2.5次元舞台『刀剣乱舞』で注目! 和田雅成、愛らしさ全開の寝顔ショットを公開

2.5次元舞台『刀剣乱舞』で注目! 和田雅成、愛らしさ全開の寝顔ショットを公開

『刀剣乱舞』などの舞台を中心に活動し、今最も注目を集める若手俳優の和田雅成が、8月5日にHMV&BOOKS SHIBUYA(東京都渋谷区)で行われたセカンド写真集『和田雅成写真集 初戀(DVD付)』の刊行記念イベントに登場した。

同作は、和田にとって初の海外旅行となる台湾で撮影。異国の文化や景色を受けて普段とは違う彼の素顔が凝縮された1冊となっており、さらに、写真集のメイキング映像に加えて俳優としての思いや葛藤の告白など、90分以上のドキュメンタリー映像を収録したDVDも付属している。

今回、ロケ地を台湾にした理由について「もともと、小さい頃から行きたかった国なんです。ロケーションがすごくいいと聞いていて、夜の街並みの写真を見た時にここにしようと感じて、決めさせていただきました」と笑顔で回答。実際に行ってみた台湾の印象については「人がとても温かい国ですね。現地でお会いした子供に手を振っていたら、そのお母さんが子供を送り出してくれて一緒に写真を撮れたりとか、そういうことが多くてフレンドリーに迎えてくれたなと思いました」と語り、お気に入りの場所を「台湾の九份(キューフン)ですね。街並み自体が良い意味で作り物。写真映えするところが多くて、写真集にぴったり」と明かした。

撮影での思い出のエピソードは「僕が涙を流しているカットがあるんですけど、涙を流していることに気が付かなくて、撮影した写真を見せていただいた時に『この涙、付け足したんですか』と聞いたら、この撮影中はずっと泣いていたと聞かされたんです。だから、何かの境地に至っていたのか、自分でも知らない自分を知ることができたなと感じていて、思い出深かったです」とカメラを見つめる渾身の1枚を紹介。さらに、お気に入りのカットについては「電車の中で横になって寝ているカットが、自分で言うのも変ですが、いちばん盛れてます(笑)。この時は本当に寝ていたかは分からないんですが、すごくリラックスしていました。この寝顔を見ると、いとおしくなるでしょ?」と自信満々に答え、会場を沸かせた。

また、写真集を誰に見せたいか尋ねると「両親ですね。芸能界に入った時に写真集を出すという目標があって、今回のセカンド写真集ではファースト写真集とは違う、両親すらも知らない素顔が掲載されていて、それを見せたいという思いもあったので。直接両親に渡したんですけど『よかったよ~』というざっくりした感想をいただきました(笑)」と笑顔で語った。

記者から「キャッチコピーを付けるとしたら」と聞かれると「“和田雅成の素顔にいま、恋に落ちる”というのを付けていただいて、『初戀』というタイトルを最初に聞いたときは攻めているタイトルだと思ったんですけど、この戀という旧字体を使っているところにすごく意味があると感じていて。これには“いとしいとしと言う心”という意味があるそうで、恋というよりは出会いの糸を大事にしていきたいというような。それを心にとどめておきたいという意味でこの字を使われているのかなと。もし、普通の恋の字だったら僕、このタイトルを断っていました(笑)」と答えた。

今後の展望については「母や祖母がNHK連続テレビ小説の朝ドラを見ている印象が強いので、朝ドラに出たいですね」と目標を掲げ、最後に、写真集に付属されているDVDについては「素顔が垣間見れる内容になっていて、はしゃいでいるシーンやご飯を食べてる時など素の姿を楽しめると思います」とコメントし、「ぜひ、この写真集で僕を感じていただきたいです」と締めくくった。

書誌情報

『和田雅成写真集 初戀』
発売中
撮影:神藤 剛
仕様:上製本/P128/B5/DVD(90分)付き
価格:本体3,800円+税
発行:KADOKAWA