口竜介(監督)が登壇した。

冒頭では、まずMCがキャストに本作を見ての感想について質問。恋愛観に変化などはあったかと尋ねられると、瀬戸は「“ピュア”というのはすごくいいイメージだと思っていたんですけど、からちゃん(唐田)が演じている朝子を見ていると、とても怖く感じたんです。ピュアというのは幸せなことだけじゃないんだなと思いましたね」と、早速本作へ興味を持たせるような感想を話してくれた。

また、そんな朝子を演じる唐田も「朝子と私自身がそんなに変わらない気がしたので、この作品を見て自分にうそをつきたくないとさらに深く思いました」と朝子について言及。山下は同じ顔をした2人の男性に恋をする朝子に対して「朝子には共感できなかったんですけど、自分も一回でいいから顔があった瞬間に心を奪われるような経験をしたいなと、朝子を羨ましくも思いました」と複雑な心境を明かした。

いっぽう、東出が演じた2人の男性のうちの1人・麦については、女性陣から「怖かった」との言葉が。しまいには「宇宙人」「麦とは話したくなかった」「目があったら殺されそう」などの感想も飛び出し、女性からは満場一致で不評だった。しかし、作中では亮平を知らず、麦との絡みしかないという渡辺は、麦に対して少し違った印象を持った様子。渡辺は「たしかに壁はあるけど、長い時間をかけて知りたいヤツで、怖いという印象はなかったです」と、ミステリアスな麦の魅力を語った。

そんな本作は、出演者がクランクイン前から積極的に交流をしていたようで、お互いにとても仲がいいとのこと。特に、東出は監督に現場以外にできることがないかを聞いた際、「信頼関係を築くことが、お芝居においていい効果を生むと思います」と言われたようで、積極的に食事の場をセッティングしたりしていたことが明かされた。

また、本作では演じずにひたすら脚本を機械的に読む時間がとにかくたくさんあった様子。東出いわくそんな現場はとても珍しいとのことだが、それだけの時間をとったのは濱田の過去作『ハッピーアワー』での演技を再現するためだったそうだ。というのも、『ハッピーアワー』の演技は、東出も衝撃を受けるほど演者のセリフがセリフとして聞こえないらしく、演者が自分の言葉で言っているように聞こえるとのこと。そんな作品を目指したため、本作の演技について東出は「多分、かなり問題作だと思います。みんなお芝居をしているようなトーンでしゃべっていないので。そういうところも楽しみにしていただければと思います」と話してくれた。

舞台挨拶ではほかにも、瀬戸が唐田から突然ものまねを振られるような場面も。ここでは、東出も瀬戸に平泉 成のものまねをするよう悪ノリをするも、瀬戸がクオリティの高い物まねを見事に披露し、会場を沸かせた。

そして、最後の挨拶では東出が「僕は“寝ても覚めても”この映画のことしか考えてなかったです。この映画が公開されるまで死ねないなと本気で思っていましたし、冗談じゃなくこの映画を愛しています」と、本作に対する愛を熱く語ってイベントは終了。本作の公開がより待ち遠しくなる舞台挨拶になった。

映画『寝ても覚めても』プレミア上映会舞台挨拶 フォトギャラリー

作品情報

『寝ても覚めても』
9月1日(土)、テアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町、 渋谷シネクイントほか全国公開

出演:東出昌大、唐田えりか、瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知(黒猫チェルシー)/仲本工事/田中美佐子
監督:濱口竜介
原作:『寝ても覚めても』柴崎友香(河出書房新社刊)
音楽:tofubeats
製作:『寝ても覚めても』製作委員会/COMME DES CINÉMAS
製作幹事:メ〜テレ、ビターズ・エンド
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
配給:ビターズ・エンド、エレファントハウス

©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/COMME DES CINÉMAS

『寝ても覚めても』オフィシャルサイト
http://www.netemosametemo.jp/

『寝ても覚めても』原作