「結婚しないとダメですか!?」 波瑠主演のドラマ『サバイバル・ウェデイング』の原作シリーズ第2弾が発売中!

「結婚しないとダメですか!?」 波瑠主演のドラマ『サバイバル・ウェデイング』の原作シリーズ第2弾が発売中!

現在、放送中のドラマ『サバイバル・ウェデイング』(日本テレビ系/毎週土曜22時〜)の原作『SURVIVAL WEDDING(サバイバル・ウェディング)」の続編『サバイバル・ウェデイング2 わたし、ひとりで生きていけますが結婚しないとダメですか!?』が発売された。

ドラマでは、勤めていた出版社を寿退社した日に恋人に婚約破棄されてしまう、波瑠演じる主人公・黒木さやか(29)が、伊勢谷友介演じる人気雑誌の毒舌・ナルシストな敏腕編集長・宇佐美博人が提案する斬新な恋愛戦略のもと、恋に仕事に全力で立ち向かう姿を痛快に描いている。

連続ドラマの原作にもなったシリーズ2作目の主人公・広瀬麻衣子は男より稼ぎ、男より酒を飲み、男に頼らなくても生きていける35歳の未婚女性。ファッションも、旅行も、大好き。仕事もプライベートも充実している麻衣子は、「結婚はいつかしたいけれど、“別にいますぐ”っていうわけじゃない」という典型的な現代女性。そんな主人公が務めるIT起業に上司として着任したのは、前作でも登場した毒舌編集長 宇佐美博人。
麻衣子は夢だったニューヨークへの転勤と引き換えに、「半年以内に結婚すること」を宇佐美に命じられる…というストーリー。

麻衣子は期限6か月の婚活に奔走するなかで、

 ● 彼氏を若い女に持っていかれる
 ● 婚活パーティーに行っても、いい男性に出会えない
 ● ファッションが完璧すぎて男性に避けられる
 ● 誘ってくる男は既婚者
 ● とにかく結婚してほしいと願う母親
 ● 日本企業の女性の雇用問題
 ● 自分を「アラサー」と言えなくなった
 ● 超年下との格差恋愛

など、現代女性が抱える、さまざまな問題に直面。そんな麻衣子に対し、高級ブランドのマーケティングやデザイナー生き方をもとにした宇佐美のアドバイスによって、二人はぶつかり合いながらも「自分の幸せとは何か?」「どのようにしたら、自分の幸せに到達できるのか?」という人生の難題に向き合っていく。

結婚しなくても幸せになれる時代、はたして麻衣子は自分の幸せを見つけられるのか!? 表紙を開けたら一気読み、最後は号泣必至のノンストップラブコメ小説に共感できる女性も少なくないはず!

書籍情報

『サバイバル・ウェデイング2 わたし、ひとりで生きていけますが結婚しないとダメですか!?』

著者:大橋弘祐
価格:本体1,380円+税
判型:四六判並製 336頁