東出昌大主演『寝ても覚めても』トロント&ニューヨークの映画祭へ正式出品! アメリカでの公開も決定

東出昌大主演『寝ても覚めても』トロント&ニューヨークの映画祭へ正式出品! アメリカでの公開も決定

9月1日(土)よりテアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国で公開される映画『寝ても覚めても』が「トロント国際映画祭」、「ニューヨーク映画祭」へ出品。そしてアメリカでの公開が決定した。

本作は、第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品されたことで注目を浴びた新鋭・濱口竜介監督が、芥川賞作家・柴崎友香による同名恋愛小説を映画化したもの。近年ますます演技の幅を広げる東出昌大が、同じ顔だが全くタイプの違う二人の男、亮平と麦(ばく)の一人二役に初挑戦。そして、本作が初の本格演技デビューである新星・唐田えりかがヒロイン・朝子を瑞々しく演じ、瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知、仲本工事、田中美佐子の豪華キャストが脇を固めている。さらに、tofubeatsが初の映画音楽を担当し主題歌を書き下ろしている。

9月6日(木)から16日(日)に開催されるアカデミー賞の最も大事な前哨戦としても知られる北米最大の映画祭「トロント国際映画祭」では、Cotemporary World Cinema部門へ正式出品が決定。また、9月28日(金)から10月14日(日)に開催される北米の重要映画祭として名高い「ニューヨーク映画祭」ではMain Slate部門への出品が決定した。アカデミー賞受賞監督であるアルフォンソ・キュアロン監督(『ゼロ・グラビティ』)やジョエル&イーサン・コーエン兄弟(『ノーカントリー』)、バリー・ジェンキンス監督(『ムーンライト』)らの新作と並んで映画祭を盛り上げる。

さらに本作は、フランス、ベルギー、オランダ、ポルトガル、中国、香港、韓国、台湾を始めとする各国ですでに配給が決定しており、特にフランスに関しては、前作『ハッピーアワー』が今年5月に公開され14万人以上を動員する大ヒットを記録するなど、濱口監督への注目度は非常に高い。そのような中で、この度、アメリカでの配給も決定し今後も公開国数はますます増えていくことが見込まれている。

【STORY】
東京。亮平は、コーヒーを届けに会社に来た朝子と出会う。真っ直ぐに想いを伝える亮平に、戸惑いながらも朝子は惹かれていきふたりは仲を深めていく。しかし、朝子には亮平には告げていない秘密があった。亮平は、かつて朝子が運命的な恋に落ちた恋人・麦に顔がそっくりだったのだ――。恋に落ちた時の甘さ、せつなさ、苦しさとともに、先の読めないスリリングさを併せ持つ「大人の恋愛映画」の傑作が誕生しました。

作品情報

『寝ても覚めても』
9月1日(土)、テアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町、 渋谷シネクイントほか全国公開
出演:東出昌大、唐田えりか、瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知(黒猫チェルシー)/仲本工事/田中美佐子
監督:濱口竜介
原作:『寝ても覚めても』柴崎友香(河出書房新社刊)
脚本:田中幸子、濱口竜介
音楽:tofubeats
製作:『寝ても覚めても』製作委員会/COMME DES CINÉMAS
製作幹事:メ〜テレ、ビターズ・エンド
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
配給:ビターズ・エンド、エレファントハウス
©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/COMME DES CINÉMAS

オフィシャルサイト
http://www.netemosametemo.jp/

『寝ても覚めても』原作