超絶スタントの裏側に迫る! 映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』メイキング映像が解禁

超絶スタントの裏側に迫る! 映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』メイキング映像が解禁

公開3日間で興行収入8.68億円を記録、前作超えの60億円突破を見込む大ヒットスタートを切った映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』より、衝撃エピソード満載のメイキング映像が到着した。

本作はトム・クルーズが、スパイ組織IMFの超敏腕スパイ:イーサン・ハントを演じる大人気アクション映画「ミッション:インポッシブル」シリーズの最新作。同時核爆発攻撃を阻止するという指令を受けたイーサン・ハントたちが、72時間の猶予内でミッションを遂行する姿が描かれている。

プロのスタントマン顔負けの身体能力で数々のアクションをこなし、世界中のファンを驚かせてきたトム・クルーズ。そんなトムが“1つの到達点であり、集大成”と豪語し、大小100を超えるスタントに挑んだ最新作『フォールアウト』を観た観客たちからは、

「アクションの凄まじさや撮影の見事さでは、文句無しにこのシリーズの最高傑作」「見たことないようなアクションやろうって心意気が凄いし、それを本人がやっちゃうトム・クルーズ」「これをほぼスタント無しでこなしてるとか恐ろしい」

と興奮の声が続出中!

映像で、トムが「凍えるような寒さで指の感覚が無かった、緊迫したね」と語る“ヘリからの落下”スタントは「ロングライン」と呼ばれ、上空約600メートルを飛ぶヘリから垂らされたロープをよじ登り、そこからおよそ十数メートル落下するというもの。貴重な絵コンテが映し出され、それを超える再現度でスタントに挑むトムの姿を見たスタッフが「トムを失った…」と無線を流してしまったほどのリアリティで、レベッカ・ファーガソンも「トムが落ちた時、思わず叫んだわ」と分かっていても失敗を覚悟したことを激白している。

また、トムが2000時間もの飛行訓練の末、プロですら躊躇するという危険度MAXのアクロバット飛行・“スパイラル飛行”の挑む姿や、パリでの“バイクチェイス”では、なんと安全装置が上手く作動しないトラブルに見舞われながらも、「やるしかない」と華麗なバイクアクションで凱旋門を逆に疾走する姿、そして、昨年撮影中に右足首を骨折してしまったロンドンでの“ビルジャンプ”や、トムの長年の夢だった“ヘイロージャンプ”と呼ばれる、高度約8000メートルからの超高速スカイダイビングまで、最新作の超絶スタントの裏側がこれ1本で全てわかる贅沢な映像となっている。

【STORY】
何者かに複数のプルトニウムが盗まれ、イーサン・ハントとIMFチームは、“同時核爆発を未然に防ぐミッション”を受ける。だが手がかりは薄く、“名前しか分からない正体不明の敵”を追う中でのミッション遂行は困難を強いられた。タイムリミットが刻一刻と迫る中、IMFに立ちはだかるのは、イーサン・ハントを疑うCIAが送り込んだ敏腕エージェントのウォーカーで、イーサンは彼との対決を余儀なくされる。そして、いくつもの<フォールアウト(予期せぬ余波)>が絶体絶命のイーサン・ハントに降りかかる。今度のミッションの不可能は一つではなく、連鎖したたみかけるようにIMFに迫る!

作品情報

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』
大ヒット上映中
監督・製作・脚本:クリストファー・マッカリー(『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』『アウトロー』)
製作:J.J.エイブラムス(『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』「スター・トレック」シリーズ)、トム・クルーズ
出演:トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヴィング・レイムス、レベッカ・ファーガソン、アレック・ボールドウィン、ミシェル・モナハン、ヘンリー・カヴィル、ヴァネッサ・カービー、ショーン・ハリス、アンジェラ・バセット、ほか

© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

オフィシャルサイト
http://missionimpossible.jp/